▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼12週58話6月19日(水)|スリ少年の道男を預かる展開に猪爪家の家裁も大揺れ!

虎に翼ネタバレあらすじ感想58話

NHK朝ドラ「虎に翼・58話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年6月19日(水
)放送日
虎に翼12
週「家に女房なきは火のない炉のごとし?」

虎に翼12週58話6月19日(水)|スリの道男を預かる寅子

スポンサーリンク

*虎に翼12週58話の【放送前】のネタバレあらすじ感想です。放送後にフルバージョンをお届けします。

家庭裁判所にて

街にあふれかえる戦争孤児たち。

そんな状況を見過ごせない警察は、孤児たちの一斉補導を行いまいした。

やがてトラックに乗せられた多くの少年たちが『家庭裁判所』に送られてきました。

対応する少年部職員を手伝うために、家庭局の寅子たちも駆り出されることに。

少年たちの中には、カフェ『燈台』で出会ったスリの少年・道男がいました。

寅子は行き場のない道男を家に連れて帰ることにするのでした。

猪爪家にて

寅子から道男を家に泊めて欲しいと頼まれて困惑する義姉・花江と息子の直人と直治。

一方の道男も悪態を吐き、とても泊めてもらう人間の態度ではありません。

しかし唯一、母・はるだけは、好きなだけ泊めてあげなさいと言ってくれるのでした。

翌日の事

道男を自宅で預かっていることを『家庭裁判所』で報告した寅子。

すると、少年部の所長代行・壇、家事部の所長代行・浦野が烈火の如く怒り、大反対します。

結局、話し合いの末、試験観察の間のみ預かっても良いという許可が下りたのでした。

スポンサーリンク

虎に翼12週58話6月19日(水)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼12週58話 今日の感想解説1

預かって大丈夫なの!?

すったもんだの末に戦争孤児の少年・道男くんが猪爪家で預かることになりました!

虎に翼12週58話 今日の感想解説11カフェ『燈台』で出会ったスリの少年・道男くんを預かることに決めた寅子ちゃん。

よねさんに怒られていた少年が、まさか猪爪家にやってくるとは驚きの展開です!

寅子ちゃんの決断の背景が気になります~!

虎に翼12週58話 今日の感想解説13ちなみに道男くんは17歳で、一緒に補導されるスリ仲間のタカシくんは10歳くらいの年齢です。

当時の法律では、13歳以下の少年は児童相談所の管轄と定められていました。

収容先が見つからない場合は、補導委託先と呼ばれる協力者の家に一時的にお世話になるのが通例だったようです。

しかし戦後まもないため、皆、生きていくのに精一杯で孤児の面倒まで見れないと、補導委託先はなかなか見つかりません。

結果的にタカシくんの収容場所はあったものの、道男くんの行き場が見つからず、寅子ちゃんが面倒をみることになるようです。

虎に翼12週58話 今日の感想解説14史実によれば当時の戦災孤児は12万人にも登ったと伝えられています。

親戚をたらい回しにされたり、施設で厄介者扱いをされたりと、優しさに飢えた子どもたちがたくさんいたのだとか。

道男くんが悪さをする姿や暴言を吐く姿は、厳しい現実から自分を守る術なのかもしれません。

そう思うと猪爪家にやってきて悪態を吐くシーンも、また違って見えるように思います。

虎に翼12週58話 今日の感想解説16おそらく母・はるさんだけは、道男くんのそうするしか生きられない事情を見抜いているような気がします。

「好きなだけ泊めてあげなさい」と無条件で受け入れられるのは、器の大きいはるさんの賢さと愛情深い人柄あってこそ。

これからは、道男くんが猪爪家ではるさんの愛情を知った時、気持ちにどんな変化が訪れるのかにも注目です〜♪

 

以上、虎に翼12週58話のネタバレあらすじ予告でした。

◀57話 | 59話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