おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ2週7話|夜道で運命の出会い!不思議な少年・一平とは?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2020年12月8日(火)放送
おちょやん第2週テーマ
「道頓堀、ええとこや~」

【おちょやんネタバレ2週7話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

小学校にて・・・

芝居茶屋『岡安』のお茶子見習いとなった千代。

女中頭・かめの命により、「いとさん」と呼ばれる『岡安』の娘・みつえの弁当を届けに学校に来ました。

「遅い!あんた誰?」

いぶかしげに千代を品定めしたみつえは、馴れ馴れしく話す千代に言葉遣いを注意します。

一方で千代は、みつえが同い歳だと分かり、友達になって欲しいとせがむのでした。

「残念やけど、うちとあんたは住む世界が違う!」

みつえは、千代に立場の違いを教えるのでした。

『福富』にて・・・

千代が次に向かった先は、芝居茶屋『福富』です。

「これ、ご寮人さんからです」

千代は、『福富』の女将・富川菊に、付け届けの品を差し出しました。

しかし菊は、持って帰れの一点張りです。

『福富』は本家でありながら、分家『岡安』に商売で負けていました。

そのため、両者は、つば競り合いを繰り広げる商売敵だったのです。

そんな関係とは知らない千代は、受け取ってもらわなければクビになってしまうと恐れ、必死に粘るのでした。

夜の『岡安』にて・・・

お使いを果たすことができず、肩を落として戻った千代。

「今、何時や思てますのや!逃げ出したんかと思たわ!」

女将・シズは、皮肉交じりに千代をにらみます。

そして、『福富』との因縁から、受け取ってもらえないのは承知の上だと明かすのでした。

お茶子の部屋にて・・・

仕事を終えて部屋に帰った千代は、先輩お茶子たちと一緒に銭湯へ行こうとします。

しかし、千代だけ居残りで客用座布団の補修を言いつけられます。

先輩お茶子たちも、ひと月でいなくなる千代をぞんざいに扱うのでした。

道頓堀の街にて・・・

座布団の補修を終えて、銭湯に向かった千代。

しかし、すでに銭湯は閉じていました。

それでも、体のにおいが気になる千代は、仕方なく道端の『防火用水』で頭を洗うのでした。

手拭いを頭に乗せてトボトボと帰り道を歩いていると、不意に声を掛けられます。

「おい、河童・・・。」

その声に千代が振り返ると、同じ年頃の少年が物陰からのぞいていました。

「なーんや、人か」と、少年は残念そうに言います。

そんな少年と千代がやり取りをしていると、「一平~!」と、男の呼び声が聞こえてきました。

その声に、少年は慌てて姿を消すのでした。

 翌朝のこと・・・

千代が店の前で掃除をしていると、見慣れぬ男たちがゾロゾロとやって来ました。

男たちは道頓堀でトップの人気を誇る喜劇一座、『天海天海一座(あまみてんかいいちざ)』の一行でした。

「また、しばらく世話になんで」

座長の天海天海は、家族総出で出迎える女将・シズらに、親しげに挨拶するのでした。

そんな一座の中に、一人だけ浮いた感じの少年がいました。

その少年は千代を見つけるなり、「何や、ゆうべの河童か」と舌打ちします。

その少年は、一座を率いる天海天海の息子・一平なのでした。

『えびす座』にて・・・

『天海天海一座』の公演が始まりました。

評判通り一座の人気はすさまじく、初日から『満員札止め』です。

そして舞台では、子役の一平が観客から拍手喝采を浴びているのでした・・・

つづく

◆一平のモデル・2代目渋谷天外さんの破天荒人生はコチラ▶

◆ライバル茶屋『福富』の人たちはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやんネタバレ2週7話|感想を最終話まで!

◀6話 | 8話▶

週間ネタバレはコチラ▶

あさイチで母が涙!


朝ドラ受けが楽しめる、情報番組『あさイチ』。

今日放送の『あさイチの』に、千代ちゃんの母親サエ役の、三戸なつめさんがゲスト出演しました!

お母さんの気持ちで見てしまったと言って涙ぐむ三戸さんを見て、私ももらい泣きしてしまいました。

三戸さんと同じく、この先のことを想像すると、ますます目頭が熱くなります・・・

さて、千代ちゃんの人生に関わりそうな、同い年の子が3人も登場しました。

「いとさん」と呼ばれる『岡安』の娘のみつえちゃんと、おぼっちゃま気質が漂う『福富』の福助くん。

そして、喜劇舞台に立つ役者の一平くんです。

この先、この3人と千代ちゃんは、長いお付き合いになりそうです~♪

◆大人の一平役・成田凌さんの役どころとプロフィールはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレあらすじ2週7話|予告ポイント

一平の正体は、たけし!?


お茶子修行の日々は、9歳の千代ちゃんにはきつそうですね。

半人前以下の千代ちゃんは、お茶子になるための厳しい洗礼を浴びているというところでしょうね。

一人前のお茶子を目指すのならば通らくてはいけない道です。

乗り切った先に、道が開けるはず、千代ちゃん頑張って♪

さて、リトル千代ちゃんの前に、現れた不思議な少年・一平くん。

一平くんは、千代ちゃんの人生にものすごく関わる与える人物です。

そんな一平くんの子ども時代を演じるのは、子役の中須翔真(なかすとうま)くんです。

おちょやん キャスト 子役 天海一平 スカーレットの武志

【スカーレット】で武志役を好演した中須翔真くん

翔真くんは、朝ドラ【スカーレット】(2019年下期)で、ヒロイン喜美子の息子・武志(たけし)の少年期を好演しました。

「テレビが欲しい」が口癖で、ユーモアがある母親思いの少年でしたよね。

ちなみに、千代役の毎田暖乃ちゃんも【スカーレット】で照子の長女・雪子を演じています。

そんな【スカーレット】つながりの二人が演じる、千代ちゃんと一平くんの運命の出会いに注目です~♪

◆中須翔真くんが好演した【スカーレット】はコチラ▶

◀6話 | 8話▶

週間ネタバレはコチラ▶