モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】相関図とキャスト・脇役一覧|図解でわかる千代を囲む人々!

 

2020年11月30日スタートの朝ドラ【おちょやん】主要キャストと脇役のプロフィール一覧と相関図を図解でわかりやすくご紹介しています。

 

もくじ【表示】で一覧検索へ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【おちょやん】キャスト・脇役一覧・相関図|ヒロイン・竹井千代の関係

相関図|竹井家

おちょやんキャスト相関図 春子 栗子 ヨシヲよしお 母・サエ  テルヲ 千代

◆『竹井家』のプロフィールへ▶

相関図|道頓堀『岡安』

おちょやんキャスト一覧相関図 岡安 シズ 宗助 ハナおばあちゃん みつえちゃん かめさん

◆道頓堀『岡安』のプロフィールへ▶

相関図|道頓堀『福富』

おちょやんキャスト一覧相関図 福富 菊 福松 福助

◆道頓堀『福富』のプロフィールへ▶

スポンサーリンク

相関図|喜劇界の人たち

おちょやんキャスト一覧相関図 成田凌 せんのすけ 万太郎 熊田 天海

◆『喜劇界』のプロフィールへ▶

相関図|上方演劇界の人たち

おちょやんキャスト一覧相関図 鶴亀 大山社長 高城百合子

◆『上方演劇界』のプロフィールへ▶

相関図|京都・キネマの仲間たち

おちょやん キャスト 相関図 キネマ 真理 宮元 監督 

◆『キネマ』のプロフィールへ▶

相関図|京都・千鳥一座の人たち

おちょやんキャスト一覧相関図 山村千鳥一座の人たち

◆『千鳥一座』のプロフィールへ▶

スポンサーリンク

相関図|京都・鶴亀撮影所の人たち

おちょやんキャスト相関図 撮影所 小暮 こぐれさん 監督 梅子 宝塚

◆『撮影所』のプロフィールへ▶

相関図|鶴亀家庭劇の座員たち

おちょやんキャスト相関図 鶴亀家庭劇 劇団員 せんのすけ 千之助 徳利 とっくり 百久利 漆原 香里 天晴 小山田 ルリ子

◆『鶴亀家庭劇』のプロフィールへ▶

相関図|鶴亀新喜劇の劇団員たち

おちょやんキャスト相関図 鶴亀新喜劇 離婚相手 朝日奈灯子 万歳

◆『鶴亀新喜劇』のプロフィールへ▶

相関図|千代が出会う人たち

おちょやんキャスト一覧相関図 歌舞伎役者・延四郎 一平の母・夕

◆『千代が出会う人たち』のプロフィールへ▶

相関図|語り・黒衣(ナレーション)

おちょやん ナレーション 桂吉弥

◆『語り・黒衣』のプロフィールへ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】キャスト・脇役一覧|役柄とプロフィール

竹井家の人たち

おちょやんキャスト 竹井千代

ヒロイン
竹井 千代(たけい ちよ)役
杉咲 花(すぎさき はな)

【役柄】
竹井千代は、竹井家の長女。

幼い頃に母を亡くし、父(トータス松本)と弟と3人で暮らしています。

小学校には満足に通えませんが、口が達者で機転がきく少女です。

父が再婚したことが原因となり、千代は9歳で道頓堀の芝居茶屋『岡安(おかやす)』に女中奉公に出されました。

そこで、芝居の世界に魅せられた千代は、女優の道に飛び込むのでした・・・

【モデル】
千代のモデルは、女優・浪花千栄子(なにわちえこ)さんです。

◆千代のモデル・浪花千栄子さんの史実はコチラ▶

千代の子役

おちょやんキャスト 千代の子役

少女期の千代
毎田暖乃(まいだ のの)
2011年(平成23年)9月25日生まれ、大阪府出身。

杉咲花とは?

杉咲花さんは、1997年(平成9年)10月2日生まれで、2020年に23歳になります。

出身は東京都で、所属事務所は『研音』(唐沢寿明さん、山崎育三郎さんなどが所属)です。

 

杉咲さんは、子役時代を経て2011年から本格的に女優活動をスタートしました。

 

朝ドラ【とと姉ちゃん】(2016年上半期)をはじめ、数多くの作品で高く評価される実力派の若手女優です。

 

なお、父親はロックバンド『レベッカ』などで活躍したギタリスト木暮武彦さん(愛称・SHAKE)。母親は歌手のチエ・カジウラさんです。

 

◆杉咲花さんのカッコいいご両親のお顔はコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『とと姉ちゃん』(2016年上半期)ヒロインの妹・小橋美子役、『おちょやん』(2020年下半期)ヒロイン・竹井千代役で2度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)増野りく役で出演。

 

最近のテレビドラマは、『ハケン占い師アタル』(2019年・テレビ朝日)主演・的場中役、『世にも奇妙な物語秋の特別編2019・鍋蓋』(2019年・フジテレビ)主演・古川直美役に出演。

 

最近の映画は、『楽園』(2019年)ヒロイン・湯川紡役、『弥生、三月-君を愛した30年-』(2020年)渡辺サクラ役、『青くて痛くて脆い』(2020年)主演・秋好寿乃役に出演しています。

◆もくじへ ◆竹井家プロフへ


おちょやんキャスト 父 竹井テルヲ

竹井 テルヲ(たけい てるを)役
トータス松本(とーたす まつもと)

【役柄】
テルヲは、千代(杉咲花)の父親。

養鶏業を営んでいますが、鶏の世話や家事は娘の千代に任せきりです。

テルヲは、酒好きでろくに働かず、千代に迷惑ばかりかけています。

妻に先立たれているテルヲは、後妻に栗子(宮澤エマ)を迎えました。

栗子が竹井家に入ったことで、千代の人生が大きく動きます。

千代が奉公に出た後、借金で首が回らなくなり、南河内から夜逃げをしてしまいました。

音信不通だったテルヲですが、年季明けを迎える千代の前に突然現れ・・・

【モデル】
テルヲのモデルは、女優・浪花千栄子さんの父・南口卯太郎(なんこううたろう)さんだと考えられています。

トータス松本とは?

トータス松本さんは、1966年(昭和41年)12月28日生まれで、2020年末に54歳になります。

『ガッツだぜ!!』『バンザイ 〜好きでよかった〜』『明日があるさ』などヒット曲を多数持つ人気ロックバンド『ウルフルズ』のボーカルです。

 

パワフルな歌声と圧巻のパフォーマンスを誇り、バンドとソロで『NHK紅白歌合戦』に出場しています。

 

一方で、俳優としても定評があり、NHK大河ドラマなどで好演しています。

 

◆トータス松本さんの大ヒット曲『バンザイ』の裏話とは?▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHK大河ドラマは、『龍馬伝』(2010年)ジョン万次郎役、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)河西三省役で出演。

 

NHKドラマは『スニッファー嗅覚捜査官』(2016年)仙崎士郎役で出演しています。

◆もくじへ ◆竹井家プロフへ


おちょやんキャスト まま母 竹井栗子

竹井 栗子(たけい くりこ)役
宮澤 エマ(みやざわ えま)

【役柄】
栗子は、千代(杉咲花)のまま母。

千代の父・テルヲ(トータス松本)に口説き落とされて結婚しました。

朝寝坊で、日中は三味線ばかり弾き、ろくに家事をしません。

やがてテルヲの子を宿し、対立する千代を女中奉公に出すことを画策し・・・

宮澤エマとは?

宮澤エマさんは、1988年(昭和63年)11月23日生まれで、2020年に32歳です。

出身は東京都で、所属事務所は『プロダクション尾木』(仲間由紀恵さんなど所属)です。

 

エマさんは、アメリカ人外交官の父と、日本人の母を持つハーフ。そして、祖父は、第78代内閣総理大臣の宮澤喜一(みやざわきいち)さんという華麗なるセレブ一家のお嬢様です。

 

現在は、ミュージカル女優として活躍し、映画やドラマなど活動の幅を広げています。

 

◆華麗すぎるセレブ一家!エマさんのご家族はコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

最近のドラマは、『いつかこの雨がやむ日まで』(2018年・東海テレビ)天竺芽衣役、『誰かが、見ている』(2020年秋・Amazon Primeドラマ)に出演。

 

最近のミュージカルは、『ジキル&ハイド』(2018年)エマ役、『ウエスト・サイド・ストーリー(日本キャスト版シーズン2)』(2020年)マリア役に出演しています。

◆もくじへ ◆竹井家プロフへ


竹井 ヨシヲ(たけい よしを)役
倉 悠貴(くら ゆうき)

【役柄】
ヨシヲは千代(杉咲花)の2歳下の弟。

実の母・サエ(三戸なつめ)が亡くなってから、千代に育てられました。

サエの記憶がないため、まま母・栗子(宮澤エマ)のことを実母のように慕いました。

千代が女中奉公に出て数年後に、竹井家を飛び出し消息不明です。

大人になり、千代の前に現れます(第12週に登場)。

倉悠貴とは?

倉悠貴さんは、1999年(平成11年)12月19日生まれで、2021年に22歳になります。

大阪府出身で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアーティスツ』(成田凌さんらが所属)。

 

倉さんは、今後のブレイクが期待される注目の若手俳優です。

 

2019年にデビューしたばかりですが、すでに主演映画などもあり、今後も露出が増えていくことが予想されています。

 

そんな倉さんのデビューのきっかけは、イケメン俳優を数多く輩出している人気ファッション誌『MEN’S NON-NO』です。

 

一般の読者モデルとして誌面企画に掲載された際に、現在の事務所関係者の目に止まったのだとか。

 

まさに、ダイヤの原石だったようです。今後に注目です~♪

 

◆弟・ヨシヲ役・倉悠貴さんはメンノン読者モデル!▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHKドラマは、Eうたドラマ『歌のおじさん Eたん♪』(2019年・Eテレ)コウキ役で出演。

 

最近のドラマは、『トレース〜科捜研の男〜』(2019年・フジテレビ)源義一役、『スイーツ食って何が悪い!』(2020年・TOKYO MX)アオ役等に出演。

 

映画は、『夏、至るころ』(2020年)主演・翔役、『樹海村』(2021年)鷲尾真二郎役、『まともじゃないのは君も一緒』(2021年公開予定)、『街の上で』(2021年公開予定)、『衝動』(2021年公開予定)主演・ハチ役に出演しています。

 

さらに、Webドラマ、ミュージックビデオ等でも活躍しています。

◆もくじへ ◆竹井家プロフへ


竹井 サエ(たけい さえ)役
三戸 なつめ

【役柄】
サエは千代の実母。

とても働き者で、千代を「かぐや姫」に例えるほど可愛がっていました。

しかしヨシヲを生んだ後、千代が5歳の時にサエは病死してしまいました。

死ぬ間際にサエは、ガラス玉を形見として千代に残しました。

そんなサエの口癖は「明日もきっと晴れやな」で、千代に受け継がれています。

千代は、サエを心の支えとして生きていきます。

三戸なつめとは?

三戸なつめさんは、1990年2月20日生まれで、2020年に30歳になりました。

奈良県奈良市出身で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ』(きゃりーぱみゅぱみゅさんらが所属)です。

 

2010年頃からモデルとして活躍していた三戸さんは、2015年に『前髪切りすぎた』で歌手デビューします(中田ヤスタカさんプロデュース)。

 

その後、CDアルバムをリリースし、ライブツアーを行うなど歌手としても大活躍しています。

 

三戸さんと言えば、前髪を短く切りそろえた独特のヘアースタイルがトレードマークで、ナチュラルで飾らない明るさで絶大な人気を誇っています。

 

そんな三田さんは、モデル、歌手だけでなく、タレント、女優とマルチに活躍しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

最近のドラマは、『賭ケグルイseason2』(2019年・TBS)黄泉月るな役で出演、『節約ロック』(2019年・日本テレビ)三戸なつめ役で出演しています。

 

最近の映画は、『賭ケグルイ』(2019年)黄泉月るな役、『明日、キミのいない世界で』(2020年)ミヅキ役、『ロックンロール・ストリップ』(2020年)旭川ローズ(冬音)役で出演しています。

 

その他、バラエティ番組、テレビCM等でも活躍しています。

◆もくじへ ◆竹井家プロフへ

道頓堀『岡安』

おちょやんキャスト 岡安 女将 岡田シズ

岡田 シズ(おかだ しず)役
篠原 涼子(しのはら りょうこ)

【役柄】

岡田シズは、芝居茶屋『岡安』(おかやす)の女将で、「ご寮人(りょん)さん」と呼ばれています。

若い頃は、店を継ぐために、母で先代女将のハナ(宮田圭子)のもとで、厳しいお茶子修行時代を過ごしました。

道頓堀の街を愛し、夫・宗助(名倉潤)と共に店を切り盛りしています。

ヒロイン・千代(杉咲花)の大阪の母であり、よき理解者です。

篠原涼子とは?

