おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ9週45話|あの漆原さんが?!千之助を笑わせたのは誰?

 

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年2月5日(金)放送
おちょやん第9週テーマ
「絶対笑かしたる」

【おちょやん】あらすじネタバレ9週45話|最終話までお届け!

スポンサーリンク

路地裏にて・・・ 

我を忘れて一平を殴る、女形・漆原。

おちょやん ネタバレ9週45話 漆原から殴られる一平のイラスト

「俺はおやじさんの名を継ぐ役者になれるんやて信じてきたんや!それを楽しみに喜劇やってきたんや!それやのに何で!」

漆原は、怒りと悲しみを爆発させました。

抵抗することなく殴られ続けた一平は、フラフラしながら漆原につかみかかります。

「これやったらできるやろ、男の役かて・・・。辞めてほしないねん!一緒に新しい喜劇作ってくれ、頼むわ・・・」

わざと殴られた一平は、力を振り絞って漆原に気持ちを伝えると、意識を失ってしまうのでした。

千代が指摘する・・・

 

意識が戻った一平。

 

千代は、新しい劇団がうまくいくことを願っているという漆原のメッセージを伝えました。

 

おちょやん ネタバレ9週45話 一平に指摘する千代のイラスト

 

そして千代は、再び千之助を失望させることが怖いのだと一平に言うと、自分自身から逃げているだけだと指摘するのでした。

 

 

一平が千之助の前に・・・

 

千之助を笑わせようとして、必死になる千代と天晴と徳利。

 

三人がかりでもかなわず、怒らせてしまう始末です。

 

そこに、顔に包帯を巻いた一平が入ってきました。

 

千之助の前にひざまずいた一平は、日本一の喜劇一座を一緒に作ってほしいと頭を下げました。

 

おちょやん ネタバレ9週45話 千之助に頭を下げる一平のイラスト

 

一方で千之助は、かつての一平の父・天海と重なり胸が熱くなるのでした。

 

一平が顔を上げた時です。

 

包帯が取れて、瞼が腫れた顔を露わになりました。

 

その顔を見て、たまらず千之助が吹き出しました。

 

皆で大笑いする中で、千之助は『一平の劇団』に入ってやると口にするのでした。

稽古場にて・・・ 

皆が揃った稽古初日の日。

帽子を被ったスーツ姿の男が、突然入ってきました。

「俺の席あるかな?」

髪を切り、女形から男性役者に生まれ変わった漆原が復帰したのでした。

おちょやん ネタバレ9週45話 鶴亀家庭劇の劇団員が揃ったイラスト

全員が揃ったところで、一平は新たな劇団名を『鶴亀家庭劇(つるかめかていげき)』と発表しました。

そして、家族連れの客が一生懸命に生きていこうと思える芝居を届けたいと、命名理由を語ります。

「俺は家庭いうもんをよう知りません。せやけど今日からここが俺の家庭や!みんなで力を合わせて、新しい喜劇を一緒に作っていきましょう!」

一平が意気込むと、稽古場に拍手が広がるのでした。

続けて一平が、旗揚げの目玉の演目『母に捧ぐる記』について説明を始めようとしました。

その時です。

「ちょっと待ってくれ!」と千之助が声を上げました

千之助は、一平の台本はひとつも面白くないと投げ捨てると、懐から出した自分の台本を、一平の前に放り投げました。

「旗揚げのトリはこの台本でいく!」

千之助が、鋭い眼差しで一平をにらむのでした・・・

おちょやん ネタバレ9週45話 一平をにらみつける千之助のイラスト

つづく

◆漆原さん!演じるのは大衆演劇界のプリンス・大川良太郎さん!▶

◆一平のモデル・2代目渋谷天外さんの破天荒人生とは?▶

◆火種になる?千之助のモデル・曾我廼家十吾の実話はコチラ▶

2021・冬1-3月期人気ドラマ・ネタバレあらすじはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやんあらすじネタバレ9週45話|感想を最終話まで!

◀44話 | 46話▶

週間ネタバレはコチラ▶

キャ~漆原さ~ん♪


妖艶な女形から一転、キリっとダンディに変身した漆原さん。

漆原さんを見つめる千代ちゃんの瞳は、キラキラ星でした。

顔だけでなく声もイケメンで、メロメロになった人も多いことでしょう。

この機会に、漆原さん自身も知らなかった、新たな自分の魅力に気付くきっかけになるはずです~♪

さて、雨降って地固まった格好で立ち上がった『鶴亀家庭劇』。

一平くんは、ホッコリできるような『ホームドラマ』、『ホームコメディ』を作るようです。

個性的な劇団員による掛け合いで、素敵な笑いが生まれそうですね。

『家庭』を知らない一平くんと千代ちゃんが作る喜劇に注目です~♪

ところで、一平くんと千代ちゃんは、ぶつかり合いながらも寄り添い支え合う感じがにじみ出ていました。

今後の2人の関係性も気になります~♬

◆漆原さん!演じるのは大衆演劇界のプリンス・大川良太郎さん!▶

◆一平のモデル・2代目渋谷天外さんの破天荒人生とは?▶

◆火種になる?千之助のモデル・曾我廼家十吾の実話はコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ9週45話|予告ポイント

千之助さんが笑った~♪

千之助さんを笑わせたのは一平くんでした!

結局、千代ちゃんは、千之助さんを笑わせることができませんでしたね。

一平くんにしても、芸ではなく、殴られた顔を笑われました。

千代ちゃんと一平くんが、芸で笑わせる日はいつになるのでしょうか~♪

ところで、物語の舞台は1928年(昭和3年)夏です。

『鶴亀家庭劇』のモデルになった『松竹家庭劇』は1928年(昭和3年)9月に旗揚げされました。

創設の理由は、ドラマの中の『万太郎一座』のモデル『曾我廼家五郎一座』の一強体制を危惧した松竹が支援して立ち上げられたそうです。

松竹の思惑通り、『松竹家庭劇』と『曾我廼家五郎一座』はしのぎを削り、大阪の喜劇界はけん引したのだとか。

さて、『鶴亀家庭劇』には個性の強いメンバーが揃うだけに、これからも波乱が起きそうです~♪

◆漆原さん!演じるのは大衆演劇界のプリンス・大川良太郎さん!▶

◆一平のモデル・2代目渋谷天外さんの破天荒人生とは?▶

◆火種になる?千之助のモデル・曾我廼家十吾の実話はコチラ▶

◀44話 | 46話▶

週間ネタバレはコチラ▶