モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ10週|新劇団『鶴亀家庭劇』旗揚げ!舞台が荒れる原因とは?

おちょやん ネタバレあらすじ 10週

おちょやん朝ドラあらすじネタバレ10
「役者辞めたらあかん!」

『おちょやん』朝ドラあらすじネタバレ10予告|2月8日~2月13日

スポンサーリンク

週間ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

おちょやん・朝ドラあらすじネタバレ10週の予告

【おちょやん】朝ドラあらすじネタバレ10週は、『鶴亀家庭劇』の旗揚げ公演にまつわる騒動が描かれます。

稽古初日・・・

千代や一平の努力が実り、人気役者の千之助が劇団に加わりました。

『鶴亀家庭劇』の名称がつき、一座はようやく動き出したのでした。

座長の一平は、家族全員で楽しめる芝居を作りたいと意気込みます。

そして、旗揚げ公演の演目として自ら書き下ろした『母に捧ぐる記』の説明を一平がはじめた時です。

「こんなん、おもろないで!」

大きな声を上げた千之助は、一平の台本を投げ捨ててしまうのでした。

数日後・・・

旗揚げ公演の演目は、千之助が書き下ろした『手違い噺』になりました。

しかも、千之助が勝手に決めた配役は、喜劇経験のない寄せ集めです。

稽古はうまく進まず、千代は不安を募らせるのでした。

公演初日・・・

芝居は順調に進み、残すは最後の場面だけです。

しかし、これまで客席からほとんど笑い声が上がっていませんでした。

すると千之助は、何の前触れもなく、台本にはない動きを始めました。

アドリブ王の千之助の本領発揮のため、千代たち共演者は面食らいます。

それでも、客席は爆笑に包まれ幕を下ろしたのでした。

「すごいなあ、あの人は・・・」

千代が感心する横で、一平は苦々しい顔を浮かべています。

一方で、かつて東京で人気女優だったこともある高峰ルリ子は不満が収まりません。

千之助に抗議しますが、逆に罵声を浴びせられてしまいます。

怒り心頭のルリ子は、「やめる」と口にして出ていってしまうのでした。

翌日・・・

役者を廃業するというルリ子を説得する千代。

ルリ子は、女優を絞め殺そうとしたという噂がありました。

そんなルリ子は、噂にまつわる過去を打ち明けだすのでした。

その後・・・

勝手にアドリブを始める千之助の、独壇場ともいえる日々が続いていました。

「笑いの取れない役者は用無しや!」

千之助の言葉に、千代をはじめ共演者全員が発奮しますが、まったく太刀打ちできないのでした。

千秋楽の前夜・・・

「え~!」

悔しさをかみしめる千代を驚かせる人物が現れました。

千代が芝居を始めた頃の師匠で、『山村千鳥一座』の座長だった千鳥です。

千鳥は、千之助に勝つことばかりを考える千代に、ある助言をするのでした。

千秋楽当日・・・

満員に詰めかけた客たちの目当ては千之助です。

芝居は進み、千之助が勝手に暴れ回る場面になりました。

これまで、千之助の芝居に振り回されていた千代たちでしたが、この日は自分たちの芝居を続けます。

アドリブ王と呼ばれる千之助ですが、さすがに面食らいます。

やがて、観客たちも舞台に引き込まれていくのでした・・・

◆山村千鳥役のモデル村田栄子さん!女座長の実話も怖かった?▶

◆千鳥役の若村麻由美さん!最年少名取りとなった13歳時に写真はコチラ▶

 

スポンサーリンク

『おちょやん』朝ドラあらすじネタバレ10予告・まとめ

船出を飾った鶴亀家庭劇♪

個性豊かなメンバーが集った『鶴亀家庭劇』。

千之助を演じる星田英利さんは、「視聴者に嫌われる覚悟」で、千代ちゃんや一平くんの壁になるとインタビューで語っています。

間違いなく、忖度なしの熱のこもった演技が見ることができそうですね。

どうなることやら、不安と期待が入り混じります~♪

て、『鶴亀家庭劇』のモデルは、ドラマと同じく1928年(昭和3年)に立ち上げられた『松竹家庭劇』です。

千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんの史実によれば、当初、浪花さんは助っ人女優としてスポット参加していたのだとか。

浪花さんを誘ったのは、顔見知りだった一平くんのモデル・2代目渋谷天外さんでした。

実は、二人は道頓堀の芝居茶屋『岡嶋』に下宿する仲間。浪花さんは1階に住み、渋谷さんは3階に住んでいたそうです。

二人の下宿先『岡嶋』が、【おちょやん】の『岡安』の元ネタということで間違いありませんね。

ちなみに、浪花さんが『松竹家庭劇』の専属になるのは、1930年(昭和5年)だったそうです♪

◆松竹創業者の白井松次郎(大山社長のモデル)の実話はコチラ▶

◆個性あふれる『鶴亀家庭劇』の座員たちはコチラ▶

◀9週11週▶

各話ネタバレはこちら