▼サイトマップ はこちら ▼

【虎に翼】夫・佐田優三のモデル和田芳夫さんの短い結婚生活!戦死、離婚するの?

【虎に翼】優三のモデル・和田芳夫

NHK朝ドラ【虎に翼】にて仲野太賀(なかの たいが)さんが演じるのは優しくて芯のある佐田優三(さだ ゆうぞう)です。

猪爪家に下宿する書生で、ヒロイン・寅子(ともこ)の良き理解者で結婚相手、夫となります。

ここでは、優三のモデル・和田芳夫(わだ よしお)さんの史実・実話を知ることで、芳夫さんと三淵嘉子(旧姓:武藤)さんの関係に迫り、ドラマにおける優三の役割やその影響について詳しく探っていきます。

【虎に翼】優三のモデル|ゆうぞう(和田芳夫さん)は寅子の優しく強い味方

2024年4月に放送開始以来、大きな注目を集めているNHK朝ドラ『虎に翼』。

キュートなヒロイン・寅子が話題ですが、彼女を取り巻く男性キャラクター達も注目を集めています。

そのうちの一人が、仲野太賀さん演じる猪爪家の下宿人、書生の佐田優三(愛称はゆうぞうさん)です。

虎に翼 優三を演じる仲野太賀さん

優三(モデル・和田芳夫)は、ヒロインの父が勤める銀行で働きながら、亡き父と同じ弁護士を目指し、夜間学校に通い法律を学ぶ苦学生です。

寅子が法律と出会うきっかけを作り、時には寅子の相談に乗り、時には寅子とともに法律の勉強に励む。

また、猪爪家のピンチにも全力で支えとなるなど、ヒロインにとっては欠かせない存在となっています。

やがて優三は寅子の結婚相手、夫となりました。

しかし召集され、戦死という最期を迎えました。

スポンサーリンク

【虎に翼】優三のモデル|嘉子がほれ込んだ書生・和田芳夫とは?

【虎に翼】寅子の夫・佐田優三のモデルと考えられている人物が、和田芳夫(わだ よしお)さんです。

芳夫さんは、ヒロイン寅子のモデル・三淵嘉子(旧姓:武藤)さんの最初の夫、結婚相手です。

【虎に翼】寅子のモデル・三淵嘉子さん

【虎に翼】寅子のモデル・三淵嘉子さん

芳夫さんの出身地は嘉子さんのご両親と同じ、香川県の丸亀市でした。

嘉子さんのお父さん、武藤貞雄(むとう さだお)さんの中学校時代の親友の従弟で、それが縁で武藤家に書生として居候していました。

書生というのは、他人の家に下宿して、家事や雑用を手伝いながら勉学に励む若者のことを指します。

この書生というシステムは、明治時代に確立し大正時代ごろまで続いていました。

明治大正期の文豪・坪内逍遥(つぼうち しょうよう)の小説『当世書生気質』では、タイトルにある通り書生の生活などが描かれており、当時の書生の日常を知ることができます。

書生の多くは地方から都会に上京してきた若者で、余裕のある家では一般的な存在だったといいます。

当時の武藤家には書生が多く住み込んでいたようで、故郷の香川県から次々と上京してくる若者を受け入れていました。

芳夫さんは、昼間は嘉子さんの父・武藤貞夫さんと関係のある会社で働きつつ、夜には明治大学の夜学部に通い、その後無事に卒業したそうです。

芳夫さんはどのような人物だったかというと、非常に優しくまじめで善良な人だったといいます。

嘉子さんの弟、武藤輝彦(むとう てるひこ)さんも、芳夫さんのことを「最も気立てが優しくていい男だった」と評しています。

嘉子さんの家族からも評判の良かった芳夫さんですが、書生時代から家族公認の仲として嘉子さんとお付き合いしていたのかというと、そうではなかったようです。

スポンサーリンク

【虎に翼】優三のモデル|和田芳夫さんにキュン!嘉子さんが恋する乙女に変身!

