モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ14週83話感想あらすじ【7月8日(金)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想14週83話
2016年7月8日(金)放送
とと姉ちゃん14週テーマ「常子、出版社を起こす」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで14週83話

ある夜、屋台にて・・・
五反田が酒を飲みながら、自分が書いた小説の挿絵を描いて欲しいと、ある男に頼んでいました。

その相手は、あの花山伊佐次でした。しかし、花山はもう出版に関わる仕事は一切断ると決めた、そう話します。

とと姉ちゃん_花山伊佐次83

断られた五反田は、突然、常子の話を持ち出します。

常子が自分で出版社を立ち上げる為、会社を辞めたと花山に話します。

「どうしてそんな話を私に?」と花山は怪訝な顔をするのでした。

昭和21年7月。
雑誌を作ると決めてから数か月。ついに、三姉妹が力を合わせて作った“スタアの装い”が出来上がってきました。

雑誌を手に喜ぶ鞠子と美子を前に「喜ぶのはまだ早いわ」ここがスタートだと常子は言います。

雑誌を売ってまた新しい雑誌を作る、それが目標だから頑張って売ろう、そう話すのでした。

甲東出版にて・・・
常子が、“スタアの装い”の出来を見てもらおうと訪ねていました。

とと姉ちゃん_谷ぐっさん83

 

 

 

 

 

社長の谷は「気に入らない。服がハレンチ過ぎる、けしからん。」と的外れのことを言い出します。

文芸誌一筋でやってきた甲東出版の男性達にとっては、女性ファッション誌を理解することは難しいようでした。

女心をよく知る五反田でさえ、女性らしく可愛げがあって良いと褒めるのが精いっぱいでした。

小橋家にて・・・
いよいよ販売の話になります。

しかし、実績のない常子たちの雑誌は書店では扱ってもらえませんでした。

そこで、常子たちは闇市の露店で販売することにするのでした。

かかも一緒になって小橋家全員で道行く人たちに声をかけ続けると、一冊、また一冊と売れ始め、300部用意した“スタアの装い”は、なんと日が暮れる頃には見事に完売したのでした。

とと姉ちゃん_雑誌販売83

帰宅した常子たちが、売り上げの現金を見ながら喜んでいると、鉄郎は、「俺は俺のビジネスで稼ぐ」とリュックの中からあるものを取り出します。

「木綿のズボン?」不思議そうに常子が手に取ります。

すると、鉄郎は自慢そうに説明をはじめます。

「いいか、これはジーンズというんだ」と言い、進駐軍の横流し品として出回っている品だと言います。

そして、これが必ず日本で大流行する日が来る、これを売りさばいて大儲けしてやると豪語するのでした。

 

そんな鉄郎に感化されたのは鞠子でした。

私たちも負けずに雑誌を増刷してもっと売りましょうと意気込みます。

そして、鞠子は、大胆にも次は1000部を目指そうと言うのでした。

そして、二週間後。

常子たちは、増刷した雑誌1000部を抱えて、闇市の露店に持ち込みます。

とと姉ちゃん_常子83

 

 

 

 

 

 

ところが、そこで驚きの光景を目にする事になるのでした・・・

つづく

■花伊佐治キャスト唐沢寿明さんのこと>>
■花山伊佐次のモデル天才・花森安治さんとは?

 

<<前回82話次回84話>>