篠原涼子さんは、1973年8月13日生まれで2020年に47歳になります。

群馬県桐生市出身で、所属は『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』(谷原章介さんなど所属)です。

 

篠原さんは、『アンフェア』、『ハケンの品格』をはじめ、数多くのドラマや映画で主演を張る人気女優です。

 

夫は俳優・市村正親(いちむらまさちか)さんで、芸能界を代表する『おしどり夫婦』として知られています。

 

◆篠原涼子さんが憧れ続けた伝説の歌姫とは?▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHK大河ドラマは『元禄繚乱』(1999年)定子役、『北条時宗』(2001年)讃岐局役に出演。

 

最近のテレビドラマは、『ハケンの品格・第2シリーズ』(2020年・日本テレビ)主演・大前春子役で出演。

 

最近の映画は、『今日も嫌がらせ弁当』(2019年)主演・持丸かおり役等で出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 主人 岡田宗助

岡田 宗助(おかだ そうすけ)役
名倉 潤(なぐら じゅん)

【役柄】

宗助は、芝居茶屋『岡安』の主人で、岡田家の婿養子で、皆から『旦(だん)さん』と呼ばれています。

かつて、『岡安』のお客だった宗助は、一人娘のシズ(篠原涼子)に一目ぼれして婿入りしました。

温和な性格で、シズ(篠原涼子)や女中奉公する千代(杉咲花)をやさしく見守っています。

シズに頭が上がらない一方で、一人娘のみつえ(東野絢香)を甘やかしています。

名倉潤とは?

名倉潤さんは、1968年(昭和43年)11月4日生まれで、2020年に52歳になります。

出身は兵庫県姫路市で、所属は『ワタナベエンターテイメント』(中山秀征さんなど所属)です。

 

名倉さんは、人気お笑いトリオ『ネプチューン』のリーダーであり、一方で司会、コメンテーター、雑誌の執筆、俳優などマルチに活躍しています。

 

そして、妻は人気タレントの渡辺満里奈さんで『おしどり夫婦』としても有名です。

 

◆タイ人もビックリ!『名倉潤タイ人伝説』のオチとは?▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『べっぴんさん』(2016年下半期)野上正蔵役、『おちょやん』(2020年下半期)岡田宗助役で2度目の出演。

 

NHKドラマは、『空想大河ドラマ小田信夫』(2017年)明智充役で出演しています。

 

バラエティ番組では、『ネプリーグ』(フジテレビ)、『しゃべくり007』(日本テレビ)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)等に出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 主人 岡田みつえ

岡田 みつえ(おかだ みつえ)役
東野 絢香(ひがしの あやか)

【役柄】
みつえは、『岡安』の一人娘。

大事に育てられてきた箱入り娘で「いとさん」と呼ばれています。

奉公人の千代(杉咲花)は同い年ですが、境遇は全く違います。

そんなみつえは、幼なじみの天海一平(成田凌)へ好意を寄せていると周囲から思われています。

みつえの子役

おちょやんキャスト みつえの子役

少女期のみつえ
岸田結光(きしだ ゆみ)

東野絢香とは?

東野絢香さんは、演技力が高く独特な雰囲気をもった新人女優として注目されています。

1997年(平成9年)11月9日生まれ、2020年に23歳。大阪府出身で、所属事務所は『トライストーン・エンタテイメント』(小栗旬さんなど所属)です。

 

8歳の時から女優を目指していた東野さんは、18歳の時に単身上京。現所属事務所の俳優養成所『トライストーン・アクティングラボ(TSAL)』へ入所しました。

 

芝居漬けの生活を過ごした東野さんは、TSAL在籍中に映像産業振興機構主催の『アクターズセミナー賞』を受賞。

 

舞台を中心にドラマやCMで活躍しています。

 

◆東野絢香さんの詳細プロフィールはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

最近のドラマは、『猪又進と8人の喪女~私の初めてもらってください~』(2019年・関西テレビ)神宮寺紫音役で出演。

 

最近の舞台は、『獣の柱』(2019年)益子真知子・神崎恵役、『掬う』(2019年)花音役等に出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 先代女将 ハナ おばあちゃん

岡田 ハナ(おかだ はな)役
宮田 圭子(みやた けいこ)

【役柄】
岡田ハナは、シズ(篠原涼子)の母親で『岡安』の先代の女将で、皆から『お家(え)さん』と呼ばれています。

道頓堀のことは隅から隅まで、何でも知っています。

ハナは、亡き夫と一緒に、『福富』からのれん分けして『岡安』を立ち上げました。

夫が早くに亡くなったため、シズに代を譲るまで、女手一つで苦労しながら店を切り盛りしてきました。

千代(杉咲花)や一平(成田凌)のことを気にかけ、時に優しく、時には厳しく見守っていきます。

千代に役者になることを勧めたことを、自慢げに語ります。

そんなハナは、一平と父・天海の親子のことを誰よりも深く知っています。

孫のみつえ(東野絢香)の結婚騒動の際は、頼もしい『おばあちゃん』としてみつえを応援しました。

千代と一平の結婚を見届けた後、70歳で永眠しました。

宮田圭子とは?

宮田圭子さんは、40年以上に渡って朝ドラに出演するベテラン女優です。

1947年(昭和22年)10月23日生まれで、2020年に73歳。兵庫県神戸市出身で、所属は『ライターズカンパニー』(佐川満男さんなど所属)です。

 

宮田さんは、神戸市で最古の女子高『親和女子高等学校』を卒業後に、『関西芸術座』で女優人生をスタートさせました。

 

舞台を中心に活動していましたが、1970年代からはテレビドラマにも進出。

 

目立たないようでいて存在感のある脇役として、時代劇から現代劇まで絶え間なく活躍しています。

 

最近の朝ドラでは、【べっぴんさん】(2016年下期)で坂東家の女中頭・喜代役を好演しました。

【べっぴんさん】より

ヒロイン・すみれに寄り添い成長を見守る役は、じわじわと注目を集めドラマ公式サイトに『喜代語りSpecial』まで開設されました。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『火の国に』(1976年下期)、『はっさい先生』(1987年下期)、『春よ、来い』(1994年-95年1年間)、『芋たこなんきん』(2006年下期)花岡イト役、『だんだん』(2008年下期)松本正子役、『べっぴんさん』(2016年下期)佐藤喜代役、『おちょやん』(2020年下期)岡田ハナ役で7度目の出演です。

 

NHKドラマは、『全力離婚相談』(2015年)河野弘子役、『葉村晶シリーズ』(2020年)須藤明子役等で出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト かめさん 

かめ役
楠見 薫(くすみ かおる)

【役柄】
かめは、芝居茶屋『岡安』の女中頭

女中奉公に来た千代(杉咲花)に、掃除・洗濯などを厳しくたたきこみます。

『岡安』のことをよく知るかめは、千代や後輩お茶子たちの成長を温かく見守っています。

一方で、少しおっちょこちょいな面があります。

『かめ壺』と呼ばれる壺の中には、おやつが入っています。

楠見薫とは?

楠見薫さんは、1967年(昭和42年)6月19日生まれで、2020年53歳になりました。

おちょやんキャスト かめさん 楠見薫

和歌山県出身で、所属事務所は『リコモーション』(古田新太さんなどが所属)です。

 

1989年に劇団『遊気舎』に入団した楠見さんは、2001年まで同劇団の看板女優として活躍しました。

 

現在は、テレビ、映画、CMなどに出演しながら、自身がプロデュースする演劇公演も精力的に行っています。

 

毒と華の両面の魅力を持つ楠見さんは、コメディでも、シリアスでも演じられる実力派として高く評価されています。

 

そして、楠見さんといえば『朝ドラ』です。

 

【おちょやん】が9作目の出演となる楠見さんは、『隠れ朝ドラ女王』の1人と呼ばれています。

 

数多く出演した中でも、特にインパクトを残したのが【あさが来た】(2015年下期)です。

 

女中・かの役を演じた楠見さんは、「ほんにほんに」の相槌ワードで脚光を浴びました。

 

そんな楠見さんの特技は、水泳とソフトボールだとか。

 

スポーツで活躍する役も見てみたい気がしますね♪

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ふたりっ子』(1996年下期)、『芋たこなんきん』(2006年下期)、『ウェルかめ』(2009年下期)小竹喜美子役、『ごちそうさん』(2014年下期)諸岡キヨ役、『マッサン』(2015年下期)斉藤先生役、『あさが来た(2015年下期)女中・かの役、『わろてんか』(2017年下期)女中頭・スミ役、『スカーレット』(2019年下期)日高れい子役、『おちょやん』(2020年下期)女中頭・かめ 役で9作目の出演となります。

 

最近のNHKドラマは、『クロスロード(2017年・BSP)寺田真由美役、『女子的生活』(2018年)、『スローな武士にしてくれ〜京都 撮影所ラプソディー〜』(2019年・BSP)杉原テル役で出演。

 

最近のドラマは、『RIDGE はじまりは1995.1.17神戸』(2019年・関西テレビ)有香役で出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 お茶子 富士子

富士子(ふじこ)役
土居 志央梨(どい しおり)

【役柄】
富士子は、千代(杉咲花)の先輩で、お茶子頭です。

お茶子の仕事にプライドがあり、お茶子頭として強い責任感を持っています。

一方で、怒ると少し怖い存在です。

土居志央梨とは?

土居志央梨さんは、1992年(平成4年)7月23日生まれで、2020年に28歳になりました。

出身は福岡県出身で、所属事務所は『ファザーズコーポレーション』(小日向文世さんなどが所属)です。

 

土居さんは、今後のブレイクが期待される女優さんの一人と言われています。

 

女子高生役や30代の役だけでなく、舞台では5歳児を違和感を演じるなど、独特の演技力と存在感で注目を集めています。

 

転勤族の家庭に育った土居さんは、3歳から高校を卒業するまで15年間に渡ってクラシック・バレエへに熱中する日々を送っていたそうです。

 

高校卒業にあたり、バレエ以外の人生を知りたいという感情が湧いたそうで、『京都造形芸術大学』の映画学科俳優コースへ進学しました。

 

在学中に出演した舞台での妖艶な芝居が注目され、なんと『水戸黄門 第43部』(2011年・TBS)の最終回に、将軍の側室役で出演しテレビデビューを果たしました。

 

2018年公開の映画『リバーズ・エッジ』ではインパクトある役どころを好演しました。

 

そして2020年には、永瀬正敏さんとW主演を務めている映画『二人ノ世界』が公開になっています。

★出演経歴

NHKドラマは、『我が家のヒミツ』(2019年)菊池智子役、『太陽の子』(2020年)に出演しています。

 

最近のドラマは、『緊急取調室 THIRD SEASON』(2019年・テレビ朝日)西崎明日香役、『死役所』(2019年)林理花役、『小さな神たちの祭り』(2019年・TBC東北放送)に出演。

 

映画は、『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』(2019年)あずさ役、『二人ノ世界』(2020年)ヒロイン・平原華恵役で出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 お茶子 節子

節子(せつこ)役
仁村 紗和(にむら さわ)

【役柄】
節子は、千代(杉咲花)の先輩お茶子

負けん気が強い性格で、年齢が近い富士子と頻繁に言い合いをします。

千代にも歯に衣着せぬ物言いで接しますが、千代のことを気に入っています。

仁村紗和とは?

仁村紗和さんは1994年(平成6年)10月13日生まれで、2020年に26歳になりました。

大阪府出身で、所属事務所は『サンミュージックプロダクション』(安達祐実さんなどが所属)です。

 

大阪でモデルをしていた仁村さんは、高校卒業後に上京し、20歳になる2014年に芸能界デビューしました。

 

なんとデビュー前に、20社以上の芸能事務所からオファーを受けたそうです。

 

そして、デビュー2年以内に15社のテレビコマーシャルに起用されるなど、順調にキャリアを重ねています。

 

さて、クールビューティーのイメージの仁村さんですが、ご本人は自分自身の性格を『大阪のおばちゃん』と表し、お節介で、何かを持っていたら人に配ってしまうのだとか。

 

ちなみに、立派な眉毛の持ち主で『太眉女優』と様々なところで紹介されているそうです。

 

神秘的な美しさから近寄りがたそうなイメージも感じる仁村さんですが、飾らない魅力があり、とても親近感が湧きますよね。

 

そんな仁村さんの特技は、中学1年生の時から続けているダンスともことで、ますます魅力を感じますね。

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHKドラマは、『きじまりゅうたの小腹がすきました!』(2016年)OL役、『シリーズ・江戸川乱歩短編集II 妖しい愛の物語・黒手組』(2016年・BSP)ふみこ役に出演。

 

最近のドラマは、『東京独身男子』(2019年・テレビ朝日) 、『それぞれの断崖』(2019年・東海テレビ)、『ヤヌスの鏡』(2019年・フジテレビ)東涼子役で出演。

 

最近の映画は、『地獄少女』(2019年)南條遥役で出演しています。

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ


おちょやんキャスト 岡安 お茶子 玉

玉(たま)役
古谷 ちさ(ふるやちさ)

【役柄】
玉は、お茶子で千代(杉咲花)の先輩

年齢が近い千代とは、特に仲良くしています。

千代に初めて芝居を見せたのは玉です

心配性でおっとりとした性格ですが、言うべきことは躊躇なくしっかりと言います。

古谷ちさとは?

