モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】あらすじネタバレ2週10話|ぐうの音も出ない!菅波のドライな言葉とは?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年5月28日(金)放送
おかえりモネ・第2週テーマ
「いのちを守る仕事です」

【おかえりモネ】あらすじネタバレ2週10話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

避難小屋にて・・・ 

少年・圭輔の意識を回復させようと必死に声をかける百音。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 2週10話 パニックになる百音のイラスト

「すごい震えてます。どうしよう先生!どうすれば・・・」

パニック寸前の百音は、電話越しに指示をしてくれる診療所の医師・菅波に助けを求めました。

すると菅波は、圭輔の震えは体の機能が回復したサインだと百音を落ち着かせるのでした。

【10話の展開】

 

避難小屋にて・・・

 

少年・圭輔の体温の低下に注意しながら、声を掛け続ける百音。

 

しかし疲れ切った圭輔は、ついウトウトしてしまいます。

 

なんとか圭輔を起こそうと、百音が自分のリュックの中を探ると、父・耕治から渡された木の笛を見つけました。

 

百音が笛を吹くと甲高い音が響き渡り、驚いた圭輔は目を覚ましたのでした。

 

 

森林組合のカフェにて・・・

 

雨が上がり、無事に救出された百音と少年・圭輔。

 

医師・菅波の診察によって、圭輔の体の無事も確認されました。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 2週10話 圭輔を診察する菅波のイラスト

 

百音は自然の怖さを痛感するのでした。

 

 

念のために圭輔は、大きな病院で検査を受けることになりました。

 

圭輔の父親は、百音のおかげで助かったと感謝するのでした。

 

 

森林組合の中庭にて・・・

 

大きな病院に行く少年・圭輔と父親を見送った百音。

 

すると医師・菅波が、圭輔の父親の言葉を真に受けてはダメだと、百音に釘を刺しました。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 2週10話 百音に釘を刺す菅波のイラスト

 

たまたま知り合いの気象予報士と、医者の知識や判断に助けられただけだと菅波は言い、百音にプロになるようにと苦言を呈します。

 

そして、森林組合に正式採用になったにも関わらず、まだ「何かを見つけたい」などと口にするのは、組合の人たちにも失礼だと告げるのでした。

 

さらに菅波の苦言は続きます。

 

自分のやりたいことが見つかってもいない状態で、父・耕治に啖呵を切ることなど、自分にはできないと厳しい口調が続きます。

 

菅波は、百音が父・耕治に言った言葉を苦々しく感じていたのでした。

 

そして最後に、百音は甘えていると告げると菅波は立ち去っていくのでした。

 

ぐうの音も出ない菅波の言葉に、百音は立ち尽くすしかありませんでした・・・

 

 

下宿先・新田家にて・・・

 

林業の本や資料広げ、ぼんやりと考え込む百音。

 

そんな中、百音たちを助けてくれた気象キャスター・朝岡から電話が掛かって来ました。

 

百音が丁重にお礼を伝えると、朝岡は無事を喜ぶのでした。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 2週10話 百音の気象を語る朝岡のイラスト

 

朝岡が電話を掛けてきた目的は、今日の天気を検証するためです。

 

自然相手に絶対はないと口にした朝岡は、少しでも確からしい情報が得ることが出来れば人間は動けると力を込めます。

 

すると朝岡は、山と海は水を介して空と繋がっていると言います。

 

海のことを知っていて、山のことを知ろうとしている百音は、空のことも知るべきだと朝岡はアドバイスするのでした。

書店にて・・・ 

『気象予報士試験』の参考書を手に取った百音。

百音の目に飛び込んだのは、『気象予報士は命を守る仕事です』という一文でした。

それは、百音の心に強く響くのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 2週10話 気象予報に興味を持つ百音のイラスト

つづく

 

◆3週11話から登場するモネの同級生たちのプロフはコチラ▶

◆【おかえりモネ】キャスト相関図一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【おかえりモネ】あらすじネタバレ2週10話|予告ポイント

◀9話 | 11話▶

週間ネタバレはコチラ▶

百音、元気だしていこう~!

菅波先生、ごもっともです!ぐうの音も出ません・・・。

クール菅波のドライな言葉に打ちのめされて、ぴえんです。

でも、百音ちゃんは、雷雨の中で無我夢中で頑張ったんですよ!

ほんのちょっとだけでもいいので、頑張った百音ちゃんを褒めてくれることを期待したいです~♪

 

さて、第2週の締めくくりで百音ちゃんの『気象予報士すごろく』は一歩前進!

ちなみに、『気象予報士』が国家資格になったのは1993年(平成5年)で、百音ちゃんが生まれる2年前のことです。

2021年現在の資格所有者は、全国で1万人以上いるのだそうですよ。

活躍の場は、各種ニュースメディアだけでなく、農・漁業、販売業界、旅行、運輸、建設業界、エンタメやスポーツ分野など多岐に渡るのだとか。

受験資格に学歴や年齢は不問だそうなので、私も目指してみようかしら♪

 

◆【おかえりモネ】キャスト相関図一覧はコチラ▶

◀9話 | 11話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

NHKおかえりモネ