おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ4週19話|身売り話を受け入れる!ピンチで代打は千代?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2020年12月24日(木)放送
おちょやん第4週テーマ
「どこにも行きとうない」

【おちょやんネタバレ4週19話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

道頓堀の通りにて・・・

「お稽古一緒についていくの久しぶりやな」

千代は、『岡安』の娘・みつえの隣で、明るくふるまっています。

一方、みつえは、父親の都合で身売りされると知りながらも、陽気にふる舞う千代にいら立ちます。

「あんたの行く料理屋、客に女中をあてがうような悪い噂もあるて聞いたで・・・分かってんのか!」

みつえが心配しますが、千代は真顔で「分かってる!」と答えます。

そして、自分ではどうしようもないと言わんばかりに「ほな、どないしたらええ?」と、みつえを見つめるのでした。

『岡安』にて・・・ 

その頃、『岡安』では、お茶子たちが女将・シズに直談判していました。

「うちらで出せる精一杯のお金だす!足りない分は岡安から千代に貸したってもらえまへんやろか・・・お願いだす」

お茶子たちは、千代を救おうと必死に頭を下げます。

しかしシズは、そんなことをしても千代のためにならないと答えるのでした。

その日の事・・・ 

天海一座の公演が、突然千秋楽を迎えることになりました。

客の不入りが原因でした。

さらに、追い打ちをかけるように、看板俳優・千之助が書置きを残して失踪してしまいました。

書置きには『匹の目は、煮ても焼いても食えぬ。もはやこれまで』

と、一平を皮肉って書かれていました。

「俺が使いもんにならんアホやさかい、見限って出て行ったっちゅうこっちゃ・・・」

一平が事態を淡々と受け入れると、一座に諦めムードが広がります。

そんな中、一座の古株・天晴が、このままでは一座が終わってしまうと危ぶみます。

そして、「千さんの役はボンがやり!」と、あきらめ気分の一平を指名するのでした。

楽屋にて・・・  

座員たちに食事を配る千代。

幕が開く直前になって、さらなるピンチが一座を襲いました。

女中役の女形・要二郎がぎっくり腰で動けなくなったのです。

楽屋に動揺が広がり、時間がどんどん過ぎていきます。

すると、追い込まれた一平が、要二郎を介抱する千代を見てひらめきました。

「おるやないか、ほんまもんの女中が・・・お前、出え!」

一平は千代の手をつかむと、躊躇する間もなく舞台に引きずり上げるのでした。

舞台にて・・・  

芝居は、女中と浮気中の薬問屋の主人が、その女中と別れようとする話です。

一座の千秋楽を見届けるために駆けつけた、『岡安』のハナ、宗助、みつえは、突然、千代が出てきたため驚きます。

一平が演じる主人が、千代の演じる女中を追い出す場面になりますが、千代はあがりまくってセリフが飛んでしまいます。

すると、無意識のうちに、胸に押さえていた感情が言葉となって表れるのでした。

「ずっとここにいてたい・・・岡安にいてたいんや!もう一人になんのは嫌や。うちはどこにも行きとうない!・・・」

千代は涙ながらに叫びました。

やがてぽかんと見つめる観客を見て我に返った千代は、あわてて舞台から引っ込むのでした。

そんな千代の振る舞いに、客席は大きな笑いで沸くのでした。

舞台後の挨拶にて・・・

一座を代表して挨拶することになった一平は、戸惑いながらも口を開きます。

「また必ずここに戻ってまいります。必ず!・・・」

初めて芝居に対する熱い思いを、皆の前で宣言した一平。

その姿に、客席も大きな拍手と声援を送るのでした・・・

つづく

◆一平のモデル・二代目渋谷天外の実話とは?▶

スポンサーリンク

【おちょやんネタバレ4週19話|感想を最終話まで!

◀18話 | 20話▶

週間ネタバレはコチラ▶

初舞台は散々だけど素敵でした!

 

この投稿をInstagramで見る

 

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿


息の合ったコンビでしたね!

芝居オタの千代ちゃんだけに、急な出演でも完璧にこなすのでは・・・という淡い期待は裏切られました。

ピンチヒッターとしては散々でしたが、それでも、本音を叫べた千代ちゃんは素敵でした。

そんな千代ちゃんを咄嗟のアドリブでフォローした一平くんも、一皮むけた表情でした!

芝居に厳しい支配人の熊田さんの表情が、この芝居がいかに素晴らしかったことを伝えていましたね。

千代ちゃんの満足そうな表情は芝居に快感を覚えた顔でしたから、見ているほうも嬉しくなりました~♪

天晴さんの名言「人生、雨のち晴れ」ではないですが、千代ちゃんと一平くんが、苦難を乗り越えてどんな役者に成長していくのか楽しみですね。

ところで、シズさんがコソコソ動いていました!

何を企んでいるのでしょうか? 明日も見逃せません~♪

◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀18話 | 20話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレあらすじ4週19話|予告ポイント

千代ちゃんの女優デビューは成功?!

心の準備もなく舞台に上げられた千代ちゃん。

芝居オタクの千代ちゃんは、普段からのぞき見をして、台詞を覚えてしまいます。

一種の特技ですよね。そのため、天海一座の台詞も、しっかりと覚えていそうですよね。

とはいえ、そんな千代ちゃんでも、本番では真っ白になってしまいました。

しかし、笑い者になったということは、喜劇役者としては上々の出だしとしましょう♪

千代ちゃんは17歳で女優デビューしましたが、千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんのデビューは20歳だった、1927年(昭和2年)だったそうです。

芸術座出身の村田栄子の主宰する京都の一座で、初舞台を踏みました。

いずれ、そのエピソードもドラマに盛り込まれるとのことですので、楽しみです~♪

◆山村千鳥役のモデル村田栄子さん!女座長の実話とは?▶

◀18話 | 20話▶

週間ネタバレはコチラ▶