▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼13週61話6月24日(月)|特例判事補で広報担当!多忙な寅子に多岐川がムチャブリ!

虎に翼ネタバレあらすじ感想61話

NHK朝ドラ「虎に翼・61話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年6月24日(月
)放送日
虎に翼13
週「女房は掃きだめから拾え?」

虎に翼13週61話6月24日(月)|多忙な寅子に所長の指令

スポンサーリンク

*虎に翼13週61話の【放送前】のネタバレあらすじ感想です。放送後にフルバージョンをお届けします。

1949年(昭和24年)春

母・はるが亡くなって、生活スタイルが一変した猪爪家。

寅子は特例判事補に任命され、ますます仕事が忙しくなっていました。

そのため義姉・花江と家事を分担するはずが、花江に任せきりになる日も多いのが現実なのでした。

東京家庭裁判所の庁舎にて

独立庁舎の完成を受け、開所式典が開かれました。

寅子は家庭裁判所の存在を知って欲しいと、広報の役目を買って出ます。

すると所長・多岐川が、今月と来月を『家裁広報月間』と勝手に定めると言います。

そして、手始めに『愛のコンサート』を開催すると言い出したのでした。

それから

結局、コンサートの実施準備を任されることになった寅子。

片っ端から芸能事務所に連絡しますが、出演者は一向に決まりません。

その一方で日常業務である家庭相談の窓口担当もこなさねばならずますます多忙になる寅子なのでした。

スポンサーリンク

虎に翼13週61話6月24日(月)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼13週61話 今日の感想解説1

タッキーのムチャブリ~!

寅子ちゃんを振り回すタッキー多岐川所長に注目です~!

虎に翼13週61話 今日の感想解説11独立庁舎の完成式典で前触れもなく『家裁広報月間』を宣言した多岐川所長。

当初、寅子ちゃんは家裁の存在を知ってもらうために、小冊子を作って配るなど広報活動に張り切るのだとか。

しかし豪快な変わり者の多岐川さん的には、全く物足りないらしく『愛のコンサート』を実施しろと指令が降ります。

この時に寅子ちゃんが見事に準備担当に巻き込まれていくシーンがとても面白そうです!

虎に翼13週61話 今日の感想解説12一方で家庭関係をパパッと切り盛りしてきた母・はるさんを失った猪爪家。

その負担は、おっとりした義姉・花江ちゃんに、どっとのしかかってくるようで心配です。

ちょっと不器用なところもある花江ちゃんが、日々追いかけられる『名もなき家事』により、ストレスを溜め込むような気がしています。

花江ちゃんの性格を考えると、今まではるさんなら出来ていたのにと落ち込んでしまう可能性もありそうですね。

憲法や民法も新しくなり、猪爪家の生活スタイルも新しい方法や価値観を見つける展開になる予感がしています。

虎に翼13週61話 今日の感想解説15もちろん寅子ちゃんの課題は、仕事と家事・育児の両立ですよね!

しかし豪快キャラ・多岐川さんに振り回されるとなれば、思うように行くはずもありません。

花江ちゃんとはまた違ったストレスを抱えながらも、毎日、満身創痍で生きる寅子ちゃんにも注目です〜♪

 

以上、虎に翼13週61話のネタバレあらすじ予告でした。

◀60話 | 62話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