▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼13週63話6月26日(水)|梅子の相続問題はますます泥沼化!徹太と徹次の主張に唖然

虎に翼ネタバレあらすじ感想63話

NHK朝ドラ「虎に翼・63話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年6月26日(水
)放送日
虎に翼13
週「女房は掃きだめから拾え?」

虎に翼13週63話6月26日(水)|相続問題が泥沼化の梅子

スポンサーリンク

*虎に翼13週63話の【放送前】のネタバレあらすじ感想です。放送後にフルバージョンをお届けします。

大庭家にて

夫・大庭徹男が亡くなった後の相続問題を抱える梅子。

そんな梅子に依頼された同級生で弁護士・轟と助手・よねは、遺言書の証人について調べ始めました。

調査を終えた2人は、大庭家の面々と相続権を主張する元妾のすみれに対して、遺言書にある証人は偽造であると指摘したのです。

あっさりと認めたすみれは、結婚できなかったのは梅子のせいだと悪態をつくのでした。

そんな中

相続問題が解決したと思いきや、今度は梅子の長男で弁護士の徹太と、その妻・静子が声を上げました。

なんと徹太は、梅子や弟の徹次と光三郎に財産を放棄しろと言い出したのです。

すると今度は、復員してから酒浸りの次男・徹次が梅子だけが放棄すればいいと勝手な主張をします。

たまらずによねは、新しい民法には妻にも相続する権利があると指摘しました。

その後押しもあって、梅子は放棄しないと自ら宣言するのでした。

家庭裁判所にて

結局、家族の中で折り合いが付かず、家庭裁判所での調停を申請した大庭家。

しかし誰1人として意見を曲げるものはおらず、話し合いは難航します。

梅子のすぐ側にいるにも関わらず、何の力にもなれていないと寅子は歯痒く思うのでした。

スポンサーリンク

虎に翼13週63話6月26日(水)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼13週63話 今日の感想解説1

泥沼化する遺産相続!

大庭家の遺産相続は家族間では話が付かず、家庭裁判所での調停に持ち込まれます〜!

虎に翼13週63話 今日の感想解説11愛人・すみれさんの持ってきた遺言書が偽造と分かり、ほっとしたのも束の間!

今度は家族間で泥沼化する遺産相続の調停シーンが見どころになりそうです。

中でも息子たちに好き勝手言われる梅子さんを思って、よねさんが新民法について語るシーンを楽しみにしています。

虎に翼13週63話 今日の感想解説12よねさんは梅子さんと再会した時から、弁護士の道を諦めた彼女に対しどこか冷めた感じの態度です。

それなのに強欲な長男夫妻と酒浸りの次男にないがしろにされる梅子さんをほって置くことができません。

配偶者が3分の1を相続し、直系卑属である息子たちが残りの3分の2を等分に分けて相続すると新民法に書かれていることを、しっかり説明してくれるのです。

虎に翼13週63話 今日の感想解説13特によねさんは弁護士になった長男・徹太には、かなり手厳しい態度をとるのだとか!

「民法が改正されたことくらい、弁護士なんですからご存知ですよね?」とイヤミまで言ってくれるようです。

その結果、よねさんが自分のためにここまで言ってくれたことに梅子さんは勇気をもらいます。

どこか他人事のようにスンッとしていた姿勢から「財産は放棄しません!」と宣言するシーンに繋がっていくようです。

泥沼化する遺産相続と平行して、梅子さんとよねさんの心の絆が取り戻されていく横展開も楽しみですね。

まだまだ大どんでん返しが待ち構えていそうな大庭家の相続問題に目から離れません~♪

 

以上、虎に翼13週63話のネタバレあらすじ予告でした。

◀62話 | 64話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