古谷ちささんは、1990年(平成2年)7月15日生まれで、2020年に30歳になりました。

京都府出身で、所属事務所は『リコモーション』で、劇団『空晴(からっぱれ)』に所属しています。

 

古谷さんは、主に舞台で活躍する女優さんで、22歳になる2012年に『空晴』で初舞台を踏みました。

 

同劇団の活動がメインですが、それ以外の舞台でも数多く客演しています。

 

さらに、【おちょやん】のモデルとなっている『松竹新喜劇』の劇団員が出演した『大阪松竹座』の舞台 や、『松竹』が制作した舞台への出演などしています。

 

舞台女優として評価を高める古谷さんは、2019年に『第21回関西現代演劇俳優賞』の『奨励賞』を受賞しています。

 

そんな古谷さんの趣味は、『ダイススタッキング』だそうで、特技は『クラリネット』、『似顔絵』だとか。

 

SNSでは猫の写真を頻繁にアップしていますので、きっと猫好きなのでしょうね。

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

◆もくじへ ◆『岡安』のプロフへ

道頓堀『福富』

おちょやんキャスト 福富 女将 富川菊

富川 菊(とみかわ きく)役
いしのようこ

【役柄】
富川菊は、老舗芝居茶屋『福富(ふくとみ)』の女将です。

千代(杉咲花)が勤める『岡安』はライバル店で、同店の女将・シズ(篠原涼子)は天敵です。

『福富』が本家にも関わらず、分家の『岡安』が商売を広げているため、イライラしています。

時代が昭和になると夫と息子に説得されて、芝居茶屋をたたみ喫茶店を兼ねた『福富楽器店』に鞍替えしました。

いしのようことは?

いしのようこさんは、1968年(昭和43年)2月20日生まれで、2020年に52歳になりました。

兵庫県芦屋市出身で、所属事務所は『グランドスラム』(長島敏行さんなどが所属)です。

 

いしのさんは、人気アイドルだった姉・石野真子(いしのまこ)さんの妹として、1985年にアイドルとして芸能界デビュー。

 

その後、女優に転身して現在まで活躍中です。

 

また、日本を代表するコメディアンだった故・志村けんさんと長くコントを取り組むなど、コメディのセンスにも定評があります。

 

◆いしのようこさんの事実婚の相手が気になる~▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『和っこの金メダル』(1989年下半期)深見圭子役、『てるてる家族』(2003年下半期)稲本栄子役、『べっぴんさん』(2016年下半期)村田琴子役、『おちょやん』(2020年下半期)富川菊役が4度目の出演となります。

【べっぴんさん】より

最近のテレビドラマは、『刑事ゼロ』(2019年・テレビ朝日)円城明日香役、『ハイポジ1986年、二度目の青春。』(2020年・テレビ大阪)天野幸子役等に出演しています。

◆もくじへ ◆『福富』のプロフへ


おちょやんキャスト 福富 主人 富川福松

富川 福助(とみかわ ふくまつ)役
岡嶋 秀昭(おかじま ひであき)

【役柄】
福松は『福富』の主人。

店は妻・菊(いしのようこ)に任せて、自由気ままに暮らしています。

性格は穏やかで、『岡安』にライバル心を燃やす菊をなだめています。

 

岡嶋秀昭とは?

岡嶋秀昭さんは、1974年(昭和49年)10月8日生まれで、2020年に46歳になりました。

大阪府出身で所属事務所は『リコモーション』(古田新太さんなどが所属)です。

 

舞台を中心に活動する一方で、テレビ、映画、CM等でも活躍しています。

 

そんな岡嶋さんの特技は、ウクレレと落語だとか。

 

ドラマでは優雅な役どころですから、ウクレレや落語を披露してくれたらピタリとはまりそうですね。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ほんまもん』(2001年下期)、『風のハルカ』(2005年下期)、『ごちそうさん』(2013年下期)、『おちょやん』(2020年下期)富川福松役で4回目の出演となります。

 

NHK出演は、『歴史秘話ヒストリア』(2019年)、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(2020年)に出演。

 

最近のドラマは、『民主主義定食屋』(2020年・FOD)、『科捜研の女』(2020年・テレビ朝日)等に出演。

 

最近の映画は、『蚤とり侍』(2018年)に出演しています。

◆もくじへ ◆『福富』のプロフへ


おちょやんキャスト 福富 息子 富川福助

富川 福助(とみかわ ふくすけ)役
井上 拓哉(いのうえ たくや)

【役柄】
富川福助は、『福富』の一人息子。

跡継ぎですが仕事には興味がなく、もっぱらトランペットに夢中です。

ライバル店の『岡安』の娘・みつえ(東野綾香)とは幼なじみで良好な関係を築いています。

芝居茶屋は無くなる商売だと言い続け、店を楽器店に鞍替えしました。

福助の子役

おちょやんキャスト 福助の子役

少年期の福助
松本 和真(まつもと かずま)

井上拓哉とは?

井上拓哉さんは、舞台を中心に活躍する俳優です。

おちょやん福助役 井上拓哉

1995年(平成7年)11月7日生まれで、2020年に25歳になりました。

 

出身は兵庫県で所属事務所は『ワタナベエンターテインメント』で、同事務所の劇団プロジェクト『劇団Patch』のメンバーです。

 

同劇団は、演劇舞台公演を中心に、テレビ・ラジオ・イベントなどで活躍するなど人気を誇っています。

 

井上さんは、2012年開催の同劇団第1期生オーディションにおいて、3,000人の中から選ばれた15名の一人。選ばれた時は最年少の17歳でした。

 

なお、同期のメンバーには、朝ドラ常連俳優の中山義紘さん(スカーレット・近藤彬役等)などがいます。

 

◆福助役・井上拓哉さんの詳細プロフはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『あさが来た』(2015年下期)村田清二役、『べっぴんさん』(2016年下期)中山照之役、『わろてんか』(2017年)豆蔵役、『まんぷく』(2018年下期)香田重之役、『おちょやん』(2020年下期)富川福助役で5度目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『いだてん~東京オリムピック噺~』(2019年)藤縄忠役で出演。

 

NHKドラマは、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(2020年)牧村圭吾役で出演。

 

最近の映画は、『決算!忠臣蔵』(2019年)、『居眠り磐音』(2019年)に出演しています。

◆もくじへ ◆『福富』のプロフへ

喜劇界の人たち

おちょやんキャスト 天海一平

天海 一平(あまみ いっぺい)役
成田 凌(なりた りょう)

【役柄】
天海一平は、喜劇一座の座長・天海天海(あまみてんかい)の息子で、喜劇界のプリンス。

女優になったヒロイン・千代(杉咲花)と恋に落ち、二人は結婚します。

「新しい時代の喜劇」を目指して夫婦は奮闘します。

しかし、夫婦は戦争に翻弄されてしまい・・・

【モデル】
天海一平のモデルは、『松竹新喜劇』を創立した喜劇俳優の2代目・渋谷天外(しぶやてんがい)さんです。

◆一平のモデル・2代目渋谷天外さんの史実はコチラ▶

一平の子役

おちょやんキャスト 一平の子役

少年期の一平
中須 翔真(なかす とうま)

成田凌とは?

今をときめく人気俳優の成田凌さんは、1993年11月22日生まれで、2020年に26歳になります。

出身は埼玉県で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアーティスツ』(二階堂ふみさん、黒島結菜さんらが所属)です。

 

成田さんは、2013年に人気ファッション誌『メンズノンノ』の専属モデルとして芸能界デビューを果たし、俳優業にも進出。

 

変幻自在の演技力は絶賛され、出演のオファーが絶えません。

 

2018年~2020年の3年間に映画だけで18作品に出演するなど、超売れっ子俳優の一人です。

 

◆成田凌さんが光物を振り回す!?意外な趣味とは?▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『わろてんか』(2017年下半期)北村隼也役、『おちょやん』(2020年下半期 )天海一平役で2度目の出演です。

 

最近の出演ドラマは、『アリバイ崩し承ります』(2020年・テレビ朝日)渡海雄馬役、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年・フジテレビ)小野塚綾役で出演。

 

最近の映画は、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年)浦野善治役、『弥生、三月-君を愛した30年-』(2020年)主演・山田太郎役、『糸』(2020年)竹原直樹役、『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020年公開予定)今ヶ瀬渉役、『まともじゃないのは君も一緒』(2020年11月公開予定)主演・大野康臣役で出演しています。

◆もくじへ ◆喜劇界のプロフへ


おちょやんキャスト 天海天海

初代・天海天海(あまみ てんかい)役
茂山 宗彦(しげやま もとひこ)

【役柄】

初代・天海天海は、一平(成田凌)の父です。

酒好き女好きで型破りなため、一平からは嫌われています。

天海は、アドリブ王・須賀廼家千之助(星田英利)と一緒に、『天海天海一座』を率いています。

人気を誇る『須賀廼家万太郎一座』を超えるために奮闘していますが、道半ばで倒れてしまい・・・。

【モデル】
天海天海のモデルは、 明治・大正時代に活躍した喜劇俳優の初代・渋谷天外(しぶやてんがい)さんです 。

茂山宗彦とは?

茂山宗彦さんは、狂言方の名門『大蔵流』茂山千五郎家の能楽師であり、俳優としても活躍しています。

1975年(昭和50年)6月4日生まれ、2020年に45歳になりました。出身は京都府京都市です。

 

父の二世・茂山七五三(しげやましめ)さん、祖父の四世・茂山千作(せんさく)さんらに師事し、4歳のときに『以呂波(いろは)』で初舞台を踏みました。

 

茂山さんは舞台だけでなく、子どもへの狂言指導をはじめ、国内外で伝統芸能を広める活動を積極的に行っています。

▼海外で活動する様子


さらに、ミュージカルやテレビドラマ、時には自転車旅の旅人として海外へ行くなど活動の幅は多岐に渡ります。

 

そんな茂山さんは、「もっぴー」の愛称で親しまれ、狂言界のアイコン的存在として人気を誇っています。

 

茂山さんは、過去に朝ドラ2作品に出演しています。

 

特に『ちりとてちん』(2007年下期)では、ヒロインに恋心を寄せる落語家・徒然亭小草若(つれづれてい こそうじゃく)役を好演し、決めゼリフ「底抜けに○○やがな〜!」は人気となりました。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ふたりっ子』(1996年下期)、『ちりとてちん』(2007年下期)徒然亭小草若、4代目・徒然亭草若役、『おちょやん』(2020年下期)初代・天海天海役で3度目の出演です。

 

NHKドラマは、『終のすみか』(1999年)等に出演。

 

NHKドキュメンタリーでは、サイクルツーリング番組『チャリダー★』(2013~2015年)等に出演していました。

◆もくじへ ◆喜劇界のプロフへ

 


おちょやんキャスト 須賀廼家千之助

須賀廼家 千之助(すがのや せんのすけ)役
星田 英利(ほしだ ひでとし)

【役柄】
須賀廼家千之助は喜劇役者です。

アドリブ王と異名をとるほどの実力者で、自分の芸に絶対の自信を持っています。

かつては、一平(成田凌)の父・天海天海(茂山宗彦)と喜劇一座を率いていました。

一平と千代(杉咲花)にとっては師匠でありライバルです。

破天荒な性格の千之助は、トラブルメーカーとして周囲を困らせます。

【モデル】
須賀廼家千之助のモデルは、喜劇役者の曾我廼家十吾(そがのやじゅうご)さんです。

◆千之助のモデル・曾我廼家十吾さんの史実はコチラ▶

星田英利とは?

星田英利さんは、旧芸名『ほっしゃん。』の愛称でも親しまれるお笑いタレントです。

1971年8月6日生まれで、2020年に49歳になりました。

 

大阪府阪南市出身で、『吉本興業東京本社』に所属しています。

 

宮川大輔さんとお笑いコンビ『チュパチャップス』を結成し、1991年にデビューしました。

 

コンビを解散した後、2005年に『第3回R-1ぐらんぷり』で優勝し、ピン芸コンクールの頂点に。

 

近年は存在感のある俳優としても活躍しています。

 

◆ほっしゃんの2度目のプロポーズとは?▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『カーネーション』(2011年下半期)北村達雄役、『まれ』(2015年上半期)蒔絵師・葛西役、『おちょやん』(2020年下半期)須賀廼家千之助役で3度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『花燃ゆ』(2015年)小野為八役、『おんな城主直虎』(2017年)刀傷の男役で出演。

 

最近の出演ドラマは、『砂の器』(2019年・フジテレビ)山岡友也役、『ブラック校則』(2019年・日本テレビ)手代木豊役で出演。

 

最近の出演映画は、『WALKING MAN』(2019年)柳下勝弘役、『酔うと化け物になる父がつらい』(2020年)中谷役等で出演しています。

◆もくじへ ◆喜劇界のプロフへ

 


おちょやんキャスト 須賀廼家万太郎

須賀廼家 万太郎(すがのや まんたろう)役
板尾 創路(いたお いつじ)

【役柄】
須賀廼家万太郎は、喜劇の巨人、喜劇王です。

『須賀廼家万太郎一座』を主宰し、大阪だけでなく東京でもずば抜けた観客動員数を誇っています。

千代(杉咲花)や一平(成田凌)たちは、万太郎を超えることを目指して奮闘していきます。

【モデル】
万太郎のモデルは、喜劇役者・曾我廼家五郎(そがのやごろう)さんです。

笑って泣かせるスタイルを貫き、『日本のチャップリン」と呼ばれた伝説の人物です。

 

板尾創路とは?

