おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ1週1話|極貧生活の中で頑張る千代と自分勝手な父親!?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2020年11月30日(月)放送
おちょやん第1週テーマ
「うちは、かわいそやない」

【おちょやんネタバレ1週1話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

 

この物語は、わずか9歳で親に捨てられたヒロイン・千代が、『大阪のお母さん』と呼ばれるほどの大女優になるまでの一代記です・・・

1916年(大正5年)

9歳になる竹井千代(たけいちよ)は、大阪・南河内の小さな村で生まれ育ちました。

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 千代の実家のイラスト

その家は雑木林の中にある、ほったて小屋のような家でした。

竹井家は、小さな養鶏場を生業にして細々と暮らしています。

口が達者で元気な千代は、父・テルヲと2歳下の弟・ヨシヲとの3人暮らしです。

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 千代の表情のイラスト

母親は、千代が5歳の時に病死しました。

千代は死に際の母に、ヨシヲと家を守ると約束していました。

そのため、学校にも行かずに身を粉にして家事や鶏の世話をしています。

一方で、父・テルヲは、鶏の世話や家事はすべて千代に押し付け、昼間から酒に溺れる生活です。

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 父・テルオのイラスト

鶏が売れると酒や博打などに使ってしまうため、竹井家はいつまでたっても極貧生活なのでした。

ある日・・・    

今日食べる物もない竹井家。

千代は卵を産まなくなった鶏を町で売ってくるよう、父・テルヲの尻を叩きます。

すでに酔っているテルヲは、「親に偉そな口たたきさらすな!」と威張り散らしますが、千代は早口でまくし立て、猛然と立ち向かうのでした。

「売ってきたらええねやろ!どえらい土産買うてきたらあ、待っとけ!」

父・テルヲは大見得を切ると、鶏の入った籠を手に町に出ていくのでした。

しかし、数日経ってもテルヲは帰ってこないのでした。

隣家の小林家にて・・・

千代は、腹を空かせる弟・ヨシヲのために、30分も離れた隣家の小林家に卵を持っていき、物々交換してもらいました。

「気ぃ使わんと、好きなだけ食いや!」

千代とヨシヲを不憫に思う小林家の夫婦は、姉弟に夕食を振舞ってくれるのでした。

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 千代とヨシヲの食事イラスト

千代たちが喜んで食事をしていると、小林家の息子たちが帰ってきました。

「そいつら、シラミわかしとんねんで。うつってまうやんけ!」

小林兄弟は千代たちをにらみつけ、貧乏だからシラミがわき、学校にも来られないのだとバカにするのでした。

すると、小林家の主人が千代の置かれた事情を息子たちに説明し、「かわいそうやと思わへんけ!」と一喝します。

しかし、その言葉が千代のプライドに火をつけます。

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 千代の表情のイラスト

「うちは、かわいそやない!」

声を上げた千代は、ヨシヲの手を引いて小林家から出ていくのでした。

その夜・・・ 

「ええなあ…お母ちゃんがおって」

弟・テルヲは、小林家の兄弟をうらやましそうに寝付くのでした。

亡き母・サエの写真を寂しそうに見つめた千代は外に出ます。

そして、月明かりが照らされた竹林に隠してあった、ある物を手に取りました。

それは小さな『ガラス玉』で、母からもらった大切な宝物なのでした。

千代は、母と満月の竹林で過ごした幸せなひと時を思い出し、涙を浮かべます。

そして、ガラス玉を満月に重ね合わせました。

「うちは、かわいそやない」

そうつぶやいた千代は、母の口癖の「明日もきっと晴れやな」と口にして、自らを奮い立たせるのでした。

翌朝の竹井家にて・・・

「戻ったで~!」

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 父が女を連れてきたイラスト

父・テルヲが10日ぶりに帰ってきました。

しかも見知らぬ女性を連れて。

「この人が今日からお前のお母ちゃんや!」

テルヲの言葉を聞きき、千代は目を丸くするのでした。

「はあ~っ!?」

おちょやんネタバレあらすじ1週1話 千代びっくり顔のイラスト

つづく

◆【おちょやん】キャスト一覧・相関図はコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやんネタバレ1週1話|感想を最終話まで!

◀おちょやんとは | 2話▶

週間ネタバレはコチラ▶

存在感抜群のリトル千代ちゃん!

新しい物語【おちょやん】の始まり始まり~!

今作も朝ドラファンの皆さんと一緒にドラマを楽しんでいきたいと思いますので、『ドラマLand』をどうぞよろしくお願いいたします♪

それにしても、リトル千代ちゃんを演じた毎田暖乃(まいだのの)ちゃんの、まくし立てる感じに圧倒されました。

朝ドラ史上最高レベルとも噂されるダメなお父ちゃんに、「あほんだらあ!われ、ボケぇ!」とナチュラルに言い放つ様子は芸術的なレベルなのかも♪

ドラマの後の『あさイチ』の『朝ドラ受け』でも、華大さんが絶賛していましたよね。

河内弁は迫力がありますが、千代ちゃんが言うと、強さの中に可愛らしさを感じられます。

これから先の波乱万丈の人生でも、河内弁がポンポン飛び出していくのかもしれませんね。

さて、ダメお父ちゃんが連れてきたお土産は、千代ちゃんに笑顔をもたらすのは、それともその逆なのか・・・。

明日もリトル千代ちゃんの痛快な言葉の数々に期待です~♪

◆モデルの実話を知るとドラマがさらに面白くなる~!▶

◀おちょやんとは | 2話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレあらすじ1週1話|予告ポイント

ありえないほど波乱万丈の人生!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

2020年下期の朝ドラ【おちょやん】がスタート!

本作は、女優・浪花千栄子(なにわちえこ)さんの史実をベースにした物語です。

『大阪のお母さん』として親しまれている浪花千栄子さんは、苦難にあふれた人生を送りながらも、常に前を向き、自らを磨くことを怠らなかった女性と言われています。

【おちょやん】では、ヒロイン・千代(演:杉咲花さん)が困難にめげることなく成長していき、やがて成功していく過程を、泣き笑いたっぷりに描かれるとのことです。

どんな物語が紡がれていくのか、とても楽しみですね。

ところで、ドラマのタイトル【おちょやん】は、今まで聞いたことのない言葉でしたが、不思議と耳になじみますよね。

『おちょやん』とは、「おちょぼさん」がなまった『大阪ことば』で、お茶屋さんや料亭などで働く『小さな女中さん』というを意味だそうです。

かわいらしくして、親しみのもてるタイトルがあるフレーズですね!

前作【エール】に続き、【おちょやん】でも『ドラマLand』をよろしくお願いいたします~♪

◆【おちょやん】のモデル・浪花千栄子さんの史実を予習してみる▶

◆ヒロイン千代役・杉咲花さんの父親はカリスマギタリスト!?▶

 

◀おちょやんとは? | 2話▶

週間ネタバレはコチラ▶