モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ14週82話感想あらすじ【7月7日(木)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週82話
2016年7月7日(木)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週82話

小橋家にて・・・
自分で雑誌を出版する為に甲東出版を辞めたという常子に、小橋家の面々は驚きます。

とと姉ちゃん_かか・君子82

 

 

 

 

 

その中で、鉄郎だけは「よく言った、それでこそ俺の姪だ。」と誇らしげに言います。

さらに、姉妹三人で雑誌作りをしようという常子からの突然の誘いに、鞠子と美子は戸惑います。

二人はかか・君子に常子を止めて欲しいと言いますが、君子は「私は・・・応援します!」と、晴れやかな顔で言うのでした。

どんな失敗があったとしても、長かった戦争よりもつらい事など無いと思う、そう言ってかかは常子の背中を押してくれるのでした。

翌日・・・
常子たち三人は、さっそく編集会議を開きます。

そして、戦時中にオシャレができなかった女性達の為になる、最新の洋服やその作り方を載せたオシャレ雑誌を作る事に決めました。

とと姉ちゃん_三姉妹会議82

美子が洋服の絵を描き、その作り方を考えます。

鞠子がその作り方を文章にして、見出しを付ける。

常子が28種類の洋服のパターンを紹介したいと話すと、鞠子と美子は目を輝かせるのでした。

三人は、雑誌作りに夢中になっていました。

それを見ていた鉄郎が、自分も何か手伝うと言ってくれます。

常子は、鉄郎には闇市で紙を調達して欲しいと頼みます。

翌日、紙の調達で闇市にいる鉄郎のもとに常子たちが行くと、鉄郎は男と別の商談をしていました。

常子たちの顔を見ると鉄郎は商談を切り上げ、男に金を払うと紙屋に向かいます。

とと姉ちゃん_水田82

 

 

 

 

 

するとその男は、気弱そうな声で鉄郎を呼び止めます。お金が5円足りないというのでした。

その声に気が付いた鞠子が鉄郎を呼びます。

鉄郎は白々しく「悪い悪い」と言いながら金を払うと、常子たちに男を紹介してくれます。

その男は、露天商組合の経理担当・水田正平でした。

水田は、呼び止めてくれた鞠子に礼を言いますが、その水田の顔が突然崩れてしまうのに気づく者はいませんでした。

どうも水田は鞠子に一目惚れ?したようでした・・・

やがて鉄郎が紹介する紙屋の行くと、調達するので一週間待ってくれと言われます。

小橋家の縁側にて・・・

常子たちは、雑誌のタイトルを思案していました。

それを聞いていた鉄郎が、いつの時代ももてはやされる「スタア」に乗っかれと言い、タイトルは“スタアの装い”が良いと案を出します。

社名も「KT出版」と勝手に決めだしますが、みんなも悪くないと納得するのでした。

後日の事、・・・
紙の注文をしていた露天商の元を訪ねると、注文通り800枚の紙が用意されていました。

嬉しそうに喜ぶ常子を前に、鉄郎が値段を聞くとナント500円だと言います。

あまりの高値に困っていると、そこへ露天商組合の水田が声を掛けます。

「それは通常の10倍の値段だからおかしい。」というのでした。

とと姉ちゃん_まりこ82
そして、この水田のお陰で常子たちは相場50円よりもさらに安い40円という価格で紙を手に入れる事ができたのでした。

水田正平、どうも今後の常子たちとの活動と、深い関係が生まれそうです・・・ つづく

■鞠子の結婚相手?水田氏登場・キャスト>>
■次女・小橋鞠子のモデル大橋晴子さんのこと>>

<<前回81話次回83話>>