板尾創路さんは、お笑いコンビ『130R』のボケ担当で、俳優としても活躍しています。

1963年(昭和38年)7月18日 生まれで2020年に57歳。大阪府富田林市出身で『吉本興業』に所属しています。

 

130Rは『吉本総合芸能学院(NSC)』の4期生でシュールなネタが特徴で人気です(相方は、ほんこんさん)。

 

ただし、2020年現在、コンビ活動は休止状態になっています。

 

近年は俳優業が多い板尾さんは、個性のあふれる存在としてもドラマや映画に出演を重ねています。

 

また、2017年公開の映画『火花』をはじめ、映画監督・脚本家としても才能を発揮しています。

 

▼息の合ったコンビ愛


★出演経歴

NHK朝ドラは、『芋たこなんきん』(2006年下期)池内幸三役、『カーネーション』(2011年下期)末松商店店主役、『まれ』(2015年上期)紺谷博之役、『おちょやん』(2020年下期)須賀廼家万太郎役で4度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)村田大作役に出演。

 

NHKドラマは、『雲霧仁左衛門3』(2017年)関口雄介役、『おしい刑事』(2019年)伊多田清役等に出演。

 

最近のドラマは、『監察医朝顔』(2019年・フジテレビ)藤堂雅史役、『世にも奇妙な物語’19秋の特別編・ソロキャンプ』(2019年・フジテレビ)主演・藤原丈人役等に出演。

 

最近の映画は、『おいしい家族』(2019年)青治役、『決算! 忠臣蔵』(2019年)戸田権左衛門役等に出演しています。

◆もくじへ ◆喜劇界のプロフへ

 


おちょやんキャスト 熊田

熊田(くまだ )役
西川 忠志(にしかわ ただし)

【役柄】
熊田は、劇場の支配人です。

鶴亀株式会社の社員で社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)の忠実な部下。

舞台に立つ役者たちに、鶴蔵の意向を伝えるメッセンジャーのような役割を担っています。

熊田は、千代(杉咲花)が芝居の魅力に気づくきっかけをつくる存在です。

西川忠志とは?

西川忠志さんは、吉本新喜劇などで活躍する俳優です。

1968年(昭和43年)4月20日生まれ、2020年に52歳になりました。出身は大阪府で、現在の所属事務所は『吉本興業』です。

 

父親は日本を代表するお笑い芸人の西川きよしさん、母親はタレントのヘレンさん。そして、弟は元俳優で飲食店経営の西川弘志さん、妹はタレントの西川かの子さんという芸能一家の長男として育ちました。

 

芸能界にデビューしたのは大学生時代で、それ以降ドラマや映画などで活躍。そして、2009年に『吉本興業』に移籍。

 

現在は『吉本新喜劇』で父・きよしさんと親子二代で舞台に立つほか、関西ローカルのバラエティ番組でレギュラーなど幅広く活躍しています。

 

父親ゆずりの実直で真面目な性格の西川さんは、きよしさん同様に多くの人々に愛されています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『凛凛と』(1990年上期)与平役、『天花』(2004年上期)岡崎誠、『芋たこなんきん』(2006年下期)花岡茂役、『ごちそうさん』(2013年下期)魚屋店主・銀次役、『まんぷく』(2018年下期)波多野茂吉役、『おちょやん』(2020年下期)熊田役で6度目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『秀吉』(1996年)織田信忠役で出演しています。

◆もくじへ ◆喜劇界のプロフへ

上方演劇界の人たち

おちょやんキャスト 鶴亀 大山社長

大山 鶴蔵(おおやま つるぞう)役
中村 鴈治郎(なかむら がんじろう)

【役柄】
大山鶴蔵は、『鶴亀』の社長。

道頓堀に連なる芝居小屋を牛耳る上方演劇界のドンです。

冷徹な経営者でありながら、無類の芝居好き。そのため、芝居関係者からすると敵にも味方にもなります。

そして、女優を目指す千代(杉咲花)の転機に大きく関わります。

【モデル】
大山鶴蔵のモデルは、『松竹』創業者の白井松次郎(しらいまつじろう)さんです。

◆大山のモデル・白井松次郎さんの史実はコチラ▶

中村鴈治郎とは?

中村鴈次郎さんは、上方歌舞伎界をけん引する歌舞伎俳優です。

1959年(昭和34年)2月6日生まれ、2020年に61歳になりました。

 

『初代・中村鴈治郎』の曾孫にあたり、2015年に『中村鴈治郎』の四代目を襲名しています。

 

父は人間国宝の四代目・坂田藤十郎さんで、母は元宝塚スターで日本初の女性参議院議長を務めた扇千景さんです。そして、女優の中村珠緒さんは叔母です。

 

鴈治郎さんは、【おちょやん】で2度目の朝ドラ出演となりますが、なんと42年ぶりの朝ドラ出演を果たしました!

 

◆中村鴈治郎さんの42年前の初々しい様子はコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『おていちゃん』(1978年下半期)ヒロインの弟・大沢直次役、『おちょやん』(2020年下半期)大山鶴蔵役で、2度目の出演です。

◆もくじへ ◆上方演劇界のプロフへ


おちょやんキャスト 高城百合子

高城 百合子(たかしろ ゆりこ)役
井川 遥(いがわ はるか)

【役柄】
高城百合子は、圧倒的な美貌と演技力で数多くのファンたちを魅了するスター女優です。

百合子の芝居に魅了された千代(杉咲花)は、役者を目指す思いが強くなります。

千代に対して百合子は女優としての心構えをアドバイスします。

 

舞台から映画女優に転向した百合子は、共演の俳優と駆け落ちしてしまいました。

その後、小暮真治(若葉竜也)と結婚し、千代の前に現れます。

 

そんな百合子は、つかみどころがなく、浮世離れしています。

また、かつて飼っていた九官鳥のレイチェルが千代に似ていると思っています。

井川遥とは?

井川遥さんは、1976年6月29日生まれで、2020年に44歳です。

出身は東京都墨田区で、所属事務所は『エフ・エム・ジー』(松尾諭さんらが所属)です。

 

癒し系美女と呼ばれる井川さんは、男女問わず人気を誇りCMキャラクターとしても人気を誇っています。

 

また、女優・モデルのほかに、ファッションブランドのプロデューサーとしても活躍中です。

 

そんな井川さんの夫は、ファッションブランド『ato(アトウ)』などを手掛ける人気ファッションデザイナー・松本与(まつもとあとう)さんです。

 

◆井川遥さんの夫の家系は歴史の教科書みたい?!▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『純情きらり』(2006年上半期)有森杏子役、『半分、青い。』(2018年上半期)菱本若菜役、『おちょやん』(2020年下半期)高城百合子役で3度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『風林火山』(2007年)伊勢役、『花燃ゆ』(2015年)高須久子役で出演。

 

最近の出演ドラマは、『半沢直樹』(2020年・TBS)智美役で出演しています。

◆もくじへ ◆上方演劇界のプロフへ

京都・キネマの仲間たち

おちょやんキャスト 西村和彦

宮元 潔(みやもと きよし)役
西村 和彦(にしむら かずひこ)

【役柄】
宮元潔は、カフェー『キネマ』の店主です。

生まれも育ちも京都です。

店名の『キネマ』は、潔が活動写真(映画)が大好きなことが由来。

潔は自分自身は監督だと言い、メガホンを片手に「本番、よーい、はい!」が口癖です。

女優を目指す千代(杉咲花)や女給たちを温かく見守っています。

西村和彦とは?

西村和彦さんは、1966年(昭和41年)8月21日生まれ、2020年に54歳になりました。

出身は京都市伏見区で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアーティスツ』(成田凌さんらが所属)です。

 

1988年にアクション俳優としてデビューした西村さんは、「ファイト、一発!」で知られる『大正製薬・リポビタンD』(1991年)のイメージキャラクターに起用されて知名度を上げました。

 

▼ファイト~!いっぱ~つ!


西村さんは肉体派俳優として頭角を現す一方で、甘いマスクを活かしてトレンディドラマ等でも活躍します。

 

これまで、『警視庁鑑識班』シリーズ(日本テレビ)、『緋の十字架』(フジテレビ)など多数の主演作品があります。

 

なお、実家は京都市内の『伏見稲荷大社』の境内にある有名な食事処の『仁志むら亭』です。

 

地元愛が深い西村さんは、バラエティー番組や情報番組等で京都の魅力を発信し続けています。

 

プライベートでは、一男一女を育てるイクメンシングルファーザーとしても知られています。

 

また、学生時代からハンドボールの選手で、現在もマスターズチームでプレーしています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ぴあの』(1994年上期)宮下達郎役、『おちょやん』(2020年下期)宮元潔役で2度目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『武蔵 MUSASHI』(2003年)伊達政宗役で出演。

 

最近のドラマは、『三匹のおっさん』(2018年・テレビ東京)吉田光一役、『執事西園寺の名推理』(2018年・テレビ東京)錦野省吾役、『ただいま大須商店街』(2019年・東海テレビ)近藤大輔役等に出演しています。

◆もくじへ ◆キネマのプロフへ


おちょやんキャスト  宇野真理

宇野 真理(うの まり) 役
吉川 愛(よしかわ あい)

【役柄】
宇野真理は、『キネマ』の女給。

同店で働くことになった千代(杉咲花)のルームメイトになります。

富山の実家を飛び出してきた真理は、カフェーで働きながら千代と一緒に女優を目指していきます。

吉川愛とは?

吉川愛さんは、子役時代から活躍する実力派s女優さんです。

1999年(平成11年)10月28日生まれで、2020年に21歳になります。

 

出身は東京都で、所属事務所は『研音』(ヒロイン役・杉咲花さんらが所属)です。

 

吉川さんは、3歳の時に吉田里琴(よしだりこ)の名前で芸能界入りしました。

 

7歳で出演したドラマ『ホタルノヒカリ』(2007年・日本テレビ)では、ヒロイン・蛍(演:綾瀬はるかさん)の幼少期を演じて注目を集めました。

 

さらに、2012年公開の映画『ひみつのアッコちゃん』の主人公・加賀美あつ子役を、吉川さんが子役、綾瀬さんが大人役を演じています。

 

また、NHK朝ドラでは、『あまちゃん』(2013年上期)でアイドルグループ『アメ横女学園』の高幡アリサ役でアイドルキャラを演じました。

 

人気子役でしたが、2016年4月に学業に専念するために芸能活動を一旦引退。しかし、翌年4月に『吉川愛』の名前で再デビューを果たしました。

 

復帰後はNHK大河ドラマへ出演したり、『3代目マイナビウエディングガール』を務めるなど順調にキャリアを重ねています。


映画で主演に抜擢されるなど、吉川さんは今後が飛躍が期待される若手女優の一人です。

◆吉川愛さんの天才子役時代はコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは『あまちゃん』(2013年上期)高幡アリサ役、『おちょやん』(2020年下期)宇野真理役で2度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、 『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)田畑あつ子役に出演。

 

最近のドラマは、『初めて恋をした日に読む話』(2019年・TBS)江藤美香役、『恋はつづくよどこまでも』(2020年・TBS)酒井結華役等で出演。

 

最近の映画は、『ホットギミックガールミーツボーイ』(2019年)瑠璃役、『転がるビー玉』(2020年)主演・愛役、『のぼる小寺さん』(2020年)倉田梨乃役、『ハニーレモンソーダ』(2021年予定)ヒロイン・石森羽花役等に出演しています。

◆もくじへ ◆キネマのプロフへ


おちょやんキャスト 岩崎洋子

若崎 洋子(わかさき ようこ)役
阿部 純子(あべ じゅんこ)

【役柄】
若崎洋子は、『キネマ』の一番人気の女給。

生まれも育ちも京都です。

容姿端麗で客から人気がありますが、客を上手にあしらっています。

女優志望の陽子は活動写真(映画)に出演した経歴があります。

華やかそうに見えますが、実は苦労人という側面も。

結婚生活よりも仕事を選んだ洋子は離婚歴があり、息子・進太郎は元夫のもとで暮らしています。

阿部純子とは?

阿部純子さんは、映画やドラマに数多く出演する実力派女優です。

1993年(平成5年)5月7日生まれで、2020年に27歳になりました。

 

出身は大阪府、所属事務所は『アミューズ』(福山雅治さん、富田靖子さんなど)です。

 

小学生の時に、吉永淳(よしながじゅん)の名前でモデルデビューし、中学生時代はローティーン向けファッション誌『Hana* chu→』専属モデルとして活躍。

 

そして、2010年に映画『リアル鬼ごっこ2』のヒロイン役に抜擢されて女優デビューを果たします。

 

21歳の時に出演した映画『2つ目の窓』(2014年・川瀬直美監督)で、第4回サハリン国際映画祭主演女優賞、第29回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞して注目を浴びました。


その後、演技を学ぶためにアメリカ『ニューヨーク大学』の演劇科で1年間留学を経験。

 

帰国後、本名の阿部純子として女優活動を再スタートします。

 

朝ドラでは、『とと姉ちゃん』(2016年上期)でヒロインの親友・中田綾役を好演しました。

★出演経歴

NHK朝ドラは『とと姉ちゃん』(2016年上期)村野(中田)綾役、『おちょやん 』(2020年下期)若崎洋子役で2度目の出演となります。

【とと姉ちゃん】より

NHKドラマは、『4号警備』(2017年)上野由宇役等に出演。

 

最近のドラマは、『ノーサイド・ゲーム』(2019年・TBS)藤島レナ役、『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』(2020年・テレビ朝日)石田貴理子役、『おかしな刑事23』(2020年・テレビ朝日)我妻玲奈役等で出演。

 

最近の映画は、『ソローキンの見た桜』(2019年)主演・高宮桜子/武田ゆい(二役)役、『あなたみたいに、なりたくない』(2019年)主演・鈴木恵役、『燃えよ剣』(2020年公開予定)糸里役、『461個のおべんとう』(2020年公開予定)矢島真香役、『Daughters』(2020年公開予定)主演・清川彩乃役等に出演しています。

◆もくじへ ◆キネマのプロフへ


おちょやんキャスト 平田六郎

平田 六郎(ひらた ろくろう)役
満腹 満(まんぷく みつる)

【役柄】
平田六郎はキネマのボーイです。

出身は神戸で、店長の宮元から『助監督』と呼ばれています。

暴走しがちな店長を上手にコントロールしています。

満腹満とは?

