▼サイトマップ はこちら ▼

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル・三淵乾太郎は再婚相手!

【虎に翼】星航一のモデル・三淵乾太郎さん

NHKの朝ドラ『虎に翼』ヒロイン・猪爪寅子(いのつめ ともこ)の運命に深く関わる人物として、岡田将生さんが演じる星航一(ほし こういち)が登場します。

寅子の人生に大きな影響を与えるとされる星航一のモデル・三淵乾太郎(みぶち けんたろう)さんの史実に迫ることで、ドラマの背景がより一層面白くなるでしょう。

ここでは星航一のモデル・三淵乾太郎(みぶちかんたろう)さんの生涯について詳しく探っていきます。

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル三淵乾太郎さん|寅子の運命を導く人

放送開始から順調に話題を呼び続けているNHK朝ドラ『虎に翼』。

朝ドラで毎回人々の関心が集まるのが、「ヒロインの相手役は誰になるの?」ですよね。

ヒロイン猪爪寅子(いのつめ ともこ)の相手役の一人と目されているのが、岡田将生(おかだ まさき)さんが演じる星航一(ほし こういち)です。

航一は、法曹界の重鎮で『最高裁判所長官』の星朋彦(ほし ともひこ)を父に持ち、自分自身も裁判官というキャラクターです。

温和な性格ではあるものの、笑顔の奥の本心は誰にも分からない役柄とのことで、父親が法曹界の重鎮ということが重圧や葛藤を抱えているのかもしれません。

一方、航一の信念が寅子と通じ合う部分もあるということで、彼の裁判官としての仕事ぶりが寅子の運命に大きな影響を与えるとされています。

スポンサーリンク

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル|三淵乾太郎の父親は初代最高裁判所長官

朝ドラ『虎に翼』星航一のモデル・三淵乾太郎(みぶち けんたろう)さん。

父親は日本の『初代最高裁判所長官』の三淵忠彦(みぶち ただひこ)さんで、ご自身も判事を務めていました。

虎に翼モデル 初代最高裁判所長官・三淵忠彦さん

初代最高裁判所長官・三淵忠彦さん

最初の妻を病気で亡くしたのち、ヒロイン・寅子のモデルとなった嘉子さんと再婚したことでも知られています。

そんな乾太郎さんは1906年(明治39年)12月に、三淵家の長男として生まれました。

祖父は江戸時代末期に会津藩の家老を務めていた萱野長修(かやの ながはる)の弟・三淵隆衡(みぶち たかひら)という家柄でした。

長修が戊辰戦争(ぼしんせんそう)にやぶれた会津藩の責任者として処刑されたことを受けて、家名が断絶させられたため隆衡が三淵姓を名乗るようになったと言われています。

ちなみに乾太郎さんには3人の弟と1人の妹がいました。

父親と同じ法曹界を選んだ乾太郎さんとは異なり、弟妹たちは経済界に強いつながりを持っています。

乾太郎さんは『東京帝国大学(現在の東京大学)法科』の出身で、『甲府地方裁判所所長』や『浦和地方裁判所所長』などを務めました。

父親が『初代最高裁判所長官』だったことから、父親について語る文書などが残されているほか、判例集も複数残しており、それらの資料から乾太郎さんの仕事ぶりや人となりを垣間見ることができます。

スポンサーリンク

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル|三淵乾太郎さんの人柄と功績

朝ドラ『虎に翼』星航一のモデル・三淵乾太郎さんは、判事時代に数多くの事件に関わっています。

その中で最も有名な事件として、1949年に起きた『小田原一家5人殺害事件』が挙げられます。

当時18歳だった犯人が銭湯の女湯をのぞき見していたところ、それに気づいて彼を注意した銭湯の男性経営者に対し逆上し、男性経営者を含む一家5人を殺害、1人に重傷を負わせた恐ろしい事件です。

本件の公判は『横浜地方裁判所小田原支部』で行われ、当時同地裁支部で裁判官を務めていた乾太郎さんは死刑を言い渡しました。

この判決に対して、被告人はすぐさま控訴します。

弁護人や拘置所長も被告に控訴を取り下げるように説得するなか、乾太郎さんはわざわざ拘置所に赴き、被告人に控訴をすすめました。

「死刑を宣告した本人が、なぜ控訴をすすめるのか」という被告人に対し、「裁判官ではなく一個人としてここに来た。一人の人間を救いたい気持ちでいっぱいだ」と説明したといいます。

