【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

カムカムエヴリバディのネタバレ22週104話|五十嵐への思いが募るひなた!

朝ドラ「カムカムエブリバディ」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年3月29日(火)放送日
カムカムエブリバディ第22週テーマ「2001-2003」

カムカムエヴリバディのネタバレあらすじ感想22週104話今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*カムカムエブリバディ22週104話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

オーディション最終日・・・

休憩所でオーディションの準備をしながら、朝ドラ『オードリー』の最終回を見ていたひなた。

カムカムエヴリバディ22週104話のひなたの画像

同ドラマのヒロイン・美月は、結婚も出産もしませんでした。

美月と共通点の多いひなたは、これからどうやって生きていくべきか漠然と考えていたのでした。

一方その頃、キャスティングディレクター・アニーヒラカワは、ホテルで憂鬱な表情で『ラジオ英語講座』を聴いていたのでした。

 

オーディション終了後・・・

「どうかした?」

アニーはオーディションの間、少し上の空だったひなたを心配します。

カムカムエヴリバディ22週104話のアニーとひなたの画像

するとひなたは、元恋人に10年ぶりに再会したこと、まだ好きなのか分からないというもどかしい気持ちを打ち明けました。

アニーは「後悔のない道を選びなさい。あなたの人生でしょ」と優しく微笑みます。

そんなやり取りの中で、アニーはひなたのファーストネームが「ひなた」だと知ったのでした。

一方ひなたは、五十嵐と再会したことを母・るいには言えなかったのに、アニーに話せたことを不思議に思うのでした。

 

道場にて・・・

ひなたが雑巾がけをしていると、五十嵐も加わりました。

カムカムエヴリバディ22週104話の五十嵐文四郎とひなたの画像

やがて雑巾がけを終えた2人は、互いの10年を語り合います。

五十嵐が見知らぬアメリカで頑張れたのも、ひなたが英語の勉強を地道に続けられたのも、師匠・伴虚無蔵の教えがあったからだと二人は微笑みます。

その教えとは「日々鍛錬し、いつ来るとも分からぬ機会に備えよ」です。

五十嵐は虚無蔵に『殺陣』をつけることを夢見ていましたが、虚無蔵がオーディション会場に現れなかったため幻に終わりました。

「ハリウッド映画に出てる、虚無蔵さんを見たかったよ・・・」

カムカムエヴリバディ22週104話のひなたと五十嵐の画像

五十嵐は無念を口にすると、条映時代を振り返ります。

「死体役とか扮バイとか嫌で仕方なかったけど、思い返すと幸せだったと思う。若くてバカで必死で・・・俺の青春そのものだよ」

そして五十嵐は、あの頃に戻りたいと思う時があると微笑むのでした。

一方ひなたは、「私もあの頃の2人に戻りたい」と、心の中でつぶやくのでした。

その夜ひなたは、あらためて五十嵐への思いを募らせるのでした。

 

翌日の道場にて・・・

ハリウッド映画の『衣装合わせ』が行われる道場にひなたが行くと、伴虚無蔵が稽古をしていました。

カムカムエヴリバディ22週104話の伴虚無蔵の画像

するとそこに現れたキャスティングディレクター・アニーが、驚いた様子で虚無蔵に歩み寄りました。

なんとアニーは、虚無蔵を『サムライ・ベースボール』のメインキャストに推薦しようと、オファーの手紙を何通も虚無蔵に送っていたのでした。

しかし虚無蔵は、一切返事をしていませんでした。

事情を知って唖然とするひなたに、虚無蔵は「西洋映画に関心なし」と言い放つのでした。

カムカムエヴリバディ22週104話の伴虚無蔵とアニーとひなたの画像

そんな虚無蔵に対して、アニーは今から監督の前で演技と殺陣を披露してほしいと訴えます。

ひなたも必死に説得しますが、虚無蔵の気持ちは変わりません。

「くどい!」と一喝した虚無蔵は、その場を立ち去ろうとするのでした。

 

その時・・・

なんと五十嵐が虚無蔵の前に立ちはだかりました。

険しい表情の五十嵐は、『伴虚無蔵』の名が刻まれた木刀を虚無蔵に突きつけるのでした・・・

カムカムエヴリバディ22週104話の五十嵐文四郎の画像

つづく

 

◆【相関図】映画村関係者たちはコチラ▶

◆ひなた役・川栄李奈さんを支えるのはミュージカル俳優!夫の廣瀬さんとは?▶

◆【カムカムキャスト】最終回まで目が離せない~!▶

 

以上、カムカムエブリバディ今日の放送22週104話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

カムカムエブリバディのネタバレ予告22週104話のポイントを配信中!

心が揺さぶられる~

鍛錬を重ねていたひなたちゃんの心が揺れ動きます!

 

突然、目の前に現れたことで、ひなたちゃんの押さえていた感情が吹き出しそうな予感です。

いちゃんにも報告できないということは、懐かしいとは別の感情ですよね。

ひなたちゃんがどんな思いを抱えているのか注目です~♪

 

さて、文ちゃんが映画村に来た理由が気になりますね。

タイミングから見てハリウッド映画に関係していることは間違いないでしょう。

制作スタッフということもあるかもしれません。

とはいえ本命は、時代劇俳優になることが諦められず、オーディションに来たというところでしょうか。

10年時を経て、成長した文ちゃんが見たいです~♬

 

とにかく文ちゃんがひなたちゃんに対して、誠実に接してくれることを期待したいです~♬

◆【相関図】映画村関係者たちはコチラ▶

◆ひなた役・川栄李奈さんを支えるのはミュージカル俳優!夫の廣瀬さんとは?▶

◆【カムカムキャスト】最終回まで目が離せない~!▶

 

◀103話 | 105話▶

週間ネタバレはコチラ▶

NHKカムカムエヴリバディ