満腹満さんは、1984年(昭和54年)9月2日生まれで、2021年に37歳になります。

京都府出身で所属事務所は『舞夢プロ』(吹石一恵さんらが所所属)です。

 

満腹さんは、舞台を中心に、映画やドラマと活動しています。

 

ラグビー出身者で作る京都拠点の劇団『THE ROB CARLTON』で主に活動しています。

 

あどけない顔と巨体とインパクトある名前の満腹さんが、一躍有名になったのが朝ドラ『まんぷく』(2019年)です。

 

同ドラマ内で『まんぷくヌードル』をおいしそうにすする姿と名前が話題を呼び、Yahoo!のリアルタイム検索で話題のキーワード入りするなど話題となりました。

 

ちなみに、大食感に見えそうで、意外と少食なのだそうですよ。

 

そんな満腹さんの趣味は幅広く、料理、ゴルフ、スポーツ観戦、釣りなどだそうです♪

★出演経歴

NHK朝ドラは『わろてんか』(2018年下期)記者役、『まんぷく』(2019年下期)なにわタクシー・内村大樹役、『おちょやん』(2020年下期)平田六郎役で3作目の出演となります。

 

NHKドラマは、『ライジング若沖~天才かく覚醒せり~』(2021年)桝屋の丁稚役で出演。

 

最近のテレビドラマは、『ミナミの帝王ZERO』(2019年・関西テレビ)社員B役、『探偵 由利麟太郎』(2020年・関西テレビ)リサイクル場作業員役等で出演しています。

 

その他、舞台、WEBドラマ、TVCM等で活躍中です。

◆もくじへ ◆キネマのプロフへ

おちょやんキャスト 京子

京子(きょうこ)役
めがね

【役柄】
京子は、お客から金を巻き上げることだけを考える女給です。

その昔、男にひどい捨てられ方をされたため、男に復讐するために女給をしています。

出身は大阪の岸和田です。

めがねとは?

めがね(本名:渡邉みな)さんは、1999年(平成11年)6月5日生まれで、2021年に22歳になります。

大阪府出身で、所属事務所は『ソニーミュージックエンターティメント』(二階堂ふみさんらが所属)です。

 

舞台女優として活躍するめがねさんですが、実は、約35万人の登録数を誇るYoutubeチャンネル『めがねっとわーく』を運営するトップユーチューバーです。


14歳の頃から舞台女優を目指していためがねさんは、現役女子高生の時に、友人のぷるこさんと『ふぉっさまぐなぁず』というYouTubeチャンネルを開設しました。

 

そこで、コントや高校生に流行っている遊びの紹介、ファッション企画、メイク企画などのコンテンツは女子高生を中心に話題を呼び、一躍人気ユーチューバーとなりました。

 

また、ファッションブランドのイメージガールを務めるなど飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

最近のドラマは、『ハイポジ1986年、二度目の青春。』(2020年・BSテレ東)丸尾佳代役で出演しています。

◆もくじへ ◆キネマの仲間たちプロフへ

おちょやんキャスト 純子

純子(じゅんこ)役
朝見 心(あさみこころ)

【役柄】
純子は病気の夫に代わって家族を養っている女給です。

地元・京都の出身です。

朝見心とは?

朝見心さんは、1985年(昭和55年)9月30日生まれで、2021年に36歳になります。

 

京都府出身で所属事務所は『ステッカー』(清野菜名さんらが所属)です。

 

舞台などで活躍する朝見さんは、TVCM界では有名な存在です。

 

2018年、2019年に『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)において、有名人気さんが居並ぶ中でランキング上位に入っています。

 

また、2020年も9社とCM契約中です。

 

何かのCMで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。


幼い頃から『吉本新喜劇』を見て育ってきた朝見さんは、中学を卒業して時に新喜劇に入るか、高校に進学するほど悩んだほどだそうです。

 

その後、モデルに憧れながらも大学を卒業し、大阪の会社で営業職をしていたのだとか。

 

なんと、外回り営業中に街でカットモデルのスカウトされたことで、モデルへの思いがあふれてきたそうです。

 

その勢いで会社を辞めて上京したという、行動派の方です。

 

そんな朝見さんの特技は、『フルート』と『絵』を描くことだそうです♪

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です。

 

最近のドラマは、『背徳の夜食』(2019年・東海テレビ)佐伯正美役、『新しい王様』(2019年・TBS)、『病室で念仏を唱えないでください』(TBS)、『CODE1515』(2020年・BSフジ) 主婦役で出演。

 

最近の映画は、『40万分の1』(2018年)沢琴子役、『新卒ポモドーロ』(2019年)徳田香織役、『レディ・トゥ・レディ』(2020年)永山美結役で出演しています。

 

その他数多くのTVCMに出演中です

◆もくじへ ◆キネマのプロフへ

京都・千鳥一座の人たち

おちょやんキャスト 山村千鳥

山村 千鳥(やまむら ちどり)役
若村 麻由美(わかむら まゆみ)

【役柄】
山村千鳥は、京都にある芝居小屋『山村千鳥一座』の女座長です。

性格はわがままでクセがありますが、凄まじいほど芝居へ情熱があります。

千鳥は、女優を目指す千代(杉咲花)の最初の師匠となり、演技の基礎を叩き込みます。

【モデル】
山村千鳥のモデルは、京都で『村田栄子一座』を主宰していた女優・村田栄子(むらたえいこ)さんです。

◆千鳥のモデル・村田栄子さんの史実はコチラ▶

若村麻由美とは?

若村麻由美さんは、和服が似合う演技派女優です。

1967年1月3日生まれで、2020年に53歳になりました。

 

東京都練馬区出身で、所属事務所は『トライストーン・エンタテイメント』(小栗旬さん、田中圭さんなど所属)です。

 

若村さんは、日本を代表する名優・仲代達也さんが主宰する俳優養成所『無名塾』で演技の基礎を学びました。

 

その後、朝ドラ【はっさい先生】(1987年下半期)のヒロイン役で、人気女優の仲間入りします。

 

以降、ドラマや映画、舞台などで主演・脇役問わず、精力的に活躍しています。

 

◆若村麻由美さんは最年少で名取?!15歳の頃の写真はコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『はっさい先生』(1987年下半期)ヒロイン・早乙女翠役、『純と愛』(2012年下半期)待田多恵子役、
『半分、青い。』(2018年上半期) 佐野弓子役、『おちょやん』(2020年下半期)山村千鳥で4度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『春日局』(1989年)お楽役、『信長』(1992年)なべ役、『篤姫』(2008年)観行院役、『花燃ゆ』(2015年)椋梨美鶴役で出演。

 

最近の出演ドラマは、『ハケン占い師アタル』(2019年・テレビ朝日)キズナ役、『科捜研の女・シーズン19』(2019年・テレビ朝日)等に出演。

 

最近の出演映画は、『一粒の麦 荻野吟子の生涯』(2019年)主演・荻野吟子役、『みをつくし料理帖』(2020年公開予定)芳役、『老後の資金がありません』(2021年公開予定)で出演しています。

◆もくじへ ◆千鳥一座の人たちプロフへ


おちょやんキャスト 薮内清子

薮内 清子(やぶうち きよこ)役
映美 くらら(えみ くらら)

【役柄】
薮内清子は、『山村千鳥一座』の座員です。

座長の山村千鳥(若村麻由美)に心酔しています。

わがままな千鳥に振り回され続けてもへこたれることはなく、どこまでもついていこうとします。

映美くららとは?

映美くららさんは、元宝塚歌劇団『月組』のトップ娘役で、現在はドラマ等で活躍する女優です。

1979年(昭和54年)6月15日生まれで、2020年に41歳です。

 

熊本県菊陽町出身で、所属事務所は『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』(篠原涼子さんなど所属)です。

 

映美さんは、1997年に宝塚歌劇団の養成所『宝塚音楽学校』85期生に合格し、1999年4月に『宝塚歌劇団』に入団しました。

 

『星組』を経て、22歳になる2001年に『月組』に組替えし、現在は女優として活躍する紫吹淳さんの相手役として、入団3年目でトップ娘役に抜擢されました。

映美さん(左)と紫吹淳さん(右)

数多くの舞台で活躍後、25歳の時に宝塚を退団。

 

その後はテレビや舞台で活動をはじめ、32歳の時には、ドラマ『鈴子の恋  ミヤコ蝶々女の一代記』(2012年・フジテレビ)で主演・ミヤコ蝶々役を好演しました。

 

朝ドラでは、『純と愛』(2012年後期)でヒロインの同僚・天草蘭(通称・セクシーさん)役で注目を集めました。

 

プライベートでは、2015年に5歳年上の実業家と結婚し、一男一女に恵まれています。

★出演経歴

NHK朝ドラは『純と愛』(2012年下期 )天草蘭役、『おちょやん』(2020年下期)薮内清子役で2度目の出演となります。

 

NHKドラマは、 『4号警備』(2017年)上野由宇役等に出演。

 

最近のドラマは、『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(2019年・読売テレビ)望月亮子役、『警視庁・捜査一課長スペシャル8』(2020年・テレビ朝日)薄田飛鳥役等で出演。

 

最近の映画は、『461個のおべんとう』(2020年公開予定)浅井周子役に出演しています。

◆もくじへ ◆千鳥一座の人たちプロフへ

京都・鶴亀撮影所の人たち

おちょやんキャスト 小暮真治 こぐれさん

小暮 真治(こぐれ しんじ)役
若葉 竜也(わかば りゅうや)

【役柄】
小暮真治は『鶴亀撮影所』の助監督。

いつか監督をすることを夢見ながら走り回っています。

撮影所の大部屋女優になった千代(杉咲花)のことを気にかけ、何かと世話を焼きます。

千代の初恋相手でした。

千代にプロポーズしたものの、フラれてしまいました。

助監督を辞めた後、かつての片思いの相手・高城百合子(井川遥)と結婚し千代の前に現れます。

若葉竜也とは?

若葉竜也さんは、31歳にして芸歴30年を誇ります。

1989年(平成元年)6月10日生まれで、2020年に31歳になりました。

 

出身は東京都練馬区で、所属事務所は『N・F・B』(小島聖さんなどが所属)です。

 

若葉さんは、生後1歳3カ月から大衆演劇『若葉劇団』の舞台に立ち、『チビ玉三兄弟』として脚光を浴びました。

 

そして、映像作品デビューは8歳の時で、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』(1998年)で主人公・慶喜の幼少期を好演。

 

その後、ビートたけしさんの小説をドラマ化した『菊次郎とさき』(2003年・テレビ朝日)、『ごくせん第3シリーズ』(2008年・日本テレビ)、『赤い糸』(2008年・フジテレビ)など話題作に出演。

 

27歳だった2016年には、映画『葛城事件』で死刑囚と難役を好演し、第8回『TAMA映画賞』最優秀新進男優賞を受賞しました。

 

◆若葉竜也さんの詳細プロフはコチラ!▶

 

▼若葉さんの最新主演映画


若葉さんは、陰のある役からアクの強い役までなりきれる演技派俳優として注目されています。

 

さらに、役者だけではなく映画製作も手掛けています。

 

若葉さんが監督を務めた映画『蝉時雨』は、2018年の『門真国際映画祭』にて最優秀作品賞を受賞するなど作り手としても高い評価を獲得しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

NHK大河ドラマは、『 徳川慶喜』(1998年)七郎麿役で出演。

 

NHKドラマは、『モーニング娘。“LOVEマシーン”』(2017年・BSP)主演・満島龍平役、『怪談牡丹燈籠』(2019年1・BSP)黒川孝助役で出演。

 

最近のドラマは、『有村架純の撮休』(2020・WOWOW)田中役で出演。

 

最近の映画は、『愛がなんだ』(2019年)ナカハラ役、『台風家族』(2019年)佐藤登志雄役、『ワンダーウォール劇場版』(2020年)ドレッド役、『生きちゃった』(2020年公開予定)武田役、『街の上で』(2021年公開予定)主演・荒川青役で出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト 所長 片金平八

片金 平八(かたがね へいはち)役
六角 精児(ろっかく せいじ)

【役柄】
片金平八は、鶴亀撮影所・所長で、通称『カタキン』と呼ばれています。

普段は偉そうに振る舞っていますが、大山社長(中村鴈治郎)には頭が上がりません。

所長室では、フンドシ姿で空手の型をしています。

六角精児とは?

