モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ18週105話感想あらすじ【8月3日(水)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想18週105話
2016年8月3日(水)放送
とと姉ちゃん18週テーマ「常子、ホットケーキを作る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで18週105話

あなたの暮らし出版にて・・・
「すみません!」夜の社内に水田の声が響きます。

袴田の雑誌への記事介入に困惑する常子に、広告掲載を強く勧めたのは自分だと詫びていたのでした。

とと姉ちゃん_水田105

「決断したのは私ですから・・・」と常子は言うと、思いつめるタイプの水田を気遣ってか、話題を変えます。

「鞠子とはどうなんですか?」ずっと気になっていたと微笑みます。

水田は鞠子に好意を持っている事を白状するとともに、告白したが会社がこんな時にと断られたと話します。

やがて、水田も帰り一人となった事務所で、常子はひとり会社の行く末を思案するのでした。

「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」の掲載を断われば広告出稿は無くなり、経営は困難になる。

一方、これを掲載すれば、経営は潤うが雑誌の使命は問われる・・・、常子は決断のつかない迷路に迷い込んでいました。

とと姉ちゃん_美子105

 

 

 

 

 

そのまま会社のデスクで眠ってしまった常子は、翌朝、早くに出社した鞠子と美子に気づきます。

鞠子と美子は、袴田の要請をどうするかで悩んでいたのかと聞きます。

「ど~したもんじゃろの~・・・」常子はまだ考えがまとまっていませんでした。

すると美子が「私たちは決めたから・・・」と言います。

社員として、社長が決めた事に鞠子も美子も従うというのでした。

その言葉を聞いた常子は、意を固めます。そして、改めて袴田料理学校を訪問するのでした。

会社にて・・・
常子は事務所に戻ると、みんなを集め報告をします。

袴田にこちらの意向を伝え「ポアソン・ア・ラ・アメリカン」の掲載を断わったが理解が得られず、やはり、広告の出稿も無くなってしまったと伝えます。

すると美子の「よかったじゃない」を口きりに、皆は一応にこれでスッキリする、良かったと言います。

みんなの思いを嬉しく受け止めるとともに、常子は経営者としての手筈も準備していました。

とと姉ちゃん_会社105

このままでは「あなたの暮らし」はいずれ倒産してしまうと話し、水田と岡には、次の就職先を用意していました。

元・甲東出版社長の谷の紹介で、二人とも就職先はすぐに決まると話します。

そして、常子は、最後になるかもしれないが、次号も全力で作りたいと言います。

すると、美子が広告も無くなったのだから、花山に戻ってきてもらおうと言い出します。

しかし、常子がそれにストップをかけます。花山の家族の事を思うと、立ち行かなくなってしまう会社に再び花山を巻き込む事は出来ないというのでした。

その日の夕方・・・
どうしても花山の復帰を諦められない美子は、ひとりで元・甲東出版の谷のもとを訪ねます。

そして、現状を報告すると谷を伴って、花山宅を訪れるのでした・・・ つづく

<<前回104話次回106話>>