おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】あらすじネタバレ20週98話|底抜けにアホな千代にさらなる衝撃が襲う!?

朝ドラ「おちょやん」
ネタバレあらすじ感想
2021年4月21日(水)放送
おちょやん第20週テーマ
「何でうちやあらへんの?」
おちょやんネタバレあらすじ20週98話

【おちょやん】あらすじネタバレ20週98話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*あらすじの予告編です。放送後フルバージョンを追記しています。

『岡福うどん』にて・・・

家を飛び出した千代は、『岡福うどん』に駆け込みました。

事情を知ったシズは、許せないなら離縁すればいいと言うのでした。

冷静になった千代は、劇団員たちのことを考えると答えを出せなくなります。

さらに、一平以上に灯子が苦しんでいるだろうと、本気で灯子のことを心配するのでした。

おちょやんネタバレあらすじ20週98話 千代を心配するみつえのイラスト

「底抜けのアホや!」

千代のことが心配でならないみつえは、この期に及んで灯子を気遣う千代を説教するのでした。

 

大山社長が現れる・・・

千代のもとへ、『鶴亀』の大山社長がやって来ました。

滅多に人をほめない大山が、新喜劇が上手くいっているのは千代のおかげだと称賛します。

そして大山は、一平が灯子に魔が差したのは、脚本の新作が書けない苦しさが理由だったと明かすのでした。

おちょやんネタバレあらすじ20週98話 千代を褒める大山社長のイラスト

千代は、体調が悪い中でわざわざ来てくれた大山社長に感謝します。

「何があっても芝居だけはちゃんとやりますさかい、安心して、体を養生してください」

大山社長を見送った千代は、一平と向き合うことを決めたのでした。

 

考えた末・・・

「何度もよう考えたんやけどな・・・、うちは一平が灯子にしたことが許せへんだけやねん!」

千代はみつえにそう言うと、灯子が一平を許すのならば、これまで同じように一緒に芝居がしたいと言います。

さらに一平とも、今まで通りでいいと言うのでした。

みつえは呆れますが、千代の一番の心配は灯子だったのでした。

 

次の日・・・

覚悟を決めた千代。

一平を引き連れて、灯子の家の前までやって来ました。

そこで一平に、何百回でも灯子に謝るようにと釘を刺します。

「ただし、遊びやったとか言うたら絶対にアカンで!余計傷ついてしまうさかい、ええな!」

千代が忠告すると、一平はうなずくのでした。

 

その時です。

灯子の家から人が出てきました。

千代は思いもよらぬ事実を知ることに・

言葉を失ったまま帰宅した千代はショックでふさぎ込みました。

そんな千代のもとへ、香里が現れたのでした・・・

 

◆灯子役の小西はるさん!物議を呼んだCMはコチラ▶

◆灯子(とうこ)のモデル・九重京子さんの写真はコチラ▶

◆一平役・成田凌さんの元恋人の朝ドラヒロインとは?▶

◆【おちょやん】キャスト一覧・相関図はコチラ▶

スポンサーリンク

【おちょやん】あらすじネタバレ20週98話|予告ポイント

◀97話 | 99話▶

週間ネタバレはコチラ▶

浮気は芸の肥やしではない~!

イケメン一平くん(成田凌)さんの評判が一気に落ちる危機。

史実によれば、当時、千代ちゃんのモデル・浪花千栄子さんは、夫・渋谷天外さん(一平くんのモデル)の度重なる浮気を、我慢しながらも容認していたそうです。

浪花さんは自伝で、我慢する以外に、夫婦関係を保つ方法が分からなかったと語っています

浪花さんは、仕事も家庭も完璧で、常に献身的な姿勢だったそうで、それが渋谷さんには苦痛だったと言われています。

浮気の頻度は尋常ではなく、劇団の女優とも一度や二度でなかったのだとか。

そんな浪花千栄子さんは、当時、『松竹新喜劇』の看板女優として一座を引っ張っていました。

その存在感は絶大で、大阪で浪花さんを知らぬ者はいないほどだったとか。

苦労した末に大女優になっても、『七転び八起き』の人生は続きます。

千代ちゃんの人生はどうなってしまうのか・・・

 

◆灯子役の小西はるさん!物議を呼んだCMはコチラ▶

◆灯子(とうこ)のモデル・九重京子さんの写真はコチラ▶

◆一平役・成田凌さんの元恋人の朝ドラヒロインとは?▶

◆【おちょやん】キャスト一覧・相関図はコチラ▶

◀97話 | 99話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおちょやん