モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ6週30話|期待の大部屋女優?!千代が受ける洗礼とは?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年1月15日(金)放送
おちょやん第6週テーマ
「楽しい冒険を続けよう」

【おちょやん】あらすじネタバレ6週30話|最終話までお届け!

スポンサーリンク

鶴亀映画京都撮影所にて・・・ 

 

ついに撮影所に足を踏み入れた千代。

そんな千代に、男が声を掛けます。

「女優の竹井千代さんですか?」

おちょやん ネタバレ6週30話 千代に声を掛ける助監督・小暮真治のイラスト

その男は、助監督の小暮真治(こぐれしんじ)と名乗りました。

千代は、「女優」という言葉を聞いて心躍るのでした。

広大な敷地の撮影所の中を進むと、江戸時代の街並みのオープンセットで撮影が行われていました。

千代はその光景に、目を奪われます。

「すごいなあ・・・何や夢の中みたいや。よっしゃ、うち決めた!絶対にここ入る!」

おちょやん ネタバレ6週30話 絶対合格すると意気込む千代のイラスト

千代は決意すると、面接試験に絶対合格すると小暮に宣言するのでした。

【30話の展開】

 

あっさり合格・・・

 

助監督の小暮に案内されて所長室に入った千代。

 

そこには、所長の片金平八(かたがねへいはち)と、映画監督のジョージ本田(ほんだ)が待っていました。

 

片金は、座長・千鳥の古くからの知り合いでした。

 

緊張する千代を、品定めするように見つめた片金は、あっさりと合格を出すのでした。

 

おちょやん ネタバレ6週30話 千代を品定めする片金のイラスト

 

千代が感激する一方で、片金とジョージは、千代が大成することなく『大部屋女優』のまま終わるだろうと予測するのでした。

 

先輩から洗礼・・・

 

新たに入った女優が、最初に入る『大部屋』に案内された千代。

 

早速、先輩女優たちに挨拶します。

 

そんな千代に、遠山弥生たちはいきなり嫌がらせするのでした。

 

おちょやん ネタバレ6週30話 大部屋女優の先輩たちに挨拶する千代のイラスト

 

千代は、自分の席すらもらえないのでした。

 

いきなりの出番・・・

 

大部屋の外で千代が憤慨していると、助監督の小暮がやって来ました。

 

小暮は、女中役の女優が腹痛を起こしたため、千代に代役で出てほしいと言います。

 

千代は、大急ぎで、準備させられるのでした。

撮影現場にて・・・ 

わけがわからないまま、撮影現場に連れてこられた千代。

千代の到着を確認した監督のジョージは、日が暮れる前に撮影を終えるために、すぐにフィルムを回し始めます。

小暮は、「ただ歩いてくれたらいいから」と指示すると、千代を送り出すのでした。

おちょやん ネタバレ6週30話 撮影の臨む千代イラスト

指示通りに歩く千代でしたが、何か物足りなさを感じます。

そこで千代は、勝手に饅頭屋で饅頭を注文してしまいました。

しかし運悪く、主役に被ってしまうのでした。

ジョージは慌てて撮影を止めると、千代に勝手に設定を作るなと迫ります。

しかし、千代は納得できず反論する始末です。

怒り狂ったジョージは、「女中なし!」と告げると、千代を外して撮影を再開させるのでした。

「何で!?」

千代の悲痛が響くのでした・・・

おちょやん ネタバレ6週30話 監督から外されて悲鳴を上げる千代のイラスト

つづく

◆映画を作る『鶴亀撮影所』の人たちはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやんあらすじネタバレ6週30話|感想を最終話まで!

◀29話 | 31話▶

週間ネタバレはコチラ▶

千代ちゃんが食われちゃう~!?


芸名『バンブー・ベロニカ』がじわじわきます~♪

撮影所は『夢の中』ではありませんでした・・・

あっさり合格した千代ちゃんでしたが、一筋縄でいかないキャラクターが立ちはだかります~!

クセの強い所長と、ハリウッドかぶれの監督、イケズな大部屋女優たち・・・。

一応女優の洋子さんがつぶやいた、「ほんまに大変なんは入ってからや。撮影所は食うか食われるかの戦場や」は、見事に的を得た表現でした。

洋子さんも数々の洗礼を浴びたのかもしれませんね。

さて、千代ちゃんの唯一の味方は小暮くんです。

小暮くんの爽やかな笑顔に、キュンキュンしてしまいそうですね。

来週からの展開が楽しみです~♪

◆助監督の小暮役・若葉竜也さんは『チビ玉三兄弟』だった!▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ6週30話|予告ポイント

あっさり合格、大部屋女優?!

▼小暮助監督役の若葉竜也さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

若葉竜也(@ryuya_wakaba.official)がシェアした投稿

今度は映画女優になりました!

拍子抜けするほどあっさり合格した千代ちゃんは、大部屋女優からスタートです。

大部屋女優は、台詞などほとんどない端役で、『その他大勢・エキストラ』といったクラスです。

ここで埋もれてしまうと、「売れない女優」で終わってしまう・・・。

憧れのスター女優・百合子さんと対等に演じられるように、早く頭角を現せることを期待します~♪

さて、ドラマの背景は1924年(大正13年)。

当時の京都は「日本のハリウッド」と呼ばれるなど、日本映画の中心地になっていました。

もともと時代劇映画が盛んに作られていたそうですが、前年の『関東大震災』の影響で、現代劇も京都で撮影されるようになっていたのだとか。

そのため、東京から数多くの俳優やスタッフが集まっていました

千代ちゃんは、初めて関東出身者と交流が始まりそうですね♪

◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀29話 | 31話▶

週間ネタバレはコチラ▶