モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ4週16話|圧倒される百音!妹・未知の一途な思いとは?

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年6月7日(月)放送
おかえりモネ・第4週テーマ
「みーちゃんとカキ」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ4週16話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

*放送後のあらすじネタバレです。

浜辺にて・・・ 

朝の浜辺を楽しんだ、百音姉妹と幼なじみたち。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 4週16話 浜辺を楽しむ幼なじみのイラスト

6人は、お盆の終わりの地域行事『盆船(ぼんぶね)送り』で再会することを誓って解散しました。

百音は、行くあてのない三生を永浦家に連れて帰りました。

居候することになった三生は、永浦家の家業である『牡蠣(かき)』の養殖業を手伝うことになったのでした。

【16話の展開】

 

牡蠣棚にて・・・

 

百音の祖父・龍己は、牡蠣(かき)の養殖業を営んでいます。

 

栄養が豊富な気仙沼の海は、美味しい牡蠣を育てることに適した地です。

 

養殖の仕事は手間がかかるため、『農業』に近いものがありました。

 

そんな龍己の後継者になろうとしているのが、妹・未知です。

 

未知は、牡蠣をテーマにした夏休みの自由研究に取り組んでいるのでした。

 

 

作業場にて・・・

 

自宅脇にある『牡蠣の作業場』に足を踏み入れた百音。

 

そこには、本格的な機材が並ぶ妹・未知の研究スペースがあり、百音を驚かせるのでした。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 4週16話 牡蠣の研究に熱心な未知のイラスト

 

未知が取り組む研究は、卵から『種牡蠣(たねがき)』をつくる、『地場採苗(じばさいびょう)』です。

 

これまでは、種牡蠣の生産者から購入したものを大きく育てて出荷していましたが、自前で種牡蠣を作ろうとしていました。

 

宮城県は種牡蠣の生産が盛んで、全国の養殖業者を支えています。

 

しかし、3年前の大震災の際には壊滅的な被害を受けたのでした。

 

そんな経緯から、未知は災害で種牡蠣がなくなると、日本から牡蠣が消えてしまう危機感を抱いていたのです。

 

未知は、自前で種牡蠣を作ることができれば、牡蠣が消える心配をしなくて済むと熱い思いを百音に語ります。

 

家業のことだけでなく地域産業の未来まで考える未知の姿に、百音は圧倒されるのでした。

 

 

居間にて・・・

 

家族と一緒に昼食を囲んでいた百音は、テレビを見て目を丸くします。

 

天気予報に、気象キャスター・朝岡覚が登場したからです。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 4週16話 耕治と朝岡のイラスト

 

身を乗り出した百音は、家族に何か言いかけようとします。

 

しかし父・耕治がテレビの仲の朝岡をチラ見して、「モネはこういう人がタイプか?」と口にします。

 

気象の話をしようと思っていた百音ですが、なぜかやめてしまうのでした。

 

そんな中、テレビの天気図を見た祖父・龍己が、西の方から天気が崩れると言います。

 

百音は、天気図を勉強したわけでもないのに天気を読むことができる龍己に感心するのでした。

 

 

作業場にて・・・

 

妹・未知が目を輝かせています。

 

その理由は、水槽の中にいる牡蠣の赤ちゃん『浮遊幼生(ふようようせい)』が目標数に達したからでした。

 

おかえりモネ ネタバレあらすじ 4週16話 未知と龍己のやりとりを見つめる百音のイラスト

 

しかし未知は、浮遊幼生をくっつける原盤を海に入れるタイミングを、迷っていました。

 

海水温や気象データから導き出した未知の判断は来週です。

 

一方で、龍己の判断は今日です。

 

迷う未知に、龍己は自分で決めろと迫りました。

 

龍己に背中を押された未知は、今日原盤を海に入れると決断するのでした。

 

早速、未知と龍己と居候中の三生は、牡蠣棚に向かうのでした。

作業場にて・・・ 

作業場に一人残された百音。

妹・未知と祖父・龍己の真剣なやりとり目の当たりにした百音は、天候を読むことが漁業にとっていかに重要かを感じていました。

急に天気のことが気になり始めた百音は、パソコンに表示された、風向きや海面水温などのデータを見つめるのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 4週16話 天気のことが気になりだした百音のイラスト

つづく

 

 

◆未知役・蒔田さんにぞっこんの監督とは?デビュー画像が天使!▶

◆みつお役・まえだまえだ時代の航基と今の変貌ぶりが凄すぎる!▶

◆【おかえりモネ】キャスト相関図一覧はコチラ▶

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ4週16話|予告ポイント

◀15話 | 17話▶

週間ネタバレはコチラ▶

未知ちゃんがまぶしい~♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

蒔田彩珠 Makita Aju(@makita_aju)がシェアした投稿

第4週も、お盆の気仙沼・亀島の実家が舞台です。

久々に帰った実家で、百音ちゃんを驚かせるのが未知ちゃんです。

未知ちゃんは、自宅脇の牡蠣の作業場に研究スペースを作るほど本格的に取り組んでいます。

夢に向かってまっしぐらの妹の姿は、お姉ちゃんにはまぶしすぎる~。

 

さて、【おかえりモネ】の舞台・宮城県は、広島県と並ぶ日本を代表する牡蠣(かき)の産地です。

その歴史は古く、なんと江戸時代の末期から行われているのだとか。

なお、宮城県で牡蠣を養殖するのは、ドラマの永浦家のように家族経営のところが多いのだそうですよ。

朝から宮城産の濃厚な牡蠣が食べたくなります~♪

◆みつお役・まえだまえだ時代の航基と今の変貌ぶりが凄すぎる!▶

◆未知役・蒔田さんにぞっこんの監督とは?デビュー画像が天使!▶

 

◀15話 | 17話▶

週間ネタバレはコチラ▶

 

NHKおかえりモネ