【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレ感想22週103話|10年ぶりに五十嵐が現れた理由とは?

朝ドラ「カムカムエブリバディ」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年3月28日(月)放送日
カムカムエブリバディ第22週テーマ「2001-2003」

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想22週103話今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*カムカムエブリバディ22週103話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

映画村・道場にて・・・

10年前に別れた元恋人・五十嵐文四郎に再会し、激しく動揺するひなた。

カムカムエヴリバディ22週103話のひなたの画像

「ぶ・・・文ちゃん。な・・・何で?」

「ひなた。久しぶり」

なんと五十嵐は、ひなたが待っていたハリウッドアクション監督のアシスタントでした。

俳優の道を諦め、実家が経営する会社に入った五十嵐でしたが、心が満たされることはありませんでした。

朝は師匠・伴虚無蔵の木刀を振り、夜はひなたの父・錠一郎がくれたトミー北沢のCDを聴いていたと当時を振り返ります。

アメリカで録音したトミーのCDを聴くうちに、もっと広い世界があることに気付いた五十嵐は、勘当同然で渡米したと明かすのでした。

カムカムエヴリバディ22週103話の五十嵐文四郎の画像

「アジア人で殺陣ができることが武器になる」

それだけを信じ、どんなことにも取り組んでいたら、監督に気に入られたと経緯を明かします。

「あの頃見た夢は叶わなかったけど、ようやく自分の道を見つけられたよ」と充実感あふれる凛々しい表情でひなたを見つめました。

そんな五十嵐に感激したひなたは叫ぶのでした。

「文ちゃん・・・。めちゃくちゃカッコようなってへん!?」

 

その後・・・

五十嵐は、アシスタントコーディネーター「ブン・イガラシ」として名を連ねていました。

カムカムエヴリバディ22週103話のひなたと榊原の画像

上司・榊原は、ひなたが元恋人と仕事をすることを心配します。

しかしひなたは「大丈夫です。仕事やし!」と断言し、10年も前のことだと冷静に振る舞うのでした。

 

翌朝・・・

母・るいとともに日課の『ラジオ英語講座』を聴くひなた。

「It’s fate,isn’t it?(これは運命だよね)」という言葉が出た途端に、ひなたは上の空になりました。

カムカムエヴリバディ22週103話のひなたとるいの画像

るいに心配されたひなたは、五十嵐のことを報告しようとしたものの、やめてしまうのでした。

 

映画村にて・・・

2日間の日程で行われるハリウッド映画『サムライ・ベースボール』の日本人出演者のオーディション。

ひなたが準備に追われていると、キャスティングディレクターのアニー・ヒラカワが、甥のジョージを伴って現れました。

ジョージはサムライ映画と野球に詳しく、アニーのアシスタントをすると言います。

カムカムエヴリバディ22週103話のひなたとアニーとジョージの画像

ひなたと挨拶を交わしたしたジョージは、ひなたの英語力に驚きました。

するとアニーは、「彼女を見ていると、若い頃の自分を思い出すの・・・」と神妙な顔つきになるのでした。

 

オーディション会場にて・・・

オーディションが始まりました。

監督から信頼される五十嵐によって、審査は順調に進んでいきます。

カムカムエヴリバディ22週103話の五十嵐と監督の画像

10年前から大きく成長した五十嵐の姿は、ひなたの心を揺さぶるのでした。

 

夜・ホテルにて・・・

キャスティングディレクター・アニーがどこかへ電話をしますが、先方は電話に出ません。

「彼に会えないまま日本を発ちたくないよの・・・」

アニーがため息をつくと、甥のジョージはあと一日あると励まします。

するとジョージは、今回も岡山に行かずにアメリカに帰っていいのかと言い、「後悔しないと言える?」と問いただしました。

一方、顔を曇らせたアニーは、もどかしい持ちを口にするのでした・・・

カムカムエヴリバディ22週103話のアニーの画像

「私の人生よ。そしてそれが人生っていうものなの」

つづく

◆五十嵐文役・本郷奏多さん!神木隆之介さんが「いとこ」という理由とは?▶

◆かわいい!桃ちゃん役・青木柚さんの子役時代の写真はコチラ~▶

◆過去キャスト続々登場!【カムカムのキャスト一覧】をチェック▶

 

以上、カムカムエブリバディ今日の放送22週103話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレ予告22週103話のポイントを配信中!

40歳に手が届く五十嵐文ちゃん!

ドラマが佳境を迎える中、ついに五十嵐文ちゃんが再登場です~♪

 

五十嵐文ちゃんが何の用で映画村に現れたのか明らかになっていませんが、ハリウッド映画に関わっていそうな展開です。

まさかオーディションに出る?それとも演出側に転じていたりして。

ちなみにひなたちゃんと五十嵐文ちゃんが別れたのは、およそ10年前の1992年8月のことです(第19週89話

その時に文ちゃんは、「ひなたの明るさが、放つ光が・・・俺にはまぶしすぎるんだ」という言葉を残しました。

当時ひなたちゃんは27歳でしたが、それ以降は浮いた話は一切なく、30代後半を迎えています。

別れた直後以外は、五十嵐文ちゃんへの思いも語られていません。

しかし、心のどこかで思い続けていた可能性も考えらますね。

一方で五十嵐文ちゃんは、40歳に手が届く頃で、空白の期間にどんな鍛錬を続けていたのか興味深いところです。

10年の時を経て大人になった2人に劇的な未来があることを祈って見守りたいと思います~♪

 

ところで、映画村で撮影されるハリウッド映画は『サムライ・ベースボール』に決まりました。

まさか刀を持った侍たちが時代劇の中で野球をするのでしょうか。

それとも、侍の心を持った選手たちの物語になるのか内容が気になります!

ちなみに1992年に公開されたハリウッド映画に『ミスター・ベースボール』という作品がありました。

日本が舞台で、メジャーリーグから『中日ドラゴンズ』に入団した外国人選手の物語で、日本を代表する故・高倉健さんが物語のキーマンとなる監督役で出演しています。

高倉さんが出演したように、モモケンさんが『サムライ・ベースボール』に出演したりして~♪

 

さて、親子3代に渡る壮大な100年の物語が描かれる【カムカムエヴリバディ】。

スタートは1925年ですので、最終回23週112話は2025年頃が予想されています。

本22週の時代背景は2001年~2003年ですから、最終の23週は一気に20年以上もスキップしそうです。

 

22週は伏線回収だけでなく、あらたな伏線も散りばめられるのかもしれません~♪

◆五十嵐文役・本郷奏多さん!神木隆之介さんが「いとこ」という理由とは?▶

◆かわいい!桃ちゃん役・青木柚さんの子役時代の写真はコチラ~▶

◆過去キャスト続々登場!【カムカムのキャスト一覧】をチェック▶

 

◀102話 | 104話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKカムカムエヴリバディ