モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

とと姉ちゃん ネタバレ25週145話感想あらすじ【9月19日(月)】

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」
ネタバレ感想25週145話
2016年9月19日(月)放送
とと姉ちゃん25週テーマ「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん ネタバレ感想・最終回まで25週145話

時は流れ、昭和39年(1964年)

間近に迫った東京オリンピック、そして東海道新幹線の開通を受け、世間は大きく賑わっていました。

そして、常子が立てた3つの誓いの1つ「家を建てる」が、この年にようやく叶いました。

水田が言った「大きな家を建てて、皆で住む」という話が実現していたのでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e5%ae%b6145

水田家には長男・潤が生まれ5歳となり、長女・たまきは13歳になりました。

そして、南家には長女・真由美が生まれ、4歳になっていました。

小橋家と水田家と南家、家族総勢9人が、賑やかに生活していました。

 

あなたの暮し出版にて・・・

「あなたの暮し」最新巻74号は、80万部を超える売上を記録していました。

美子は、結婚や出産を経てからも、編集者として仕事を続け、そして、育児が一段落した綾も正社員として入社していたのでした。

そんなある日、花山は話があると常子を自室に呼びます。内容は、また文章を書いてみないかというものでした。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%84%e3%81%be145  %e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%a4%e3%81%ad%e3%81%93145

しかし、社長の仕事で手一杯だと常子が躊躇すると「ならば結構!」と、花山は怪訝な表情で言います。

その様子に、常子は慌てて「いえ、やりたいです!」とその提案を受けるのでした。

すると花山は『常子にしか書けないものを』と最後に注文を付け、またも常子を悩ませるのでした。

 

小橋家にて・・・

かか・君子が、縁側でくつろいでいます。

庭には七夕飾りが飾られ、君子は家族の願い事が書かれた短冊に目を細めるのでした。

が・・・その時、君子の身体を激痛が走り体を崩します。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%83%bb%e5%90%9b%e5%ad%90145

 

 

 

 

 

 

その異変に気付いた鞠子は慌てて駆け寄りますが、君子は平気だと言い、話をそらすのでした。

君子は、孫たち潤と真由美のお遊戯会の衣装の話題を切り出し、美子は忙しいだろうから自分に作らせて欲しいと言うのでした。

たまきも手伝い、2人の衣装が出来上がります。

 

その夜の事

潤と真由美が衣装を着て、家族の前で踊って見せます。

一家団欒でくつろいでいる時、また激しい痛みが君子を襲います。

緊急入院となった君子は、4日目となる病室のベッドの上で蝉しぐれを聞いていました。

常子達三姉妹は、検査の結果を医師に聞きます。「末期の癌」でした。

そして、余命を大切に生きて下さいと、医師からは告げられるのでした。

病室に戻った常子達は、君子には治療をすれば良くなると悲しい嘘を付きます。

君子は「だったら、退院したいわ・・・」と言い病院では寂しいと呟きます。

%e3%81%a8%e3%81%a8%e5%a7%89%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93_%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%83%bb%e5%90%9b%e5%ad%9001145

3人の様子から、君子は自分の病状を悟っているかのようでした・・・ つづく

<前回144話次回146話>