【カムカムエヴリバディ】ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週119話|みーちゃんは悪くない!

朝ドラ「おかえりモネ」
ネタバレあらすじ感想
2021年10月28日(木)放送
おかえりモネ・第24週テーマ
「あなたが思う未来へ」

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週119話|最終回までお届け!

スポンサーリンク

 

*放送後のあらすじネタバレです。

夜明け・・・

眠れない夜を過ごした百音。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 眠れない夜を過ごした百音のイラスト

「あの時、おばあちゃんを置いて逃げた・・・」

百音は、妹・未知の告白が頭から離れないのでした。

 

コミュニティFMにて・・・

百音のもとに、登米のサヤカがたずねてきました。

尊敬するサヤカと久々の対面を果たした百音は、現在の気持ちをあますことなく話します。

「あの時、サヤカさんのところに行けて本当の良かったです」

百音は、登米で暮らした2年間があったから、今こうしていられるとサヤカに感謝しました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 サヤカに感謝する百音のイラスト

そして百音は、贖罪の思いに苦しむ未知にとって、自分がサヤカのような存在になりたいと言います。

「誰が来ても受け入れて、いつでも行っといでって送り出す。帰ってきたらお帰りって言ってあげる」

百音は、晴れやかな笑顔で打ち明けたのでした。

 

永浦家にて・・・

その後、永浦家に足を運んだサヤカ。

百音の父・耕治が登米で作った木笛から伸びた木に驚いたサヤカは、登米の山に植樹することを、旧知の祖父・龍己に提案しました。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 サヤカと龍己のイラスト

その後、幼い頃の百音と未知の思い出話をしたサヤカは、百音から自分の様になりたいと言われたと、嬉しそうに明かすのでした。

「私はあの子の中にいる。それで十分」

 

浜辺にて・・・

未知を誘い、浜辺へ行った百音。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 浜辺で話す百音と未知のイラスト

「みーちゃんが、自分のことを許せないって思うのは仕方ないと思う」

そう切り出した百音は、あの日の記憶も、自分たちを隔ててしまったものも消えないと言います。

だから未知が自分を許せなくなる度に、「みーちゃんは悪くない、絶対に悪くない」と何度でも言い続けると、優しく強い眼差しで伝えました。

そして未知を強く抱きしめます。

「これからは私がここにいる。だから今度はみーちゃんが好きなところに生きな。帰ってきたくなったら、また帰ってくればいい」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 未知を強く抱きしめる百音のイラスト

百音の言葉を聞いた未知は、涙を流しながらうなずくのでした。

 

市民プラザにて・・・

多くの人が集まった『水災害発生時の住民避難と情報共有プロジェクト連絡会』にてプレゼンする百音。

そこには、あるメディアも取材に駆けつけていました。

仙台のテレビ局でキャスターになった、神野マリアンナ莉子です。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 健闘を誓いあう莉子と百音のイラスト

久々の再会を果たした百音と莉子は、互いの近況を語り、今後の健闘を誓い合ったのでした。

 

永浦家にて・・・

未知の大学進学と、亮が船主になったことを祝うために、幼なじみたちが集まりました。

「よかったな、みーちゃん。大学もりょーちんも」

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 未知を祝福する幼なじみたちのイラスト

三生と悠人、東京から駆けつけた明日美は、自分のことのように未知のことを喜びます。

笑顔を取り戻した未知を見て、百音も嬉しくなるのでした。

屈託なく笑い合う幼なじみたちを見つめていた百音は、不意に自分の部屋に向かうのでした。

 

座敷にて・・・

震災以来、封印していた『楽器ケース』を抱えて、幼なじみたちの前に現れた百音。

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 楽器ケースを抱える百音のイラスト

そんな百音を見て、幼なじみたちの顔から一瞬で笑顔が消えました。

「みんないるから開けてみようかと・・・」と口にした百音ですが、取りやめようとします。

すると、遅れてやって来た幼なじみ・亮が、「開けてみようよ」と背中を押しました。

さらに未知たちも乗り気になり、「何か入ってるかもよ」とはやし立て始めます。

幼なじみたちが見つめる中、百音は楽器ケースを開けることにしたのでした・・・

おかえりモネ ネタバレあらすじ 24週119話 楽器ケースを開ける百音のイラスト

つづく

 

◆サヤカ役・夏木マリさん!実生活『フランス婚』のお相手とは?▶

◆莉子役・今田美桜さん!親友の朝ドラ女優2人は誰なの?▶

◆豪華キャスト陣の役柄や相関図はコチラ▶

 

スポンサーリンク

【おかえりモネあらすじネタバレ24週119話|今日の感想を最終回までお届け!

現実と地続きの姉妹の物語~♪


忘れないって大事だけど苦しい。だから時々忘れて笑ってね

ナレーションの雅代おばあちゃんのメッセージがとても刺さりました。

 

震災によっていたたまれない思いになったモネちゃんは島を飛び出し、登米や東京の人たちのおかげで自分を取り戻しました。

そんなモネちゃんによって、心の傷を癒されたみーちゃんが、新天地で自分を取り戻してくれることを願いたいですね。

ぜひ『汐見湯』の住人になってもらいたいですね。

菜津さん家族や宇田川さんのいる『汐見湯』が、みーちゃんの帰れる場所の一つになることを願います~♪

 

ところで、「モネ」の由来が明らかになりました。

幼かったみーちゃんが、「百音」+「お姉ちゃん」が言えなくて「モネ」になったのだとか。

あらためてこの物語は、姉妹の物語だと実感させられました。

 

さて、明日は最終回。

震災後に「音楽なんて何の役にも立たないよ」と言ったモネちゃんが、何かケリをつけるのかもしれませんね。

そして、菅波先生とのことも気になります!!

結婚するのか、それとも別の選択肢があるのか・・・。

 

コロナ禍に突入した世界で、どんな結末を迎えるのか注目です~♪

◆サヤカ役・夏木マリさん!実生活『フランス婚』のお相手とは?▶

◆莉子役・今田美桜さん!親友の朝ドラ女優2人は誰なの?▶

 

◀118話 | 最終回120話▶

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレあらすじ24週119話|予告ポイント

サヤカさんは人生の師♪

最終回直前の119話で、物語のキーマンの一人のサヤカさんが登場です。

 

サヤカさんといえば、モネちゃんの生き方に非情の大きな影響を与えた人物です。

モネちゃんは、登米での2年間がなければ、まだ迷える人生を送っていたかもしれませんよね。

憧れであり尊敬してやまないサヤカさんに、モネちゃんはどんなことを語るのでしょうか。

モネちゃんの成長を感じると同時に、サヤカさんの珠玉の言葉にも期待です~♪

 

そして、【おかえりモネ】のもう一人のヒロインと言っても過言ではないみーちゃんが、ついに進路を決めるようです。

なんと、大学進学!!!

一方で微妙な関係のりょーちんとは、どうなってしまうのか興味が尽きません~♪

 

さらに、モネ莉子コンビが復活?!

仙台のテレビ局でキャスターになった神野マリアンナ莉子ちゃんが、ようやく気仙沼編に登場するとのことで期待が膨らみます~♪

◆サヤカ役・夏木マリさん!実生活『フランス婚』のお相手とは?▶

◆莉子役・今田美桜さん!親友の朝ドラ女優2人は誰なの?▶

 

◀118話 | 最終回120話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKおかえりモネ