「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ8週48話|ミッコーの火鉢が大ヒット!でも喜美子の思いは複雑に?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月23
日(土)放送
スカーレット第8週テーマ
「心ゆれる夏」

【スカーレットネタバレ8週48話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

ミッコーが紙面を飾る・・・

喜美子を取材した記事が載った新聞が発行されました。

紙面には『信楽初の女性絵付け師・ミッコー』の見出しが躍り、まさにアイドル扱いです。

しかし、絵付師としても経歴などは一切無く、師匠の深野についても触れられていません。

喜美子は悲しくなり、会社内でも物議が起こるのでした。

喜美子の思いとは裏腹に、『丸熊陶業』には祝いの花や酒が届き、『ミッコーの火鉢』への注文がどんどん舞い込みます。

喜美子は申し訳なさから深野に謝りますが、深野は全く気にしないのでした・・・

八郎の怒り・・・

翌日、喜美子は食堂で企画開発の十代田八郎と出くわします。

八郎は、新聞記事で深野に触れられていなかったことを、怒っている様子でした。

喜美子は謝りながらも、八郎は真っ直ぐな人間で、どこか自分と似ていると感じるのでした・・・

深野の日本画・・・

絵付けの作業場に、八郎がやって来ました。

昔、八郎の実家には深野が描いた日本画があったと話し出しました。

その絵を、戦後食べるものに困った時に闇市で売り、食料に替えてしまったと打ち明けた八郎は涙を流して深野に謝ります。

深野は、怒るどころか、忘れずにいてくれてありがとうと、お礼を言うのでした・・・

川原家にて

妹・直子の付き添いのため、東京に行っていた父・常治が帰ってきました。

常治は東京での出来事を家族に明かすのでした。

夜になり、喜美子は一人で絵を描きはじめます。

八郎が手放してしまったという深野の絵を空想して、鉛筆を動かすのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ8週48話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、大島優子、林遣都、松下洸平、福田麻由子、阪田マサノブ、田中章、夙川アトム、三谷昌登、本田大輔、遠藤雄弥、久保山知洋、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀47話 | 49話▶

スポンサーリンク