乾太郎さんの説得を受け、被告人は控訴を続け、最終的には上告にまで至りましたが、これは棄却され死刑が確定しました。

乾太郎さんの行動は当時の『朝日新聞』にて大きく取り上げられました。

そこで乾太郎さんは自らが死刑制度には反対していることや、被告人が年少なことを問題視しているなど語っています。

乾太郎さんのこの信念は、後に家庭裁判所長として多くの青少年を更正させることとなる、後の妻・三淵嘉子さんの生きざまとどこか重なる部分があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル|三淵乾太郎さんが惚れた相手は寅子のモデル

朝ドラ『虎に翼』星航一のモデル三淵乾太郎さんとヒロイン寅子のモデル嘉子さんは共に判事と言う職に就いていました。

虎に翼 モデル三淵嘉子さんと夫・乾太郎さん

また私生活でも共通点がありました。

実は二人とも再婚時には伴侶に先立たれており、子供がいたという点です。

乾太郎さんの妻・祥子(しょうこ)さんは1955年に病気で他界し、二人の間には3人の娘と1人の息子がいました。

嘉子さんの夫だった和田芳夫(わだ よしお)さんは1946年に戦死しており、夫婦には息子が1人いました。

嘉子さんの息子・芳武(よしたけ)さんは、嘉子さんが『名古屋地方裁判所』に勤務していたころ、母と乾太郎さんと3人で動物園に行ったことを記憶しているそうです。

その後の1956年5月、嘉子さんの勤務先が『東京地方裁判所』へと変わり、嘉子さんたちは上京します。

この頃の同僚いわく「嘉子さんの退勤時間に合わせて判事室を訪ねてくる背が高くてスレンダーな英国風紳士がおり、二人とも親密そうだったけれども、紳士の方が嘉子さんへの愛情にあふれているようだった」ようで、「あの紳士は誰だろう?」といぶかっていたところ、他の人から「あの人が最高裁調査官の三淵乾太郎さんで、二人は近々結婚するんだよ」と教えられたようです。

その年の8月に乾太郎さんと嘉子さんは結婚しました。

家庭内、特に乾太郎さんの娘たちと嘉子さんの間ではしばしばいさかいもあったようですが、夫婦仲はいたって円満だったといいます。

仕事の都合上、遠距離での別居生活も少なくなかったようですが、良好な関係を保ち続けていました。

乾太郎さんはキャリアの終末期を弁護士として過ごしていたようですが、嘉子さんが退官すると二人で旅行に行くなど、仲睦まじい姿を見せていたといいます。

晩年は体調を崩し、嘉子さんと入れ替わるように入院するような生活を送っていました。

嘉子さんが息を引き取った翌年の1985年、後を追うように乾太郎さんもこの世を去りました。

乾太郎さんと嘉子さんの物語は、おそらく『虎に翼』の後半にて大きく取り上げられるでしょう。

ドラマではいったいどのような物語が紡がれていくのか、期待してしまいますね。

スポンサーリンク

【虎に翼】星航一(岡田将生)のモデル・三淵乾太郎は再婚相手!|まとめ

『虎に翼』のヒロイン、猪爪寅子とその運命を導く星航一(ほしこういち)の物語は、ドラマ後半の大きなポイントです。

星航一のモデルとされる三淵乾太郎(みぶちかんたろう)さんの生涯を振り返ると、彼の法曹界での功績や人間味あふれるエピソードが多く浮かび上がります。

彼の生き方や信念は、妻・嘉子さんとの共通点も多く、ドラマの中でもその影響が色濃く描かれることでしょう。

二人の愛と葛藤、そして彼らの子供たちとの関係が、ドラマの展開にどのように反映されるのか、期待が高まります。

『虎に翼』星航一の登場に今からワクワクです。

◆【虎に翼】キャスト一覧相関図はコチラ▶

◆ネタバレあらすじはコチラ▶