モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ21週124話感想あらすじ【8月25日(木)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想21週124話
2016年8月25日(木)放送
とと姉ちゃん21週テーマ「常子、子供たちの面倒を見る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで21週124話

小橋家にて・・・
美子のプロポーズ話に、常子は自分の事のように喜びます。

しかし、美子は複雑な思いを抱いていました。

それは、自分が姉である常子よりも先に結婚しても良いのかという思いでした。

とと姉ちゃん_美子124

 

 

 

 

 

常子にも幸せになって欲しいと言う美子に、常子は「いいのよ、私の事は。」と、笑って話を流そうとします。

そんな常子に、美子は「とと姉ちゃんは、いつも本音をぶつけてくれてない気がする。

どこか自分の気持ちを隠して、皆に心配掛けないように・・・。」と感情を吐露します。

さらに、星野の事はどう思っているのかと問いただします。

美子の真剣さに押され、常子は自分の思いを語ります。

「私、もう十分に幸せよ。」と言い、今は会社と社員の成長を見るのが幸せだと話します。

さらに、星野は亡くなった妻を愛していて、今は子供達の事が一番なのだと話します。

それを聞いた美子は、これからはもっと自分に弱音を吐いて欲しいと常子に告げるのでした。

 

あなたの暮らし出版にて・・・

「あなたの暮し」の最新号が発売され、“トースターの商品試験記事”は大反響を巻き起こしていました。

編集部には、読者からの感想ハガキがどんどん届き、書店からの追加注文の電話も次々と寄せられ活気にあふれていました。

とと姉ちゃん_編集部124

花山の部屋では、次は“電気アイロンの商品試験”をと、花山が常子たちに話していました。

そんな最中、編集部から何やら騒がしい声が聞こえてきます。

責任者を出せ!」トースターの商品試験で酷評された「ちとせ製作所」の社長・田中が、編集部に怒鳴り込んできたのです。

とと姉ちゃん_ちとせ社長

 

 

 

 

 

田中は、記事の影響で売上が一気に落ちてしまったと詰め寄ります。

田中の剣幕に皆がひるむ中、花山は毅然とした態度を崩さず、真っ向から反論します。

「我々は、発表した内容に関して責任を持つ覚悟がある。文句を言う前に、あなたこそ自分の作った物に責任を持ったらどうなんだ!」と突き放します。

田中は、怒りが収まらないまま帰っていきます。

その様子に、この先何をするか分からないと感じた常子は、ちとせ製作所を訪ねるのでした。

ちとせ製作所は、小さな町工場でした。

そこには、トースターを返品したいという電話を次々と受け、参ってしまっている田中と妻の姿がありました。

その光景を見た常子は、何も言えず、そのまま逃げるように会社へ戻るのでした。

とと姉ちゃん_ちとせ

暮らしを守るための商品試験を行う事で、暮らしを奪われる人がいるかも知れない。

常子の心に、葛藤が生じるのでした。

その日の夜。
常子は約束通り、星野宅へと向かいます。

常子が呼び鈴を鳴らすと、大樹と青葉が嬉しそうに飛び出して来ます。

二人の笑顔に、常子も自然と笑顔になるのでした・・・ つづく

■かか・君子の腕の中で泣く常子11歳の話>>
■かか・君子の腕の中で泣く常子20歳の話>>

<<前回123話次回125話>>