モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ22週127話感想あらすじ【8月29日(月)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想22週127話
2016年8月29日(月)放送
とと姉ちゃん22週テーマ「常子、星野に夢を語る」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで22週127話

“商品試験”が家電製品などを扱うようになり本格的になってくると、社員だけでいくつもの試験をこなす事は難しくなってきました。

そんな窮地に登場したのが、康恵でした。康恵は主婦仲間を集めテスターとなって助けてくれる事になりました。

 

あなたの暮し出版にて・・・

常子と美子は、帰宅する康恵を見送ります。

とと姉ちゃん_やすえ127

 

 

 

 

 

話の流れで、美子が康恵の再婚相手について質問します。

康恵は、相手はカフェーに勤めていた時の客だと言います。

そして相手には子供がいて、その子供が自分に懐いてくれた事を嬉しそうに話します。

その話を聞いた常子は、他人事とは思えない共感を覚えるのでした。

 

後日の事。

あなたの暮し出版には、10台のアイロンが用意されていました。

常子は康恵を含む10名の主婦達に、1日に50枚のワイシャツをアイロン掛けするように依頼し、アイロンの“商品試験”が始まるのでした。

特に、取っ手の持ちやすさや重さ、細かい部分のシワの伸ばしやすさなど、実際の使いやすさを見て欲しいと話します。

そして、主婦達の意見を聞きながら、具体的な試験項目が決まっていくのでした。

試験127

さらに、正確な数値を出す為、試験は何度も繰り返されました。

こうして、アイロンの試験は、毎日のように深夜まで行われ、その期間は2か月にも及ぶのでした。

 

昭和31年9月のこと・・・

この日、常子は料理記事の確認の為、キッチン森田屋を訪ねます。

そこで偶然、食事に来ていた星野親子に出会います。

「あ!おばちゃま!」青葉は、嬉しそうに常子に駆け寄ります。

何故もう家に来てくれないのか、次はいつ来られるのかと無邪気に聞いてくる青葉に、常子は何も答えられなくなってしまいます。

とと姉ちゃん_常子127  星野127

すると星野が「常子さんはお忙しいんだから、無理を言ってはいけないよ。」と青葉を諭します。

事情を知らない宗吉が、星野の家へ行けない事情でもあるのかと言うと、常子と星野の間にもなにかぎこちない雰囲気が漂うのでした。

そして、常子は店から出ると、何故か急に心の奥に切なさがにじむのでした・・・

 

星野宅にて・・・

義父127

 

 

 

 

 

 

夕方、星野がいつもより早く帰宅すると、ちょうど訪問者がありました。

それは、久しぶりに訪れた亡妻・加奈子の父、弓岡柳生でした。

「おとうさん」・・・ つづく

<<前回126話次回128話>>