「スカーレット」ネタバレあらすじ感想一覧〉〉〉

【スカーレット】ネタバレ9週49話|社長・秀男の死!新社長・敏春の改革と深野の思いとは?

朝ドラ「スカーレット」
ネタバレあらすじ感想
2019年11月25
日(月)放送
スカーレット第9週テーマ
「未定」

【スカーレットネタバレ9週49話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

*予告あらすじは、放送と違う場合があります。当日の放送後修正しています。

八郎が手放した絵・・・

深野は、八郎が闇市で手放した絵を描き直して八郎に渡しました。

八郎は、感動して言葉を失います。

そして、喜美子も想像で描いた絵を差し出すと、八郎は心温まるのでした・・・

社長が突然・・・

『丸熊陶業』の社長・秀男が急逝し、社内が慌ただしくなります。

喜美子は、社長の娘・照子の事が気掛かりでした。

身内だけの葬儀が終わって一週間後、喜美子はようやく照子に会う事ができました。

その時、照子のお腹には、新しい命が宿っていたのでした・・・

新社長・・・

秀男が亡くなって1か月程が経ちました。

照子の夫で『丸熊陶業』の婿養子である敏春が、正式に4代目社長に就任しました。

敏春は、会社に新たな風を吹かせようとしていました。

それは、火鉢の生産を減らし、新商品の開発を進めていくというものでした・・・

ある日の夜・・・

絵付け師の深野は、弟子の池ノ内と磯貝を、『あかまつ』に誘いました。

深野は、酒を飲みながらゆっくりと2人に話します。

「信楽を去ろうと思う・・・」

先代の社長・秀男に呼ばれて『丸熊陶業』にやって来た深野は、社長交代を機に『丸熊陶業』を辞めようと考えていたのでした。

その頃、川原家にて・・・

喜美子は、深野から今後の話があるだろうという、照子の言葉を思い出していました。

その言葉の意味は、喜美子にも何となく分かっていました。

喜美子にとっても、人生の大きな選択の時が来ていたのでした・・・

 

【スカーレットネタバレ9週49話|感想を最終話まで!

今日の出演者
戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、大島優子、林遣都、マギー、財前直見、住田萌乃、坂田マサノブ、本田大輔、松下洸平、イッセー尾形、ほか

*ネタバレ予告時点での感想です。放送後に追記掲載します。

◀48話 |50話▶

スポンサーリンク