▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼12週56話6月17日(月)|多岐川の愛と情熱あふれる熱いスピーチと寅子の念願成就!

虎に翼ネタバレあらすじ感想56話

NHK朝ドラ「虎に翼・56話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年6月17日(月
)放送日
虎に翼12
週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」

虎に翼12週56話6月17日(月)|新たな辞令を受ける寅子

スポンサーリンク

*虎に翼12週56話の【放送前】のネタバレあらすじ感想です。放送後にフルバージョンをお届けします。

1949(昭和24年)正月

家庭裁判所開所の段取りを整えた寅子。

リラックスして家族でお雑煮を食べていると電報が届きました。

差出人は上司の多岐川です。

電報には、急用があるから今夜家に来るようにと書かれてあったのでした。

その夜の事

正月休み返上で多岐川の家に足を運んだ寅子。

いきなり多岐川の『水行』を手伝うように命じます。

寅子は困惑しながらも桶を手にすると、せっせと多岐川に冷たい水を掛けるのでした。

その翌日

法曹会館で開かれる『家庭裁判所開所記念式典』に出席した寅子。

最高裁家庭局長に就任した多岐川が、家庭裁判所の基本理念となる『五性格』を披露します。

「独立的・民主的・科学的・教育的・社会的な性格を持つ場所こそ愛の裁判所」と力説するのでした。

立食パーティー中の事

司法省の人事課長・桂場から呼び出された寅子。

そこには、桂場と初代最高裁判所長官・星朋彦(ほしともひこ)が待っていました。

星は寅子に『東京家庭裁判所判事補、兼、最高裁判所家庭局事務官』の辞令を言い渡しました。

寅子は家庭局の仕事も兼務しながらという条件があるものの、念願の裁判官になったのでした。

スポンサーリンク

虎に翼12週56話6月17日(月)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼12週56話 今日の感想解説1

熱すぎるスピーチ!?

愛と情熱にあふれる多岐川室長の熱いスピーチに期待が高まります~!

虎に翼12週56話 今日の感想解説2聴衆の心に訴えかける演説を得意とする多岐川さん。

満を持して語る多岐川さんの熱のこもったスピーチが聴けるとあって今からワクワクが止まりません!

悲願であった家庭裁判所の開所にこぎつけて、多岐川さん自身が誰よりも感動している最中だと思います。

演じる俳優・滝藤賢一さんが、どんなパフォーマンスで『愛の裁判所』の始まりを高らかに伝えるのかに注目です~!

虎に翼12週56話 今日の感想解説3さて、期限内に家庭裁判所の開設に成功した寅子ちゃんに桂場さんからのご褒美が待っています。

念願だった裁判官になる辞令が言い渡される瞬間です。

ただ専任の裁判官ではなく事務官と兼務という点が、寅子ちゃんには少し引っかかるようですが、まずは喜びたいですね。

虎に翼12週56話 今日の感想解説5それにしても桂場さんが寅子ちゃんとの約束を守ると判明しホッとしました。

寅子ちゃんの努力とがんばりが報われたと同時に、桂場さんはやっぱり信頼できる人物と実感できる瞬間ですね。

新たな人生の1ページが始まる寅子ちゃんの誇らしげな姿が目に浮かびます~!

 

以上、虎に翼12週56話のネタバレあらすじ予告でした。

◀55話 | 57話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