おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ13週63話|愕然!一平の母・夕が衝撃の事実を明かす!

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年3月3日(水)放送
おちょやん第13週テーマ
「一人やあらへん」

【おちょやん】あらすじネタバレ13週63話|最終話までお届け!

スポンサーリンク

道頓堀の居酒屋にて・・・ 

千代と一平が、京都で母・夕を探している頃。

おちょやん ネタバレ13週63話 天海に語り掛ける千之助のイラスト

夕の居場所を千代に教えた千之助が、心の中で、天国にいる一平の父・天海に語り掛けるのでした。

「すまん約束破ってもうたわ・・・。けど、もうええんとちゃうか・・・」

【63話の展開】

 

キネマで聞き込み・・・

 

一平の母・夕の情報を求めて、客にたずねる千代と一平。

 

千代のかつての客から、有力な情報を得ることができました。

 

幼い頃の優しい母の記憶を辿った一平は、気持ちがはやります、

 

おちょやん ネタバレ13週63話 一平の記憶の中の母・夕のイラスト

 

一方で、父と同じ役者をしていると知れば、夕は落胆するのではないかと不安になるのでした。

 

そんな一平を安心させるように、千代は、夕はきっと天海を許しているはずだと言います。

 

そして、一平と暮らしたいと思っているかもしれないと、期待をにじませるのでした。

 

 

母と対面・・・

 

翌朝、旅館『夕凪』(ゆうなぎ)をたずねた千代と一平。

 

客の見送りに出ていた女将が、一平を見てすぐに気づきました。

 

女将は、一平の母・夕でした。

 

客室に通されたものの、一平はどう接していいのか言葉が出ません。

 

一方で夕は、迷惑そうに用件は何だと言うのでした。

 

おちょやん ネタバレ13週63話 迷惑そうに一平を見つめる夕のイラスト

 

見かねた千代は役者仲間だと自己紹介すると、一平の話を聞いてほしいと頭を下げました。

 

ようやく落ち着いた一平は、夕を守ることができなかったこと詫びました。

 

そして、父・天海を見返すために役者になったと報告します。

 

すると夕は、一平は何も分かっていないと語気を強めました。

 

夕は、自分は追い出されたのではなく、自分が男を作り、一平を捨てて家を出たと打ち明けます。

 

そして、父親を悪く言うなと諭すのでした。

 

強い衝撃を受けた一平は、信じようとしません。

 

おちょやん ネタバレ13週63話 衝撃の事実を知り呆然とする一平のイラスト

 

しかし夕は、天海は芝居の事しか頭になかったと冷たく言うと、一平の子守に明け暮れる日々にうんざりしていたと言います。

 

呆然とする一平を見据えた夕は、部屋を出て行きます。

 

記憶をたどった一平の脳裏に、夕が男と出て行った日の事が鮮烈に蘇るのでした。

 

 

 

手切れ金・・・

戻ってきた夕が、一平の前に分厚い封筒を放り投げました。

 

『手切れ金』だと吐き捨てた夕は、旦那に見つかる前に出て行けと険しい顔で告げます。

 

愕然とした千代は、思わず夕の顔を平手打ちし、つかみ合いの喧嘩が始まりました。

 

おちょやん ネタバレ13週63話 夕につかみかかる千代のイラスト

 

すると、一平が畳の上を転がりながら大笑いしだしました。

 

一平は、思い出したくないことを都合よく忘れていた自分の愚かさが、おかしくてたまらなかったのでした。

客室にて・・・ 

笑い終えた一平。

封筒から汽車賃分だけを抜き取り、残りを夕に突き返しました。

すると、夕が声を上げました。

「二度と来んといて!この疫病神!」

夕は一平から目をそらし、口を一文字にして涙をこらえます。

そんな夕に、一平は別れの言葉をかけました。

「どうかお幸せに・・・」

そして一平は、目を真っ赤にして、夕に憎悪をむき出しにする千代の手を引き、部屋から出て行くのでした。

 

千代と一平が出て行った後・・・

息子・一平に不器用な愛情をぶつけた夕は、一人泣き崩れるのでした・・・

おちょやん ネタバレ13週63話 泣き崩れる夕のイラスト

つづく

 

◆一平の母・夕役の板谷由夏さん!夫や子どもは?▶

◆ここも故郷!『キネマ』の愉快な6人の仲間たちはコチラ▶

◆2021・人気冬ドラマの視聴率とネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやんあらすじネタバレ13週63話|感想を最終話まで!

◀62話 | 64話▶

週間ネタバレはコチラ▶

衝撃のエピソードでした・・・


【MEMO】
一平の名付け親は母・夕。
名前の意味は、水平線のようなまっすぐで大きい人間になってほしいという、願いが込められていました。

見ていて辛かったですが、見応えのある回でした。

我が子のため心を鬼にする夕さん。

本当は息子抱きしめたかったはずでしょうが、全てを飲み込んで自分が悪者になったのでしょうね。

事情があったにせよ一平を置いて出たことに負い目を感じているからか、憎まれ役を通したと思いたいですね。

襲名を誰よりも喜んでくれることを期待したいです♪

一方で、千代ちゃんには理想の母親像があったのではないでしょうか。

夕さんの本当の思いなど知る由もないでしょうから、一平くんのためでありながらも、自分自身の怒りもあったのかもしれませんね。

そして、千之助さんが、誰よりも一平のこと見ていてくれました。

一平くんが『母の無償の愛』を描こうとした時に、無情にも赤を入れた千之助さんは、すべての事情を知った上でのことだったのでしょうね。

【おちょやん】には不器用な愛が多くて、見逃せないです~♪

◆一平の母・夕役の板谷由夏さん!夫や子どもは?▶

◆ここも故郷!『キネマ』の愉快な6人の仲間たちはコチラ▶

◆2021・人気冬ドラマの視聴率とネタバレはコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ13週63話|予告ポイント

母と子の感動のご対面~!

▼母役の板谷由夏さん(左)

 

この投稿をInstagramで見る

 

板谷由夏(@yukaitaya)がシェアした投稿

約1年ぶりに京都へ戻った千代ちゃん。

愉快な『キネマ』の面々との再会を、たっぷりと楽しみたいところです!

でも、今回はおあずけですね。

寡黙でぶっきらぼうのイケメン(一平くん)を連れた千代ちゃんに、宮元監督や真理ちゃんたちがどんな反応を示すのか興味津々です~♪

さて、一平くんとお母さんのご対面が気になります。

感動のご対面なのか、ぎこちないご対面になるのか・・・。

幼い頃に離れ離れになったため、一平くんの記憶の中にお母さんはありません。

あまり感情を出すことのない一平くんですが、ここは感情を露わにしてもらいたいですね。

そして何より、どんな事情があって夕さんが家を飛び出してしまったのか、気になることが盛りだくさんです。

そんな母・夕役を演じるのは、クールビューティーな魅力の板谷由夏さんです~♪

 

◆一平の母・夕役の板谷由夏さん!夫や子供は?▶

◆ここも故郷!『キネマ』の愉快な6人の仲間たちはコチラ▶

◆2021・人気冬ドラマの視聴率とネタバレはコチラ▶

◀62話 | 64話▶

13週14週史実編はコチラ▶

週間ネタバレはコチラ▶