「なつぞら」ネタバレ26週・最終回まで一気公開中!〉〉〉

なつぞらネタバレ18週105話のあらすじと感想【7月31日】

 

スポンサーリンク

NHK朝ドラ「なつぞら」
ネタバレ18週105話あらすじ感想

2019年7月31日(水)放送
なつぞら第18週テーマ「なつよ、どうするプロポーズ」

なつぞらネタバレ18週105話|あらすじを最終回まで!

階段にて・・・ 

僕と結婚してください! 」坂場からの突然のプロポーズに驚くなつ。

なつぞら_結婚

一瞬こわばるなつを見て、慌てた坂場は「僕の気持ちはずっと前から分かっていたでしょう・・・」と自信なく言います。

なつは「全然わかりませんでした」と素直な気持ちを伝えます。

坂場は、「ずっと、長編映画の演出ができたら言おうと思っていたんです」と、言い訳がましく語ります。

ようやく落ち着きを取り戻した坂場が、「あなたの気持ちは、どうですか?」と聞くと、なつは「はい分かりました。結婚します」とその場で答えるのでした。

なつの躊躇ない返事に坂場はまた動揺しつつも、「映画が成功したらですよ」と条件を口にするのでした。

なつぞらネタバレ_なつ

それ・・・いる?」なつは坂場の結婚へのこだわりを、測りかねるのでした。

ランチタイム・・・ 

なつは桃代に、坂場からプロポーズされたことを話しました。

ただし、坂場は長編映画の成功が条件だと話し、「結婚と成功は関係ないのにね」と首をひねります。

不器用な男ほどそうは考えられないと、桃代も同調します。

そして、「きっと大丈夫、テレビだって成功したじゃない」となつの不安を和らげるのでした。

制作会議にて・・・ 

長編映画『神をつかんだ少年クリフ』の制作のため、なつと茜も作画課に戻ってきました。

企画は勢いよくスタートしましたが、すぐに停滞してしまいます。

なつが描く物語のキャラクター「死神の娘キアラ」を、坂場がなかなか納得しなかったのでした。

なつぞらネタバレ_さかば坂場

脚本作りは遅れに遅れ、8月になってもまだ作画作業に入れずにいました。

なつと坂場と神地がキアラの件で話し合っていると、進行遅れを心配する仲が「何か困ってる?」と声をかけてきました。

大丈夫です」と、口を揃える坂場と神地は、仲と目すら合わせようとしません。

仲が、「子どもには難しいのでは」と投げかけると、坂場は「生意気なようですが、好きにやらせて下さい。責任は取りますから」と、仲の言葉をはねのけるのでした。

なつぞらネタバレ_なか

成功にこだわっている坂場は、誰にも口出しされたくなかったのでした。

仲は「成功を祈っている」と言い、その場を去ります。

なつが、仲への態度を坂場に非難すると「あの人に泣きついたらおしまい、永久に新しいものなんかできなくなる」と、神地が坂場の考えを代弁するように言うのでした。

中庭にて・・・ 

なつが気晴らし中庭に出ると、仲が一人ベンチにいました。

なつは、仲に坂場の非礼を謝ります。

すると仲は、坂場がやろうとしていることが正しいのか、新しいのかそうではないのか、判断がつかないと落ち込みます。

なつぞらネタバレ_仲なか

そして 「アニメーターとして、自分の限界を突きつけられたみたいで悔しいんだ」と、新しい価値観を理解できない苦悩を漏らすのでした・・・

制作会議にて・・・ 

その後もキアラのイメージはなかなか決まりません。

遅れている状況を打開しようと、下山やなつが坂場を諭そうとしますが、坂場は「妥協はしたくない」と言います。

そして坂場は「私は私を越えたい」と言い、みんなも自分を越えてほしいと訴えるのでした。

その日の夜、なつが帰宅しようとすると、仲が呼び止めました。

なっちゃん!

なつぞら_仲なか

そして、仲は頼みがあると言って一通の封筒を差し出すのでした・・・

なつぞらキャスト一覧・相関図 | 東京編・北海道編 【なつぞら】森田桃代(伊原六花)モモッチのモデルは誰?

 

なつぞらネタバレ18週105話|感想を最終回まで!

◀104話 | 106話▶

交際0日で結婚が決まる

坂場くんのプロポーズが無事に終わりましたね。

なつが躊躇なく返事するものですから、あっけなく決まりました。

「好き」の一言もなく、交際することもなく、いきなり結婚決定でビックリです!!

お互いのことをどこまで知っているのか??

二人とも、結婚をどう考えているのでしょうか(笑)


坂場くんは演出家だけに、告白する場所にしても、伝え方にしてももう少し趣向を凝らしてほしかったなと思うのですが・・・。

それにしても、二人の性格がよく表れたプロポーズだったのではないでしょうか。

坂場くんは映画への復帰が決まり、とにかくすぐに告白したかったから階段へ呼び出したのでしょうね。

坂場くんは、自分の思いになつは気づいていると考えていたようですが、恋愛に鈍感ななつにはダメでした。

なつの性格を読み切れていなかったようです。

しかも「映画が成功したらですよ」と条件付きとは・・・。

「それ・・いる?」と言ってしまうなつにもビックリですが、気持ちはよくわかります。

モモッチが言うとおり、不器用な男ほど「結婚と成功」が大事なのでしょうか。

ところでなつも、仲さんへの無礼を怒ったり、仲さんに坂場くんのことを謝ったりと、無意識に妻らしい振る舞いをしているようにも思えました。

モモッチや露木さんが言ってたとおり、二人の雰囲気は周りから公認されるようなオーラだったのですね。

お互いの気持ちは確認できましたが、実際に結婚するまでには、まだまだ一波乱も二波乱もありそうですね♪

 

モモッチの彼も助監督

なつの良き相談相手のモモッチ!

今日もリボンランチで女子トーク炸裂ですね。

なつがプロポーズのことをしっかりと口止めしておきましたが、モモッチに話した時点で、すぐにバレるでしょう。

この日の夕方には、仕上課では、なつと坂場くんの噂で持ちきりかもしれませんね。

ところで、モモッチも助監督と付き合っているらしいですね!

しかも『東洋動画』ではなく、同じグループの『東洋映画』で知人の紹介とのこと。

坂場くんも、モモッチの彼も、成功することが結婚の前提条件なんですね。

結婚後に女性は専業主婦になるのが一般的な時代ですから、今よりもずっと男性には家族を養う力が求められたのででしょうね。
105話は、いかがだったでしょうか。
明日は、仲さんから受け取った封筒の中味によって映画制作が一気に動きます。
果たして中味は?
明日もどうぞよろしくお願いいたします♪

ではでは
朝ドラ♪ランド♬一同

◀104話 | 106話▶

 

 

スポンサーリンク