おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ19週|弟死亡!?寛治があのガラス玉を持って帰国する!

おちょやん ネタバレあらすじ 19週

おちょやん朝ドラネタバレあらすじ19
「その名も、鶴亀新喜劇や」


NHKおちょやん

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ19予告|4月12日~4月16日

スポンサーリンク

週間ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

おちょやん・朝ドラあらすじネタバレ19週の予告

【おちょやん】朝ドラネタバレあらすじ19週は、終戦から3年後、『鶴亀新喜劇』が発足・・・

 

◆1948年(昭和23年)・・・

終戦から三年。

千代たちの『鶴亀家庭劇』は地方巡業しながら公演を続けています。

そんなある日、『鶴亀』の大山社長から道頓堀に呼び出されました。

大山は、再建した『新えびす座』の新しい劇団として、『鶴亀新喜劇』を発足させると言います。

そして、その劇団に家庭劇を迎え入れ、座長を一平に任せたいと構想を語りました。

一方、一平や千代たちは、戦時中に大山から切り捨てられたことが許せず、すぐには受け入れられないのでした。

 

◆『岡福うどん』にて・・・

シズとみつえが始めた、うどん屋で相談を始めた千代たち。

「ちょっとけったいやないか?」

なぜ大山社長が、喜劇王・万太郎の一座ではなく、自分たちを呼んだのか不思議でした。

するとシズが、万太郎は『のどのガン』で声を失ったと明かすのでした。

 

◆『新えびす座』にて・・・

声を失った万太郎が、最後に一日だけ『新えびす座』の舞台に上がることになりました。

なんと、長くいがみ合っていた、千之助も一緒です。

2人が同じ舞台に立つのは四十年ぶりのことです。

万太郎と千之助は観客を大笑いさせ、拍手に包まれながら幕は下りたのでした。

 

◆その翌日・・・

『鶴亀新喜劇』の稽古場に、家庭劇の一同が集まりました。

一平は、行方不明の寛治が戻ってきた時のために、新喜劇に参加することを決断したのでした。

『鶴亀』の大山と熊田は、劇団に新しく加わる役者を紹介します。

朝日奈灯子(あさひなとうこ)、須賀廼家万歳(すがのやばんざい)、須賀廼家千兵衛(すがのやせんべい)の3人です。

そして、年明けに初春興行をすることが決まったのでした。

 

◆稽古場にて・・・

稽古中にセリフを飛ばしてしまい、即興も出なかった千之助。

そんな千之助の脳裏に、万太郎の言葉が蘇るのでした。

「セリフは忘れる即興も出えへん・・・そないなったら役者は終わりや・・・」

 

◆天海家にて・・

千代と一平が自宅に戻ると、思わぬ人物が待っていました。

満州に行ったまま行方知らずだった寛治です。

涙を流して喜ぶ千代に、寛治は『ガラス玉』を差し出しました。

それは、千代が、弟・ヨシヲに渡した母の形見でした。

寛治は、偶然にも満州でヨシヲに助けられたと言います。

そして、女性を助けようとして命を落としたヨシヲから、ガラス玉を託されていたのでした。

ヨシヲ死亡の知らせは、千代を悲しませるのでした。

 

◆ある日の稽古場で・・・

「千代、お前がやれ。お前が主役や」

突然、千之助が、主役を千代に譲ると言いました。

それ以来、千之助は稽古場に顔を出さなくなるのでした・・・

 

◆灯子役の小西はるさん!小西真奈美さんと親戚ってホント!?▶

◆嵐を呼ぶ?灯子(とうこ)のモデル・九重京子さんとは?▶

◆弟ヨシヲ役・倉悠貴さん!運命を変えた写真はコチラ▶

◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ19予告・まとめ

ヨシオくんの消息が判明!

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿

時が3年もスキップしました!

まさか、ヨシヲくんがこんな結末を迎えるとはビックリです。

いつか更生した姿で、再登場してくれると願っていたので本当にショック・・・

千代ちゃんのことが心配です~

寛治くんは、不思議な縁でヨシヲくんに出会い、助けてもらいました。

ガラス玉が引き付けた縁かもしれませんね。

千代ちゃんが安心できるような、ヨシヲくんの心温まるエピソードを聞けることを期待したいと思います♪

さて、いよいよ『鶴亀新喜劇』が旗揚げとなりました。

同喜劇のモデルは、今も続く『松竹新喜劇』です。

ドラマと同じ1948年(昭和23年)12月に旗揚げされた『松竹新喜劇』は、3つの一座が合体して結成されました。

当初は低評価で、興行的に大失敗だったそうですが、徐々に人気を得ていったのだとか。

発足時の『松竹新喜劇』(前列左2番目から・天外・十吾・千栄子・後列左2番目・藤山寛美)

 

そんな中、 千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんは、人の嫌がる役を一手に引き受けていました。

時には若い男、時には老婆、時には犯罪者など、その芸域は広かったそうです。

なぜならば、座長である渋谷天外さんの妻でもあったため、サポート役として劇団を支えていたとのことですよ。

決して華やかな役でなくても、舞台をキリっと締める浪花さんは、『松竹新喜劇』になくてはならない女優として注目を集めていくようになったそうですよ。

ドラマでは、新しい時代を迎える中で、千之助さんが大きな決断を下す気配です。

長年のライバルの万太郎さんと和解した千之助さんは、新劇団や新しいメンバーをどう見ているのでしょうか。

そして、女優として一段と成長する千代ちゃんに注目です~♪

 

◆嵐を呼ぶ?灯子(とうこ)のモデル・九重京子さんとは?▶

◆灯子役の小西はるさん!小西真奈美さんと親戚ってホント!?▶

◆ヨシヲ役・倉悠貴さん!運命を変えた1枚の写真とは?▶

 ◆おちょやんのキャストとモデル一覧はコチラ▶

◀18週20週▶

戦後の【史実編】はコチラ▶

各話ネタバレはこちら