おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ1週|困難にもめげず健気に生きるヒロイン・千代の物語!

おちょやん朝ドラネタバレあらすじ1週
「うちは、かわいそやない」

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ1予告|11月30日~12月4日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

おちょやん・朝ドラネタバレあらすじ第1週の予告

【おちょやん】朝ドラネタバレ1週は、ヒロイン・竹井千代(たけいちよ)の少女期の物語です。

1916年(大正5年)

大阪・南河内の貧しい家庭の竹井家。

9歳になる竹井千代(たけいちよ)は、口が達者で元気な少女です。

母を亡くした千代は、父・テルヲと、幼い弟・ヨシヲと3人で暮らしていました。

父・テルヲは、『観賞用の鶏』を育てることを生業としています。

しかし、酒に目がない遊び人で、鶏の世話や家事の一切を、千代に任せきりなのでした。

そしてある日、

育てた鶏を売るために街に行ったテルヲは、そのまま行方をくらましてしまうのでした。

数日後・・・

父・テルヲが、一人の女性を連れて帰ってきました。

その女性は、栗子(くりこ)という名前で、テルヲの再婚相手なのでした。

千代は新しい母ができたこと喜びました。

そして、ようやく鶏の世話や家事から解放され、小学校に通えると胸を躍らせます。

しかし、千代の期待はすぐに打ち砕かれました。

まま母・栗子は、家のことをする素振りすら見せず、ましてや、千代とヨシヲの母親になる気などなかったのです。

千代は、日増しに栗子へ不満を募らせるのでした。

鶏の品評会にて・・・

とある屋敷で『鶏の品評会』が行われていました。

父・テルヲは、自慢の鶏を高値で売ろうと躍起です。

その理由は、贅沢な暮らしをさせると約束をして再婚した妻・栗子のためなのでした。

竹井家にて・・・

品評会が終わり、千代と父・テルヲが帰宅しました。

「ヨシヲはどこ?」

幼い弟・ヨシヲの姿が見当たらないため、千代は血相を変えて探し始めました。

騒ぎを聞きつけた近所の人たちも、ヨシヲを探しに手を貸してくれます。

しかし、ヨシヲを探して山の中に入った千代は、道に迷ってしまうのでした。

ある日・・・

千代は、自分勝手なことばかりしているまま母・栗子を、家から追い出せないかと考えていました。

しかし、千代の計画はあっさり終焉を迎えました。

なんと栗子が、テルヲの子どもを妊娠したのでした。

「お願いがあります・・・」

千代は、悔しい思いを押さえ、栗子にあるお願いをするのでした・・・

◆【おちょやんのモデル】女優・浪花千栄子さんの壮絶な人生とは?▶

 

スポンサーリンク

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ1予告・まとめ

新たな物語の幕開け~♪

音楽家の物語【エール】の次は、女優の物語【おちょやん】です!

2020年11月30日スタートのNHK朝ドラ第103作【おちょやん】は、女優・浪花千栄子(なにわちえこ)さんをモデルにした物語です。

昭和40年代後半まで活躍した浪花千栄子さんは、今なお「大阪のお母さん」と呼ばれて親しまれています。

上方を代表する名女優として人々の記憶に刻まる浪花千栄子さんですが、壮絶を絶するような人生を送ったのだとか。

そんな浪花さんの史実をヒントにした物語を作る脚本家は、大ヒットドラマ『半沢直樹』で知られる八津弘幸さんです。

そして、ヒロインを務めるのは若手実力派女優の杉咲花さんです♪

ドラマの幕開けとなる第1週は、ヒロイン千代の少女期が描かれます。

貧しくとも元気に生きるヒロイン千代ちゃんの姿を想像するだけで、心が大きく揺さぶられそうです~♪

◆【おちょやん】のキャスト一覧相関図はコチラ▶

◆【おちょやん】のモデル一覧と実話はコチラから▶

◀おちょやんとは2週▶

各話ネタバレはこちら