おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ3週|杉咲花さん登場!お茶子の千代の心を動かす言葉とは?

おちょやん ネタバレあらすじ 3週

おちょやん朝ドラネタバレあらすじ3週
「うちのやりたいことて、なんやろ」

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ3予告|12月14日~12月18日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

おちょやん・朝ドラネタバレあらすじ第3週の予告

【おちょやん】朝ドラネタバレ3週は、ヒロイン役・杉咲花さんの登場週です。

1924年(大正13年)

「おはようさんでございます。今日もええ天気やなあ~」

千代が、道頓堀に来てから8年が経っていました。

18歳になった千代は、相変わらず口が達者です。

お茶子として、芝居茶屋『岡安』と芝居小屋を忙しく行き来して、芝居見学の客の世話をする毎日です。

一方で、忙しい仕事の合間にのぞき観る芝居に夢中なのでした。

『岡安』にて・・・

ある日、『岡安』の女将・シズが、千代にt聞きます。

「千代、将来、何になりたい?」

シズは、千代が道頓堀に来てからずっと見守ってきた、母のような存在です。

これまで千代は、目の前の仕事だけを一生懸命に取り組んできました。

未来のことなど想像すらしたことがありませんでした。

「やりたいこと・・・」

千代は真剣に考えはじめるのでした。

ある日・・・

千代は道でばったりと、スター女優の高城百合子と出会うのでした。

百合子は、千代が芝居好きのきっかけとなった女優で、千代がずっと憧れる存在でした。

千代は、百合子の稽古に付き合いながら、芝居への思いを伝えます。

すると、百合子が言います。

「そんなにお芝居が好きなら、自分でやってみれば?」

その言葉は、千代の心に深く刻まれるのでした。

その頃・・・

『岡安』の女将・シズも、20年ぶりに歌舞伎役者・早川猿四郎と再会を果たしていました。

猿四郎は、シズにとって因縁深い存在なのでした・・・

◆ヒロイン役・杉崎花さん!『とと姉ちゃん』の仲良し3姉妹はコチラ▶

◆【おちょやん】モデルとキャストの一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ3予告・まとめ

杉咲花さんが登場です!


子役時代が終わり、ヒロイン・杉崎花さんが登場です。

NHKの予告動画によれば、杉咲花さん演じる千代ちゃんは、ますます口が達者になりパワフルそのもの

そんな千代ちゃんの成長を見守る、女将・シズさんをはじめとした『岡安』の家族や仲間たち。

ドラマの中で繰り広げられる、泣き笑いの日々に一喜一憂させてもらえることでしょう。

それと、ライバルの芝居茶屋『福富』とのバトルの日々も注目です~♪

さて、いずれ喜劇女優になる千代ちゃんですが、第3週で『女優の道』に進む芽が生まれるようです。

芝居好きだった少女が、いつの間に『芝居オタ』になっているのかもしれませんね。

口が達者な千代ちゃんだけに、周囲をドン引きさせることではないかと予想してます~♪

◆魅力的なキャストが多数登場!キャスト相関図はコチラ▶

◀2週4週▶

各話ネタバレはこちら