六角精児さんは、名バイプレイヤーであり、時には主役も務める個性派俳優です。

1962年(昭和37年)6月24日生まれで、2020年に58歳になりました。

 

出身は兵庫県高砂市で、所属は『劇団扉座』です。

 

六角さんは学習院大学在学中に、高校時代の演劇の先輩・横内謙介さんが旗揚げする劇団『善人会議』(現在は扉座)に参加。

 

同劇団の主力俳優として活躍し、1990年以降はテレビや映画にも進出し数多くの作品に出演します。

 

そして、人気ドラマシリーズ『相棒』の鑑識官・米沢守役で人気に火が付きます。

 

2009年には同作のスピンオフ映画『鑑識・米沢守の事件簿』で映画初主演を飾りました。

 

そんな六角さんですが、ギターの名手としても有名で、定期的に弾き語りライブを行っています。


また、お酒と鉄道に目がない六角さんの素顔が垣間見られる『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』(2015年~不定期放送・NHK-BSP)は、放送の度に大きな反響が起こる人気シリーズとなっています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『こころ』(2003年上期)丹下雅紀役、『純情きらり』(2006年上期)松浦利雄役、『カーネーション』(2011年下期)松田恵役、『まれ』(2015年上期)安西隼人役、『半分、青い。』(2018年上期)西園寺満役、『おちょやん』(2020年下期)片金平八役で6度目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『武蔵』(2003年)黒崎弥六役、『おんな城主直虎』(2017年)本多正信役で出演。

 

NHKドラマは、『みかづき』(2019年)国分寺努役など多数。

 

最近のドラマは、『Giri/Haji』(2020年・BBC×Netflix)自称宝石泥棒役、『鉄の骨』(2020年・WOWOW)長岡昇役、『ハケンの品格2』(2020年・日本テレビ)牟田吉男役等に出演。

 

最近の映画は、『くらやみ祭りの小川さん』(2019年)主演・⼩川秀治役、『前田建設ファンタジー営業部』(2020年)フワ役で出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト  守衛 守屋

守屋(もりや)役
三代目・渋谷 天外(しぶや てんがい)

【役柄】
守屋は『鶴亀撮影所』の守衛です。

ミステリアスで経歴は不明。

撮影所の門を行き来する数多くの女優を見続けてきました。

新米女優の千代(杉咲花)を温かく見守ります。

渋谷天外とは?

三代目・渋谷天外さんは、関西を代表する喜劇俳優の一人です。

1954年(昭和29年)12月1日生まれ、2020年に65歳になります。

 

出身は大阪府で、『松竹新喜劇』の代表を務めています。

 

父は『松竹新喜劇』の創立した喜劇俳優・劇作家の二代目・渋谷天外さんで、【おちょやん】で成田凌さんが演じる天海一平のモデルです。

 

母は同劇団で女優をしていた九重京子(渋谷喜久栄)さん、兄は渋谷成男さんです。

 

渋谷さんは、大学卒業後の1977年に『松竹新喜劇』に入団し、昭和の喜劇王・藤山寛美さんのもとで俳優修行を積みました。

 

なお、藤山さんが名付け親となり『渋谷天笑(しぶやてんしょう)』の芸名を名乗り数多くの舞台を踏みます。

 

そして、30歳になる1984年に劇団を離れ、東京を拠点にテレビドラマをメインに活動をはじめます。

 

しかし、37歳だった1991年に恩師・藤山さんが逝去し、強い気持ちに動かされて『松竹新喜劇』の代表に就任。

 

翌年に、名跡『三代目・渋谷天外』を襲名しました。

 

▼笑いの伝統の守る渋谷さん


以降、現在まで座長として舞台運営を行いながら、円熟味のある役者として人気を誇っています。

 

プライベートでは、松竹新喜劇の女優・滝由女路(たきゆめじ)さんと結婚し、二人の娘に恵まれています。

 

なお、「おしどり夫婦」と評判だった奥様とは、2018年に死別されました。

★出演経歴

NHK朝ドラは『都の風』(1986年下期)忠七役、『和っこの金メダル』(1989年下期)、『まんぷく』(2018年下期)熊倉源三郎役、『スカーレット』(2019年下期)城崎剛造役、『おちょやん』(2020年下期)守屋役で5度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『真田太平記』(1986年)姉山甚八 役、『炎立つ』(1993年)清原武衡役で出演。

 

NHKドラマは、『立花登青春手控え3』(2018年)加賀屋伝助役など多数。

 

最近のドラマは、『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(2019年・BSテレ東)河内屋太郎兵衛に出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト ジョージ本田

ジョージ本田(じょーじ ほんだ)役
川島潤哉(かわしま じゅんや)

【役柄】
ジョージ本田は、アメリカ・ハリウッド帰りの監督です。

ただし、ハリウッドで映画関係に携わっていたわけでなく、ただ住んでいただけでした。

ジョージは、千代に『バンブー・ベロニカ』を命名しようとしましたが、やんわり断られました。

そんなジョージの口癖は「ガッテーム」です。

川島潤哉とは?

川島潤哉さんは、1979年(昭和54年)5月12日生まれで、2021年に42歳になります。

出身は東京都で、所属事務所は『空』(古舘寛治さんらが所属)です。

 

川島さんは、朝ドラ常連俳優で【おちょやん】は5作目。

 

前作の【エール】では、志村けんさん演じる小山田先生の秘書として出演していました。

 

そんな川島さんは、東京都立大学を卒業後に、ベーシストとして参加するバンド活動と並行して演劇を始めました。

 

26歳だった2005年から、劇団『コマツ企画』に所属し、2010年までの全公演に参加しています。

 

その一方で、川島さん自ら脚本と演出を手がける一人演劇『孤天』も発表しました。

 

2009年公開の映画『曲がれ!スプーン』で映画デビューして以降、映画、ドラマなどでも幅広く活躍しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ゲゲゲの女房』(2010年上期)、 『純と愛』(2012年下期)皆川直樹役、『なつぞら』(2019年上期)宮田役、『エール 』(2020年上期)猿橋重三役、『おちょやん』(2021年下期)ジョージ本田役で5作目の出演です。

 

NHKドラマは、『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』(2019年)尾崎乏しい役で出演。

 

最近のドラマは、『時効警察はじめました』(2019年・テレビ朝日)水野監督役、『絶対零度』(2020年・フジテレビ)松永直哉役等に出演しています。

 

最近の映画は、『任侠学園』(2019年)、『AWAKE』等に出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト ミカ本田

ミカ本田(みか ほんだ)役
ファーストサマーウイカ

【役柄】
ミカ本田はハリウッド帰りの女優。

夫は、監督のジョージ本田です。

駆け落ちした高城百合子に代わって『太陽の女カルメン』の主役をつかみます。

ファーストサマーウイカとは?

ファーストサマーウイカさんは、1990年(平成2年)6月4日生まれで、2021年31歳になります。

大阪府大阪市出身で、所属事務所は『キューブ』(松下洸平さんらが所属)です。

 

巧みなトーク力で人気のファーストサマーウイカさんの名前は、本名の初夏(ういか)が由来です。

 

競争の激しい芸能界で生き残るために、今まで存在しない造語として『ファーストサマーウイカ』と自ら命名したのだとか。

 

さらに、セルフプロデュースに長けたウイカさんは、『かきあげ前髪・関西弁・ヤンキーキャラ』という設定を磨きこみ、今日の地位を獲得しています。

 

そんなウイカさんは、中学・高校時代は吹奏楽部やロックバンドのドラマーとして音楽にのめり込んでいたのだとか。

 

高校卒業後に声優を目指して専門学校に入ったものの、役者志望に方向転換し大阪の劇団に入りしました。

 

そして、22歳で上京し、過激な演出のアイドルグループ『BiS』の1期生として活躍し、グループ解散後は『BILLIE IDLE』として活動しました。

 

音楽活動やバラエティタレントとして活躍する一方で女優としてもキャリアを積み重ねています。

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です。

 

最近のドラマは、『凪のお暇』(2019年・TBS)全10話で異なる役、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(2020年・TBS)鴨志田芽衣子役で出演しています。

 

最近の映画は、『約束の時間』(2019年)キョウコ役で出演しています。

 

その他、バラエティ番組、ラジオ、CM等で活躍しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやん梅子

梅子(うめこ)役
星蘭ひとみ(せいらひとみ)

【役柄】
撮影所で制作中する映画に、伯爵令嬢・梅子役で出演した女優です

(第7週32話に出演)

星蘭ひとみとは?

星蘭ひとみさんは、1994年5月26日生まれで、2021年に27歳になります。

 

東京都港区出身で、本名は吉原真由さんです。

 

 

2015年に101期生として宝塚歌劇団『星組』に入団した星蘭さんは、抜群のスタイルと圧倒的な美貌で注目を集めます。

 

 

星組の娘役を経て、専科に移った星蘭さんは、宝塚在籍中に連続テレビドラマに出演。

 

 

その後、2020年11月30日に宝塚から退団を発表しました。

 

 

女優に専念するかと思われましたが、トヨタ自動車社長の長男・豊田大輔さんとの結婚を発表しています。

 

◆梅子役・星蘭ひとみさんは佳子様のご学友で結婚相手はトヨタ御曹司!▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です。

 

NHKドラマは、『経世済民の男 小林一三・後編」(2015年)宝塚歌劇団の団員役で出演。

 

ドラマは、『おカネの切れ目が恋のはじまり』(2020年・TBS)聖徳まりあ役で出演しました。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト 遠山弥生

遠山 弥生(とうやま やよい)役
木月あかり(きづき)

【役柄】
遠山弥生は、大部屋女優です。

新人として入ったきた千代(杉咲花)を、いじめるリーダー格です。

千代にピンチを救ってもらったことで、千代に謝罪し、役を譲ります。

木月あかりとは?

木月あかりさんは、1994年(平成6年)4月20日生まれで、2021年に27歳になります。

おちょやんキャスト 遠山弥生

兵庫県出身で、所属事務所は『ボックスコーポレーション』(相武紗季さんらが所属)です。

 

木月さんは、元タカラジェンヌです。

 

98期生として2012年に宝塚歌劇団に入団すると、『雪組』の男役・叶海世奈(かなみ・せな)として活躍し、2018年に退団しました。

 

長く男役だったため、宝塚退団後に女性らしい所作を身に付けようと強く意識したのだとか。

 

その後、同郷の女優・相武紗季さんのようになりたいと考えた木月さんは、相武さんの所属する事務所をアポなしでたずねます。

 

そして、社長面接で即採用を勝ち取ったという逸話をお持ちです。

 

自らのYouTubeチャンネルでは、自宅浴室から美声を響かせる『ふろカラ』などを配信しています。

 

美声を発信する一方で、エビが好きが高じて『エビメタル』というデスメタルを披露するなど、ギャップにビックリです!

 

そんな木月さんは、三味線『藤本流名取』とのことですよ♪

★出演経歴

朝ドラは初出演です!

 

テレビドラマは、『彼らを見ればわかること』(2020年・WOWOW)ハムレット役で出演。

 

映画は、『ラストリモートショー』(2020年)ケイコ役で出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト 川奈絹江

川奈 絹江(かわな きぬえ)役
和泉(いずみ)

【役柄】
川奈絹江は、大部屋女優です。

新人として入ってきた千代(杉咲花)に嫌がらせをします。

不況になると、クビになってしまいました。

和泉とは?

和泉さんは、生年は非公表で12月4日生まれです。

出身地非公表で、所属事務所は『吉本興業・劇団そとばこまち』です。

 

和泉さんが副座長を務める小劇団『そとばこまち』は、1978年に旗揚げされました。

 

かつて、俳優の辰巳拓郎さん、生瀬勝久さんなどが座長をつとめた人気劇団です。

 

歴史ある劇団だけに、固定フ ァンも多いそうです。

 

和泉さんは同劇団の看板役者の一人で、男役もこなすのだとか。

 

そんな和泉さんの趣味は、純喫茶で『珈琲読書』をしたり、ファッションの探求なのだそうです。

 

また特技は、歌ネタ、歌モノマネ、衣装(和装、洋装)製作とのことですよ♪

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

テレビドラマは、『カンテレ開局60周年特別ドラマ・なめとんかやしきたかじん誕生物語』(2018年・関西テレビ)、『TUNAガール』(2018年・ひかりTV-大阪チャンネル)などに出演しています。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ


おちょやんキャスト 小柳歌子

小柳 歌子(こやなぎ うたこ)役
三原 悠里(みはら ゆうり)

【役柄】
小柳歌子は大部屋女優です。

先輩女優の弥生(木月あかり)、絹江(和泉)の子分として、千代(杉咲花)に嫌がらせをします。

不況になると、絹江と一緒にクビになってしまいました。

三原悠里とは?

三原悠里さんは、1997年(平成9年)10月1日生まれで、2021年に24歳になります。

大阪府出身で、所属事務所は『ライターズカンパニー』(おちょやん出演中の宮田圭子さんらが所属)です。

 

三原さんは、舞台を中心に活躍する女優さんです。

 

趣味は演劇鑑賞と公言する三原さんは、16歳の誕生日に自分の演劇ユニットを立ち上げるなど、人生はお芝居中心に動いているようです。

 

現在は、ダンス・殺陣・アクションを基軸にしたエンターテイメント作品を創る劇団『Cheeky☆Queens』を主宰しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『スカーレット』(2019年下期)陶芸教室の生徒・なな子役、『おちょやん』(2020年下期)で2作目の出演となります。

◆もくじへ ◆撮影所のプロフへ

鶴亀家庭劇の座員たち

おちょやんキャスト 高峰ルリ子

高峰 ルリ子(たかみね るりこ)役
明日海 りお(あすみ りお)

【役柄】
高峰ルリ子は、新派出身の女優。

かつては、東京新派劇の名門『花菱団』の元トップ女優でした。

『鶴亀』社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)に頼まれ『鶴亀家庭劇』のメンバーに加わりました。

映画出身の千代を軽蔑しています。

プライドが高く、当初は喜劇をバカにします。しかし、徐々に女優魂に火がつき、本気で喜劇に取り組むようになります。

明日海りおとは?

