モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ5週21話|転職先はカフェーの女給!そうだ京都に行こう?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年1月4日(月)放送
おちょやん第5週テーマ
「女優になります」

【おちょやんネタバレ5週21話|あらすじを最終話までお届け!

スポンサーリンク

京都にて・・・ 

慣れ親しんだ大阪・道頓堀を、父・テルヲの借金取りのせいで追われるように飛び出した千代。

行くあてもなく汽車に乗り、たどり着いた先は『京都』でした。

おちょやん ネタバレ5週21話 京都にたどりついた千代のイラスト

千代は仕事を探そうと『口入屋』に駆け込みました。

「どないな仕事でもよろしおます!早いとこ仕事せな、うち生きていかれしまへん!」

一文無しの千代は、住み込みで働きたいと必死に頭を下げるのでした。

 

やがて、『口入屋』からの紹介でたどり着いた先は、「女優に遭える店」と看板を掲げるカフェーでした。

カフェー『キネマ』にて

千代が紹介された仕事は、カフェーの女給の仕事なのでした。

「僕が監督の宮元です!」

おちょやん ネタバレ5週21話 自称「監督」の店長・宮元潔のイラスト

店長は、自分のことを「監督」と呼ぶほど、活動写真(映画)が好きな宮元潔(みやもときよし)でした。

この店は本物の女優が働き、撮影所の人間も数多く訪れると宮元は自慢げに語ります。

「うまいこと行ったら、千代ちゃんも一躍スターさんや!えらい店やろ」

宮元は、千代も女優志望で来たのだと勘違いします。

しかし、千代はそれを否定すると、住み込みの働き口だから来たと事情を明かすのでした。

おちょやん ネタバレ5週21話 宮元店長とボーイの平田六郎のイラスト

すると宮元は急に事務的な口調になり、給金は無く、客からのチップだけが稼ぎだと条件を告げます。

「お茶子とおんなじだすわ!お願いします!」

目を輝かせた千代は、女給になることを決めるのでした。

二階の部屋にて・・・ 

千代が住むことになる部屋に入ると、相部屋となる先輩女給の宇野真理(うのまり)がいました。

おちょやん ネタバレ5週21話 相部屋の女給・宇野真理のイラスト

富山から家出してきたという美形の真理は、女優を目指していました。

「わからんことあったら何でも聞かれ。仲ようしまいけ!」

方言丸出しの真理が気さくに微笑むと、緊張していた千代の表情も明るくなるのでした。

夜の『キネマ』にて・・・ 

女給姿に身を包んだ千代は、控室から客で賑わう店内をのぞき見していました。

おちょやん ネタバレ5週21話 客と女給を見て震える千代のイラスト

そんな千代に、先輩・真理は、客をもてなす女給たちのことを、説明し出します。

一番人気の岩崎洋子(いわさきようこ)は、ちょい役で活動写真に出たことを自慢していると真理は呆れます。

おちょやん ネタバレ5週21話 一番人気の女給・岩崎洋子のイラスト

女優志望の真理は、洋子にライバル心を燃やしていたのでした。

一方で千代は、客に肩を抱かれたり、手を握られたりする光景を見て震えが止まらないのでした。

客席にて・・・ 

ついに、千代が客席に着くことになりました。

「これも生きるためや、やるしかあらへん!どっからでもかかってきい!」

おちょやん ネタバレ5週21話 気合を入れて客の前に行く千代のイラスト

自分を奮い立たせた千代は、先輩女給・真理と一緒に、老舗呉服屋の若旦那・染谷の席に着きました。

染谷は、千代には目もくれず、美形の真理をしつこく口説きます。

真理がやんわり拒否していると、染谷が大声で怒り出しました。

「この店は女給になんちゅう躾してんのや!店長呼べ!」

店内が騒然とする中、千代が機転を利かせました。

おちょやん ネタバレ5週21話 横柄な客をあしらう千代のイラスト

お茶子時代に培った経験と、得意の口達者ぶりを発揮して、染谷を簡単にあしらってしまったのでした。

「やるやないけ!」

騒動から逃げ隠れていた店長の宮元は、千代を見直すのでした。

そして、店内の客や女給たちも千代に拍手を送ります。

その時です。

おちょやん ネタバレ5週21話 千代を女優に誘う黒木社長のイラスト

東京で活動写真の制作会社をやっているという社長・黒木が、千代に近づきました。

「いいねえ・・・君、出てみないか?私がこれから作る活動写真に」

なんとそれは、突然の女優への誘いなのでした・・・

おちょやん ネタバレ5週21話 驚いて目を丸くする千代のイラスト

つづく

◆千代の新天地『京都の人たち』はコチラ▶

◆ルームメイトの真理役・吉川愛さんはあの天才子役だった!▶

スポンサーリンク

【おちょやんネタバレ5週21話|感想を最終話まで!

◀20話 | 22話▶

週間ネタバレはコチラ▶

京都編もクセが強い~♪


新たな舞台は「京都どす〜」でした!

『キネマ』も、クセの強そうなメンバーがそろっていましたね♪

怪しげな雰囲気の店構えで、映画監督かぶれの調子のいい宮元店長と、強面だけど心優しい雰囲気の助監督こと、ボーイの平田くん

そして、女給さんたちもワケアリの顔ぶれが勢ぞろい!

売れない女優の洋子さんをはじめ、一家の大黒柱として稼ぐ純子さん、男に復讐するために笑顔を振りまく京子さん。

そして、千代ちゃんが頼りにする真理ちゃんも、詳しく聞きたくなるような事情を抱えていました。

『キネマ』は、スピンオフ編がたくさん作れそうな個性的なメンバーです~♪

さて、女給さんたちは、お給料は無しで、チップから手数料2割と食事代や衣装代などが引かれるという厳しい条件で頑張っています。

お茶子時代の経験を活かして理不尽な客をスカッとやり込めた千代ちゃんは、店の人気者になるのか?

さてさて、今後が楽しみです~♪

◆千代のモデル・浪花千栄子さん!女給時代の学んだこととは?

◀20話 | 22話▶

週間ネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレあらすじ5週21話|予告ポイント

新たな出会いに期待♪

▼千代と相部屋の真理役・吉川愛さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉川 愛(@ai_yoshikawa_official)がシェアした投稿

物語の舞台は京都になりました!

千代ちゃんが働くことになったカフェー『キネマ』には、個性的な面々がそろっているようです。

映画好きの宮本監督(店長)は、仕事中に映画用語を連発するのかもしれませんね。

道頓堀とはガラッと雰囲気が変わりそうです~♪

千代のモデル・浪花千栄子さんは、京都に着いた時に旅館に泊まるほどの所持金もなかったそうです。

すぐに口入れ屋(職業あっせん所)に行き、『住み込み女中』の仕事を希望したそうですが、その日は女中の求人はなかったのだとか。

代わりに紹介されたのがカフェーの女給でした。

カフェーの女給は、今でいう『キャバクラ嬢』のような存在らしく、浪花さんは困ったそうです。

しかし背に腹は変えられず、清水の舞台から飛び降りる心境で飛び込んだそうです。

仕方なく始めた女給の仕事でしたが、その選択がその後の人生に大きな転機をつかむことになるのだとか・・・。

千代ちゃんも女優への道を歩きはじめた!?

◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀20話 | 22話▶

週間ネタバレはコチラ▶