モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

べっぴんさん ネタバレ2週10話感想あらすじ【10月13日(木)】|NHK朝ドラfan

NHK朝ドラ「べっぴんさん」
ネタバレ感想2週10話
2016年10月13日(木)放送
べっぴんさん2週テーマ「しあわせの形」

べっぴんさん ネタバレ感想・最終回まで2週10話

昭和18年(1943)、春・・・

すみれは女学校を卒業し、紀夫との結納を交わしました。

紀夫は、結納の席でも緊張した面持ちで、すみれと目が合ってもぎこちない様子で、口数も少ないままです。

そんな紀夫に、いまさらながらすみれは不安を募らせるのでした。

 

ある日の事

麻田がすみれの亡き母・はなから頼まれていた「結婚支度の靴」を作る為に、坂東邸に来ていました。

「お幸せになって下さいね。」麻田からお祝いの言葉を掛けられますが、すみれは、紀夫が何を考えているのかよく分からないと本音を漏らします。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%a010

麻田は、思いを表に出すのが下手なだけの人もいると言い、母・はなが見守ってくれているから大丈夫だと、不安そうなすみれを勇気づけてくれるのでした・・・

いよいよ、紀夫とすみれのお披露目の日

すみれが着るウエディングドレスは、母の形見のドレスでした。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%b4%80%e5%a4%ab%e3%81%ae%e3%82%8a%e3%81%8a10

 

 

 

 

 

集合写真を撮る時、すみれは勇気を出し、紀夫に声を掛けます。

「あの、よろしくお願いします・・・」すると、紀夫は「堪忍して下さい。あの時は、つい言い過ぎました。」と、ゆりのお披露目の日の失言を詫びるのでした。

そして「き、き、綺麗です・・・。」と恥ずかしそうに告げるのでした。

紀夫は、婿として会社を継ぐため「坂東営業部」に入社しました。

潔癖性で几帳面な性格の紀夫は、朝は誰よりも早く出勤して掃除をし、仕事も真面目にこなしていました。

 

ある日

すみれとゆりが歩いていると、ゆりの友人・クリスティーナと出会います。

この頃、神戸に住んでいた外国人は戦争の影響で皆、本国へ帰っていました。

しかし、クリスティーナは妊娠している事もあり、神戸に残っていたのでした。

 


昭和18年、秋

すみれは、紀夫と二人の朝食の席でそわそわしています。

そして、意を決したかのように紀夫に告げます。

「赤ちゃんができました・・・。」

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e7%b4%80%e5%a4%ab10

 

 

 

 

 

 

それを聞いた紀夫は、突然テラスに出て叫ぶのでした。

普段、感情を表に出さない紀夫の行動に、すみれは驚きます。

「どうしたの?」とすみれが聞くと、「喜んでいるのです!」と、紀夫は笑顔で答えます。その姿に、すみれも笑顔になるのでした。

 

昭和19年、3月

すみれはこの頃、妊娠7か月を迎えていました。

ある朝、紀夫がいつものように出社しようとしたところに、訪問者がありました。

%e3%81%b9%e3%81%a3%e3%81%b4%e3%82%93%e3%81%95%e3%82%93_%e5%8f%ac%e9%9b%86%e4%bb%a4%e7%8a%b610
紀夫への召集令状が届いたのでした・・・ つづく

<前回9話次11話>