明日海りお(あすみりお)さんは、1985年6月26日生まれで、2020年に35歳になりました。

静岡県静岡市の出身で、所属事務所は『研音』(おちょやん出演・杉咲花さんらが所属)です。

 

明日海さんは、元『宝塚歌劇団』のトップスターだった方です。

 

宝塚音楽学校を卒業後の、2003年に『宝塚歌劇団』に89期生として入団しました。

 

2012年に劇団史上初となる『月組』の準トップスターに就任します。

 

そして、翌年に『花組』へと組替えし、2014年5月に『花組』のトップスターになりました。

 

数多くの舞台えお経て、惜しまれつつ2019年に同歌劇団を退団しました。

 

なお、準トップ時代も含め、大劇場主演作12作は、平成以降に退団したトップとしては史上最多記録を誇っています。

 

ちなみに、『明日海りお』という芸名は、「明るく未来へ向かっていく」というイメージで、ご家族と一緒に命名したそうです。

 

◆明日海りおさんの詳細プロフィールはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHK番組は、『トップスターが語るタカラヅカ』(2019年)に出演。

 

テレビドラマは、『青のSP 学校内警察・嶋田隆平』(2021年・フジテレビ)小川香里役で出演予定です。

 

映画は、『ムーラン』(2020年) ムーラン役の吹替えを担当しました。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 小山田正憲

小山田 正憲(おやまだ まさのり)役
曽我廼家 寛太郎(そがのや かんたろう)

【役柄】
小山田正憲は、歌舞伎出身の俳優。

3歳で初舞台を踏んだというベテランですが、なかなか芽が出ません。

そんな経緯から、喜劇の世界に活路を見いだそうとしています。

しかし、『歌舞伎』の癖が抜けず、喜劇の芝居中に、なぜか『見得』を切ろうとしてしまいます。

なぜかいつも豆を食べていて、劇団仲間から『小豆田(おまめだ)』、『豆小田(まめおだ)』などと呼ばれています。

曽我廼家寛太郎とは?

曾我廼家寛太郎さん(本名:北義剛さん)は、1958年(昭和33年)年9月20日生まれで、2020年に62歳になりました。

まんぷく出演時の曾我廼家寛太郎さん

大阪府出身で、所属は『松竹新喜劇』です。

 

『松竹新喜劇』のルーツである『松竹家庭劇』及び『松竹新喜劇」は、【おちょやん】のモデル・浪花千栄子さんが所属していました。

 

曾我廼家さんは、1981年(昭和56年)に松竹新喜劇に入団して以来、上方喜劇の舞台俳優として活躍しています。

 

軽妙な動きによって客席を沸かせてる存在で、ひょうひょうとしながらも、にぎやかな大阪男を得意としていますしています。

 

喜劇百年記念公演の『喜劇が生まれた日』では、喜劇の祖・曽我廼家十郎を演じましたた。

 

2001年(平成13年)に自らの名前が入った『曽我廼家寛太郎一座』を旗揚げし、 毎年公演しています。

 

そんな曾我廼家さんの特技は、『若柳流』の日本舞踊、剣道、和太鼓とのことです。

 

★出演経歴

NHK朝ドラは、『まんぷく』(2019年下期)大前田三郎役、『おちょやん』(2020年下期)小山田正憲役で2作目の出演です。

 

NHKドラマは、『贋作 男はつらいよ』(2020年・BSP)桂幸太郎(たこ社長)役で出演。

 

最近の映画は、『キネマの神様』(2021年公開)に出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 須賀廼家天晴

須賀廼家 天晴(すがのや あっぱれ)役
渋谷 天笑(しぶや てんしょう)

【役柄】
須賀廼家天晴は、初代・天海天海(茂山宗彦)の時代からの座員。

千代(杉咲花)や、一平(成田凌)が幼い頃から見守ってきました。

『天晴(あっぱれ)』という名前ですが、本人は『雨男』。常にどしゃ降りの人生を歩んでいます。

何かあると、「雨降って時固まる」と言っています。

渋谷 天笑とは?

二代目・渋谷天笑さんは、1984年(昭和59年)1月4日生まれで、2020年に36歳になりました。

大分県大分市出身で、所属は『松竹新喜劇』です。

 

渋谷さんは、2010年に『松竹新喜劇』に入団し、胡蝶英治として活躍します。

 

そして、2017年に、二代目・渋谷天笑を襲名しました。(初代は【おちょやん】出演の三代目・渋谷天外さん)

 

渋谷天笑さんは、同劇団きっての若手二枚目俳優とされています。

 

舞台だけでなく、テレビドラマでも活躍中しています。

 

そんな渋谷さんの特技は、ダンス、サッカー、ビリヤードとのことです。

 

★出演経歴

NHK朝ドラは、『風のハルカ』(2005年下期)赤井役、『カーネーション』(2011年下期)青年団員役、『おちょやん』(2020年下期)須賀廼家天晴役で3作目の出演です。

 

最近の映画は『キネマの神様』(2021年公開)に出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 須賀廼家徳利

須賀廼家 徳利(すがのや とっくり)役
大塚 宣幸(おおつか のりゆき)

【役柄】
須賀廼家徳利は、初代・天海天海(茂山宗彦)の時代からの座員。

一座のムードメーカー的な存在です。

名前は『徳利(とっくり)』ですが、日本酒よりもビールが大好き。

ほら貝を吹くのを得意としています。

結婚後は子宝に恵まれ、5人のパパです。

大塚宣幸とは?

大塚宣幸さんは、1985年(昭和60年)12月13日生まれ、2020年に35歳になります。

滋賀県出身で所属事務所は『ワタナベエンターテインメント関西事業本部』(おちょやん出演・井上拓哉さんなどが所属)です。

 

大塚さんは、『夕張国際ファンタスティック映画祭』の招待作品『晴れた日には隣人と』(2009年)に主演。また、舞台公演の『儂が燃えて死ぬまでの噺(大炎上)』では、2011年度『佐藤佐吉賞優秀助演男優賞』を受賞しています。

 

舞台を中心に精力的に活動する大塚さんですが、芝居を始めたきっかけを聞くと驚きます。

 

もともと芝居が観ることが好きだったそうですが、高校生の時に『罰ゲーム』によって、地元で開催されたミュージカルのオーディションを受けることになったのだとか。

 

受けただけなのに、なぜか合格。しかも、主役! さらに、国内公演にとどまらず、海外公演で中国まで行ったそうです。

 

罰ゲームがきっかけで芝居をはじめ、現在まで至っています。

 

そんな大塚さんが影響を受けている俳優が藤原竜也さんだそうで、勝手にライバル意識を燃やしているとインタビューで語っています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『マッサン』(2014年下期)大宮大吉役、『ごちそうさん』(2013年下期)相澤徹役、『おちょやん』(2020年下期)須賀廼家徳利役で3作目の出演となります。

 

NHKドラマは、『伝七捕物帳2』(2017年・BSP)中助役で出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 漆原要二郎

漆原 要二郎(うるしばら ようじろう)役
大川 良太郎(おおかわ りょうたろう)

【役柄】
漆原要二郎は、初代・天海天海(茂山宗彦)の時代からの座員。

女形(おやま)の役者ですが、体が大きいのが特徴です。

舞台に立つ時の美しさは圧倒的で、観客を惹き付けます。

一平(成田凌)には、特別な思いを持っています。

家庭劇に参加するにあたり、女形から卒業しました。

大川良太郎とは?

大川良太郎さん(本名:金子忍さん)は、1978年(昭和53年)3月6日生まれで、2020年に42歳になりました。

出身は大阪府大阪市で、大衆演劇の劇団『劇団九州男(げきだんくすお)』の座長です。

 

7歳で初舞台に立った大川さんは、大衆演劇界きってのイケメンとして早くから注目を集めます。

 

そして、25歳だった2003年に『劇団九州男』の座長を襲名しました。

 

硬軟自在に使い分け、熱くパワフルなことが特徴で『平成の良太郎』と呼ばれています。

 

絶大な人気を誇る大川さんの舞台には、熱狂的なファンが数多く駆けつけ、各地の劇場の入場者記録を更新しているのだとか。

 

そんな大川さんは、大衆演劇の認知度を高め活動を積極的に行っています。

 

他のエンターテイメントとのコラボレーションイベントを仕掛け、商業演劇にも幅広く出演しています。

 

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHKの番組には、『NHK歌謡コンサート』(2008年)、『第60回NHK紅白歌合戦 』(2009年)、『きみまろフルコースごきげん歌謡笑劇団』(2010年~2012年)に出演しています。

 

ドラマは、『水戸黄門』(2011年)に出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 石田香里

石田 香里(いしだ かおり)役
松本 妃代(まつもと きよ)

【役柄】
石田香里は、『鶴亀歌劇団』(現在で言うアイドル)出身の女優です。

歌劇団仕込みの歌って踊れることがセールスポイント。

しかし、喜劇の世界では歌も踊りも披露する機会がないため、何とか披露したいと考えています。

一方で、千代(杉咲花)のことを密かにライバル視していました。

ブロマイドの売れ行きがよく、劇団の経営に寄与しています。

松本妃代とは?

松本妃代さんは、1995年(平成7年)3月20日生まれで、2020年に25歳になりました。

兵庫県出身で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアーティスツ』(成田凌さんらが所属)です。

 

松本さんは、13歳だった2008年に『エイベックス学生オーディション』に合格して芸能界入りを果たしました。

 

そして、16歳になった2011年に関西を拠点にするダンス&ヴォーカルユニット『Krystal burnish dolls』(クリスタル バーニッシュドール)に中途加入します。

 

同ユニットの活動と並行して、モデルや舞台女優などをしていました。

 

20歳の時に、女優活動に専念するために、現所属事務所に移籍しています。

 

また、芸能活動と並行して通った『フェリス女学院大学』を2017年春に卒業しています。

 

ドラマや映画のほかに、テレビCMでも活躍中です。

 

そんな松本さんは、個展を開催するほどの絵の才能をお持ちです。

 

シューズデザイナーだったお父さんの影響で、幼い頃から絵を描いて育ち、20歳から本格的に絵を学んだそうです。

 

そして、2019年に東京で初の絵画個展を開催しています。

 

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

最近のテレビドラマ、『仮面同窓会』(2019年・フジテレビ)江藤なるみ役、『グッバイ筋肉!』(2019年・TOKYO MX)主演・貴代子役、『僕はまだ君を愛さないことができる』(2019年・フジテレビ)河野麻希役、『女子グルメバーガー部 』(2020年・テレビ東京)主演・北見七瀬役で出演。

 

最近の映画は、『チワワちゃん』(2019年)サヨコ役、『いなくなれ、群青』(2019年)水谷役、『わたしは光をにぎっている』(2019年)石田妃菜役、『東京バタフライ』(2020年)、『映像研には手を出すな!』(2020年)藤子役等で出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


おちょやんキャスト 須賀廼家百久利

須賀廼家 百久利(すがのや ひゃっくり)役
坂口 涼太郎(さかぐち りょうたろう)

【役柄】
須賀廼家百久利は、徳利(大塚宣幸)の弟分です。

心酔する千之助(星田英利)の後を追って、『鶴亀家庭劇』に参加しました。

千之助のいる所には、常に百久利がいると言われています。

百久利は幼い頃に家出をして道頓堀に流れ着き、ひとりで育ちました。

そんな中で千之助に出会い、頼み込んで弟子になりました。

百久利にとって千之助は、師匠、親、兄、仲間、ライバルです。

坂口涼太郎とは?

坂口涼太郎さんは、1990年(平成2年)8月15日生まれで、2020年に30歳になりました。

出身は兵庫県神戸市で、所属事務所は『キューブ』(古田新太さんらが所属)です。

 

朝ドラでも強烈な爪痕を残している坂口さんは、バイプレーヤーとして存在感を放っています。

 

『おかっぱ』ヘアスタイルと個性的な顔立ちの外見で、独創的な演技をする坂口さんは、クセの強い俳優『クセメン』とも呼ばれています。

 

2020年には、イケメンが多数出演する、花王『アタックZERO』のコマーシャルに出演。

 

イケメンたちのなかに入っても負けない強烈な個性で、話題を呼びました。

 

そんな坂口さんですが、俳優活動と並行して、シンガーソングライター、ダンサーとしても活躍しています。

 

なんと、3歳からピアノを習っていたそうで、自ら作詞と作曲を手掛けた楽曲を『ピアノ弾き語り』で動画配信しています。

 

ダンスは、ミュージカル俳優に憧れる中学生の時から、個性派俳優・森山未來さんの両親が経営するダンススタジオでダンスを学んだのだとか。

 

さらに、『短歌』を趣味にしているなど、その魅力は広がるばかりです♪

 

★出演経歴

NHK朝ドラは、『なつぞら』(2019年上期)中島役、『エール』(2020年上期)野島夏彦役、『おちょやん』(2020年下期)須賀廼家百久利役で3作目の出演です。

 

NHKドラマは、『デイジー・ラック』(2018年)桃井役、『ゼロ 一獲千金ゲーム』(2018年)島津役、『フェイクニュース あるいはどこか遠くの戦争の話』(2018年)神崎慎平役で出演。

 

最近のドラマは、『ランチ合コン探偵 〜恋とグルメと謎解きと〜』(2020年・日本テレビ系)鈴木龍之介役、『SUITS/スーツ2 』(2020年・フジテレビ)八木田健太郎役、『ルパンの娘 2』(2020年・フジテレビ)佐伯光晴役、『あのコの夢を見たんです。』(2020年・テレビ東京)に出演。

 

最近の映画は、『私がモテてどうすんだ』(2020年)坂下役、『事故物件 恐い間取り』(2020年)肉戦車役、『小説の神様 君としか描けない物語』(2020年)野中役等で出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ


松島 寛治(まつしま かんじ)役
前田 旺志郎(まえだ おうしろう)

【役柄】
新派の劇団の座長の子だったが、父を亡くし身寄りがありませんでした。

寛治が15歳の時に、大山社長の命令で鶴亀家庭劇に預けられ、千代と一平のもとで生活することに。

屈折した心を持っていましたが、千代たちと暮らすようになって素直な心を取り戻していきます。

その後、家庭劇の劇団員として活躍していきます。

寛治のモデルは、日本を代表する喜劇役者の藤山寛美さんです。

◆寛治のモデル・藤山寛美とは?▶

前田旺志郎とは?