【虎に翼】寅子の夫・優三のモデルである和田芳夫さんと寅子のモデル・嘉子さんの交際が始まったのは、1940年(昭和15年)ごろでした。

嘉子さんが司法科試験に合格して2年ほどが過ぎたころで、嘉子さんは26歳。

当時、女性の結婚平均年齢は23歳前後で、嘉子さんはその年齢を既に超えていました。

そのことに焦った両親は、どうにか嘉子さんの縁談相手を見つけようと奔走していました。

そんな中で、嘉子さんが『気になる人』として名前を挙げたのが、元下宿人の芳夫さんでした。

これには、家族全員が仰天したといいます。

嘉子さんははっきりと物を言うサバサバとした性格でしたが、芳夫さんは大人しく温和な性格だったため、まさに正反対の二人だと家族は考えていたからです。

しかも、その話をするときは、嘉子さんは普段の様子とは打って変わって気恥ずかしそうにモジモジしていたようで、それが一層家族を驚かせたといいます。

その様子はまさに『恋する乙女』そのもので、それだけ芳夫さんに心ひかれていたとして伝えられています。

嘉子さんの思いを聴いた父・貞雄さんは、その後、芳夫さんに嘉子さんの気持ちを告げ、無事に二人の交際が始まりました。

しかし、そのままとんとん拍子に結婚とはいかず、なかなかプロポーズしてくれない芳夫さんのことを「意気地がない」などと嘉子さんは友達にぼやいていたようです。

やがて、周囲からのプレッシャーもあったのか、交際から1年以上経た1941年の11月に二人は結婚しました。

スポンサーリンク

【虎に翼】優三のモデル|和田芳夫さんの短い結婚生活!夫婦を襲った悲劇・戦死

【虎に翼】優三のモデル和田芳夫さんと寅子のモデル・嘉子さんが結婚した後の1943年。

和田芳夫さんと嘉子さんの間に第一子となる芳武(よしたけ)さんが生まれました。

【虎に翼】優三のモデル和田芳夫さんと寅子のモデル三淵嘉子さん

この時すでに日本は『太平洋戦争中』で、やがて芳夫さんにも召集令状が届きました。

この時の召集では、患っていた結核が原因の『肋膜炎の跡』が見つかり招集は解除されました。

しかし、それから1年が過ぎたころ、再び召集令状が届きます。

この頃の日本の戦況は非常に悪く、優しい性格だった芳夫さんは健康上の理由を申し立てることなく、終戦の数か月前の1945年1月に出征していきました。

戦地でも体調がすぐれなかった芳夫さんは中国に送られましたが、すぐに発病してしまいます。

なんとか命をつなぎながら、他の病人とともに帰国船に乗り込めたのは、終戦後の1946年になってからの事でした。

帰国直後、芳夫さんは長崎の陸軍病院で病状が悪化して危篤となってしまいます。

この報せはまず、芳夫さんの本籍・香川県に告げられたといいます。

その後、香川から嘉子さんの元に戦死の知らせが届いたのですが、結局のところ死に目には間に合えず、1946年5月23日に芳夫さんは長崎の病院で亡くなってしまいました。

嘉子さんは、愛する夫の死をたいそう悲しみ、泣きはらして顔がむくみ紫色に変色したほどだったといいます。

スポンサーリンク

【虎に翼】優三のモデル|和田芳夫さんは故郷で嘉子さんと一緒に眠る

戦地で帰らぬ人になった【虎に翼】優三のモデル和田芳夫さん。

現在、芳夫さんは香川県丸亀駅近くの『本行寺』(ほんぎょうじ)にあるお墓に眠っています。

近くには、芳夫さんにとって義理の両親でもある武藤夫妻(嘉子の両親)のお墓もあります。

そしてなんと芳夫さんのお墓には、嘉子さんも一緒に眠っているそうです。

芳夫さんの死後、嘉子さんは三淵乾太郎さんと再婚しています。

しかし「元夫・和田の墓にも入りたい」という生前の本人の強い意向で、『分骨』という形で芳夫さんのお墓にも入っているそうです。

嘉子さんにとって、芳夫さんがどれだけ大切な人だったかを伝えるお話ですね。

結婚生活は短かった二人ですが、今はこうして同じお墓で永遠に寄り添い続けていらっしゃいます。

【虎に翼】夫・佐田優三のモデル和田芳夫さんの短い結婚生活!嘉子さんと離婚するの?|まとめ

NHK朝ドラ【虎に翼】夫・佐田優三(さだ ゆうぞう)のモデルの和田芳夫(わだ よしお)さん。

寅子のモデル嘉子さんとの短い結婚生活を経て戦死しました。

戦時中の厳しい状況下での悲しい物語です。

嘉子さんの深い悲しみは、彼女の生前の願い「和田の墓にも入りたい」に象徴されています。

芳夫さんと嘉子さんの短い結婚生活は、深い愛情に満ちていて、今も二人は同じお墓で永遠に寄り添っています。

この物語が、『虎に翼』の中でどのように描かれていくのか、なんとか朝ドラの力で良い再会をさせてあげてくださいよ~。期待しています。

◆【虎に翼】キャスト一覧相関図はコチラ▶

◆ネタバレあらすじはコチラ▶