前田旺志郎(まえだおうしろう)さんは、2000年(平成12年)12月7日生まれで、2021年に21歳になります。

【おちょやん】キャスト松島寛治役・前田旺志郎

大阪府出身で、所属事務所は『松竹エンタテインメント』です。

 

子供時代は兄・航基さんと漫才コンビ『まえだまえだ』として活躍し、『M-1グランプリ2007』では史上最年少で準決勝まで進出するほどでした。

 

また、多数の映画やドラマでも子役俳優として才能を発揮しました。

 

現在は、芸人活動を休止中で、慶應義塾大学に通いながら、俳優として活躍中です。

 

◆寛治役・前田旺志郎さんの詳細プロフはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『わろてんか』(2017年下期)舶来屋キース(幼少期)役、『おちょやん』(2020年下期)松島寛治役で2度目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『平清盛』(2012年)平太(平清盛幼少期)役、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)小池禮三役で出演。

 

最近のNHKドラマは、『就活生日記』(2020年)吉川琢磨役で出演。

 

最近のドラマは、『MIU404』(2020年・TBS)勝俣奏太役、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(2020年・TBS)天城駿役、『猫』(2020年・テレビ東京) 主演・天音光司、『夢中さ、きみに。』(2021年・毎日放送)小松豊役等に出演。

 

最近の映画は、『超・少年探偵団NEO -Beginning-』(2019年)塚原舜役、『キネマの神様』(2021年)円山勇太役等に出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀家庭劇の座員プロフへ

鶴亀新喜劇の劇団員たち

【おちょやん】キャスト須賀廼家万歳ばんざい

須賀廼家 万歳(すがのや ばんざい)役
藤山 扇治郎(ふじやま せんじろう)

【役柄】
須賀廼家万歳は、『万太郎一座』の座員で、万太郎を尊敬しています。

万太郎の死去に伴い、鶴亀の大山社長の命令で『鶴亀新喜劇』に入ることに。

仕方なく新喜劇に入った万歳は、家庭劇出身者に対して不満が募ります。

藤山 扇治郎とは?

藤山扇治郎さんは、1987年(昭和62年)1月21日生まれで、2021年に34歳になりました。

おちょやんキャスト相関図 藤山扇治郎 万歳ばんざい

京都府の出身で、『青年座映画放送所』と『松竹新喜劇』に所属しています。

 

芸能一家に生まれた藤山さん。

 

祖父は、【おちょやん】の寛治のモデルでもある喜劇役者・藤山寛美さんです。

 

なお、扇治郎さんが3歳の時に寛美さんが亡くなったため記憶はないそうで、寛美さんの舞台は映像でしか見たことがないとのことです。

 

さらに伯母は、朝ドラヒロインも務めた演技派女優の藤山直美さんです。

 

そして奥様は、元宝塚歌劇団『星組』のトップスター・女優の北翔海莉(ほくしょうかいり)さんです。

 

【おちょやん】万歳役・藤山扇治郎さんと妻の北翔海莉さん

万歳役・藤山扇治郎さんと妻の北翔海莉さん

 

藤山さんは、幼い頃より日本舞踊や小唄を習い、なんと6歳で東京・歌舞伎座で初舞台を踏みました。

 

名子役としてならして以来、舞台、ドラマなどで活躍しています。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『まんぷく』(2018年下期)野呂幸吉役、『おちょやん』(2021年下期)須賀廼家万歳役で2度目の出演となります。

 

最近のNHKドラマは、『伝七捕物帳2』(2017年)玉山富治郎役で出演。

 

最近の映画は、『家族はつらいよシリーズ』 中村巡査役で出演しています。

◆もくじへ ◆鶴亀新喜劇のプロフへ


【おちょやん】キャスト朝日奈灯子

朝日奈 灯子(あさひな とうこ)役
小西 はる(こにし はる)

【役柄】
朝日奈灯子(あさひなとうこは)は、家庭劇や万太郎一座が合体する『鶴亀新喜劇』に加入する女優です。

そんな灯子は、終戦直後に千代たちが『福富』の焼け跡で行った芝居に感激し、新喜劇入りを熱望しました。

看板女優の千代(杉咲花)を慕う灯子ですが、やがて、座長の一平(成田凌)とただならぬ関係に・・・。

それが引き金となり、千代と一平の関係に亀裂が入ります。

【モデル】
朝日奈灯子のモデルは、2代目渋谷天外さんの妻で、元女優の九重京子(ここのえきょうこ)さんです。

◆嵐を呼ぶ?灯子(とうこ)役のモデル九重京子さんとは?▶

 

小西はるとは

小西はるさんは、2000年(平成12年)10月16日生まれで、2021年に21歳になります。

【おちょやん】灯子役 小西はるさん

大阪府出身で所属事務所は大手プロダクションの『スターダストプロモーション』に所属しています。

◆灯子役の小西はるさんの詳細プロフはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは初出演です!

 

NHK大河ドラマは『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)に出演。

 

最近のドラマは、『G線上のあなたと私』(2019年・TBS)清水結愛役、『あと3回、君に会える(2020年・関西テレビ)、『今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕』(2021年・テレビ東京)、『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと』(2021年・WOWOW)に出演。

 

またWebドラマ、舞台、CM等で活躍しています。

◆もくじへ ◆鶴亀新喜劇のプロフへ

千代が出会う人々

おちょやん キャスト 歌舞伎役者 早川延四郎役 片岡松十郎 シズの恋人

早川延四郎(はやかわ えんしろう)役
片岡 松十郎 (かたおか まつじゅうろう)

【役柄】
早川延四郎は、人気歌舞伎役者です。

歌舞伎の家柄の出身ではない延四郎は、東京で苦労を重ねて、人気役者になりました。

そんな延四郎は、かつて大阪にいた若き時代に、お茶子だったのシズ(篠原涼子)と『駆け落ち』を約束した過去があります。

役者を廃業する延四郎は、シズへの20年分の思いを綴った手紙を、千代(杉咲花)に託します。

(延四郎は、第3週に登場)

片岡松十郎とは?

片岡松十郎さんは、上方歌舞伎界で活躍する役者で、端正なルックスで高い人気を誇っています。

おちょやん キャスト 歌舞伎役者 早川延四郎役 片岡松十郎 シズの恋人

本名は、石垣壮一郎(いしがきそういちろう)さんです。

 

1975年(昭和50年)10月16日生まれで、2020年に45歳になりました。

 

出身は兵庫県神戸市で、屋号は屋号『松嶋屋』です。

 

片岡さんは、梨園の御曹司ではなく、一般家庭に生まれ育ちました。

 

近畿大学4年生の1997年に、上方歌舞伎の継承者育成のため設立した『松竹 上方歌舞伎塾』(片岡秀太郎さんが監修)の1期生の1人として入塾します。

 

1999年に同塾を卒業後に初舞台を踏み、同年より片岡仁左衛門さんに入門し、片岡松次郎(かたおかまつじろう)を名乗るようになります。

 

そこで努力を重ねると、立役(尋常な成年男子を演じる)として頭角を現しました。

 

そして、37歳だった2012年より、初代・片岡松十郎を名のり、名題(名題看板に載るような名前が認知された役者)に昇進されました。

 

端正なルックスで顔立ちに口跡(台詞回し)が良いと評判で、『松嶋屋一門』の上方歌舞伎会や、勉強会『晴(そら)の会』などで主役級を張っています。

 

▼片岡さんの人柄がわかる微笑ましい動画


なお、片岡さんのご家族やプライベートが気になるところですが、一切公表されていません。

 

ヴェールに包まれているところが、より一層と興味をそそられます。

 

【おちょやん】への出演によって、片岡さんの人気に火がつきそうですね♪

★受賞歴

『第17回日本俳優協会賞奨励賞』受賞(2011年)、『国立劇場奨励賞』受賞(2011年)、『大阪文化祭賞奨励賞』受賞(2016年度)。

★出演経歴

テレビドラマは初出演です!

◆もくじへ ◆千代が出会う人々のプロフへ


一平の母・夕

夕(ゆう)役
板谷 由夏(いたや ゆか)

【役柄】
夕は、一平の母親です。

一平が幼い頃に家を出て行って以来、これまで音信不通でした。

現在は京都の旅館で女将をしています。

訪ねてきた一平と千代に、夕は、衝撃的な事実を明かします。

(夕は、第13週に登場)

板谷由夏とは?

板谷由夏さんは、1975年(昭和50年)6月22日生まれで、2021年に46歳になります。

おちょやん キャスト 一平の母・夕役 板谷由夏

出身は福岡県で、所属事務所は大手プロダクションの『アミューズ』(吉高由里子さん、佐藤健さんらが所属)です。

 

19歳の時にモデルとしてデビューした板谷さんは、24歳の時に女優業に進出しました。

 

女優デビュー作となった映画『avec mon mari』(1999年)で注目浴び、その後も絶え間なく映画やドラマで活躍しています。

 

その確かな演技力とクールなオーラで存在感を発揮し、これまで何度も映画賞でアワードに輝いています。

 

また、報道番組『NEWS ZERO』のキャスターや、教養番組での司会、ラジオパーソナリティーなどマルチな才能を発揮しています。

 

プライベートでは、2007年にスタイリストの古田ひろひこさんと結婚し、二人の男の子の母でもあります。

 

そんな板谷さんは、【おちょやん】出演中の井川遥さんや、石田ゆり子さんらと親交が深いそうですよ♪

★出演経歴

NHK朝ドラは、『こころ』 (2003年上期)堀田真理子役、『おちょやん』(2020年下期)夕役で2作目の出演となります。

 

NHK大河ドラマは、『篤姫』(2008年)広川役で出演。

 

最近のNHKドラマは、『37セカンズ』(2019年)藤本役、『天使にリクエストを〜人生最後の願い〜』(2020年)島田(三井)時恵役に出演。

 

最近のドラマは、『やすらぎの刻〜道』 (2019年・テレビ朝日)有坂エリ役、『悪党〜加害者追跡調査〜』(2019年・WOWOW)染谷久美子役で出演。

 

最近の映画は、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年)芹香役、『マチネの終わりに』(2019年)是永慶子役、『37セカンズ』(2020年)藤本役等に出演しています。

その他、CM、舞台、ラジオ等でも活躍中です。

◆もくじへ ◆千代が出会う人々のプロフへ

語り・黒衣(ナレーション)

語り・黒衣(くろご)役
桂 吉弥(かつら きちや)

【役柄】
神出鬼没に登場する解説役(ナレーション)。

軽妙な口調で、遠慮なく出演者にツッコミを入れる語り手です。

なお、黒衣とは「観客からは見えないという約束事」のもとに舞台に登場し、芝居進行の手助けをしていく存在です。

桂吉弥とは?

桂吉弥さんは、上方落語界の若手では、知名度・好感度とも随一の落語家です。

1971年(昭和46年)2月25日生まれで、2020年に49歳になりました。

 

出身は大阪府茨木市出身で、所属は『米朝事務所』です。

 

もともと吉弥さんは、小学校教員になりたくて『神戸大学教育学部』に進学し、『落語研究会』に所属していました。

 

落語会に通ううちに、桂吉朝(かつらきっちょう)さんと知り合い心酔し弟子入りします。

 

現在は、関西を中心に数多くの落語会を主催し、元気いっぱいに古典落語の魅力を広めています。

 

噺家として高座にあがる一方で、桂さんはテレビやラジオで数多くのレギュラーを抱えています。

 

また、俳優としても高く評価されていて、朝ドラ【ちりとてちん】(2007年下期)をはじめ、NHKドラマに数多く出演しています。

 

なお、プライベートでは二人のお子さんのパパ。奥様は大学の落研時代のお仲間とのことです。

 

◆挫折から落語家へ?桂吉弥さんの詳細プロフはコチラ▶

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ちりとてちん』(2007年下期)徒然亭草原(原田優夫)役、『ウェルかめ』(2009年下期)薬王寺のお坊さん役、『てっぱん』(2010年下期)落語の声役、『ごちそうさん』(2013年下期)沢田武夫役、『まんぷく』(2018年下期)渡辺一馬役、『おちょやん』(2020年下期度) 語り・黒衣役で6度目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『新選組!』(2004年)山崎烝役で出演。

 

NHKドラマは、『ちかえもん』(2016年)横川敏斎役など多数。

 

また、2008年からNHK『バラエティー生活笑百科』のレギュラー相談員をはじめ、バラエティ・情報番組に数多く出演しています。

◆もくじへ ◆語り・黒衣プロフへ

 

新たなキャスト情報がわかり次第、随時追記させていただきます♫

 

◆【おちょやん】ネタバレあらすじはコチラ▶

◆【おちょやん】キャストの個別プロフはコチラ▶

NHKおちょやん公式サイト