▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼キャスト穂高役の小林薫さん|21才歳下の妻・小梅さんや包丁沙汰事件の退団劇!?

虎に翼 穂高役 小林薫

NHK朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親(ほだか しげちか)役を、人気俳優の小林薫(こばやし かおる)さんが演じます。

穂高高名な法学者であり、ヒロイン・寅子に法学の道を進めた恩師です。

ここでは、小林薫さんの役どころと驚きのプロフィールをご紹介します。

スポンサーリンク

虎に翼キャスト穂高役|小林薫さんの役柄とは?

穂高重親(ほだか しげちか)は、ヒロイン・寅子(ともこ)を法律の世界に導く明律大学の教授です。

穂高は高名な法学者で、初めて寅子に会った際に彼女を気に入り入学をすすめました。

女性が法律を学ぶことのできる、日本で初めての明律大学の『女子部』を立ち上げたのも穂高です。

寅子の父・直言が冤罪(えんざい)事件に巻き込まれた時には、彼の弁護人を買って出るなど猪爪家と深い関係を築いています。

虎に翼 穂高教授

寅子を法の世界に導いた恩師である一方で、寅子がキャリアの壁に阻まれた際には、この世界に導いたことに罪悪感を覚えてしまいます。

その罪悪感から寅子に気を使うあまり、必要以上に寅子を女性扱いするようになります。

スポンサーリンク

虎に翼キャスト穂高役|小林薫さんの役柄とは?

NHK朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親役の小林薫さんは、京都府京都市東山区出身です。

穂高重親役の小林薫ープロフィール

1951年(昭和26年)94日生まれで、2024年に73となります。

小林さんは、演劇活動をしていたお兄さんの影響で芝居に興味を持つようになりました。

アングラ演劇の始祖とも呼ばれる、唐十郎(からじゅうろう)さん主宰の『状況劇場』の公演を見た際に感銘を受けた小林さんはその後に上京します。

1971年、『状況劇場』に入団し、そこから約10年間看板俳優として活躍しました。

1977年には映画『はなれ瞽女おりん』に出演し、映画デビューを果たします。

劇団退団後は映像作品を主軸に移し、多数の映画やドラマに出演し、キャリアを築いています。

芸名 小林薫(こばやし かおる)
本名 小林薫
出身地 京都府京都市東山区
生年月日 1951年(昭和26年)9月4日|2024年で73歳
血液型 A型
身長 175㎝
所属事務所 ニコフイルム
・玄覺悠子・新名基浩、小梅ほか

小林さんは多数の作品に出演していますが、日本アカデミー賞では2度の『最優秀助演男優賞』に輝いています。

はじめての受賞は1986年に出演した映画『恋文』と『それから』でした。

さらに、2008年には『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン』への出演で二度目の受賞を手にしています。

名実ともに実力派の人気俳優である小林さんですが、60代で役者としての考え方が変わってきたといいます。

転機となったのは、2009年から主演を務めている『深夜食堂シリーズ』でした。

穂高重親役の小林薫ー深夜食堂

深夜ドラマから始まったこのシリーズは、ドラマシリーズとしては第5部まで、さらに映画も2本作られるなど大ヒットシリーズとなりました。

この作品をきっかけに、「役をつくる」だけでなく「あえてつくらない芝居」もあるのでは、と考え始めたそうです。

ベテランになってからも演技と向き合い、新たな境地を見続けるとは、まさにプロフェッショナルですね。

そんな小林さんのNHK朝ドラ出演は、これまでに『天うらら』(1998年下期)松尾良治役、『カーネーション』(2011年下期)小原善作役で出演しています。

スポンサーリンク

虎に翼キャスト穂高役|小林薫さん馬主?!趣味を超えて実業家

穂高重親役の小林薫ー馬主 フラッシュアーク

朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親役の小林薫さんといえば日本を代表する俳優の一人として広く知られています。

そんな小林さんですがが、実は俳優業とは異なる業界でもその名が知られています。

それが、競馬です。

小林さんはこれまでに40頭以上の競走馬を所有する馬主なんです。

それが縁でJRAのCMに出演したこともありました。

最近では、2022年に、『フラッシュアーク』という小林さんの馬が、JRAの大会で初勝利を飾り、話題となりました。

スポンサーリンク

虎に翼キャスト穂高役|小林薫さんの事件!包丁沙汰の退団劇

穂高重親役の小林薫ー包丁沙汰事件

朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親を演じる小林さんは、俳優人生をスタートさせた20代の約10年間は劇団に所属していました。

その劇団は、アングラ演劇の始祖と呼ばれる唐十郎(から じゅうろう)さん主宰の劇団『状況劇場』です。

熱烈なファンも多く人気者だった小林さんですが、実は劇団の退団は円満なものではありませんでした。

主宰の唐さんが小林さんの演技にほれ込んでいたため、小林さんの退団を歓迎していませんでした。

小林さんは看板俳優の一人だったため、辞めてもらったら困ると考えるのは想像できますよね。

そこで唐さんは「どうしても小林さんに退団してほしくない」という思いが募り、なんと包丁を持参して小林さんのアパートに出向いて説得を試みたというのです。

包丁沙汰事件を起こした唐十郎

包丁沙汰事件の唐十郎さん

気持ちはわかりますが、いくら何でも物騒な話ですよね。

ただ小林さんは唐さんのこの動きを察知していたそうで、事前にアパートから脱出したとの事でした。

これにより、何とか警察沙汰の事件には発展しませんでしたが、唐さんは小林さんの慰留には失敗し、まもなく小林さんは退団してしまいました。

昭和の劇団ならでは、また、数多くの武勇伝を持つ唐さんならではの破天荒なエピソードでしたね。

スポンサーリンク

虎に翼キャスト穂高役|小林薫さんの再婚相手の小梅さん

朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親を演じる小林薫さんの俳優としてのキャリアは50年を超えています。

そんな小林さんのプライベートについてご紹介します。

33歳になる1984年、小林さんは10歳年下の女優・中村久美(なかむら くみ)さんと結婚しました。

穂高重親役の小林薫ー前妻の中村久美

前妻の中村久美さん

しかし二人は1995年に離婚しています。

離婚理由については特に明かされていません。

そして、離婚から約15年後となる2009年末、小林さんはモデルで女優の小梅(こうめ)さんと再婚しました。

当時の小林さんは58歳で、年齢差は21歳というから驚きです。

その翌年、小梅さんは無事に男の子を出産しています。

穂高重親役の小林薫ー再婚相手の小雪

再婚相手の小梅さん

小林さんは、60歳手前にして父親となりました。

念願の息子の誕生に小林さんは大変喜んだといいます。

現役でお仕事をバリバリこなしているのも、お子さんの存在が糧となっているのかもしれませんね。

ちなみに小林さんと小梅さんは同じ事務所に所属し活動を共にしています。

夫婦生活も円満そうで何よりです。

虎に翼キャスト穂高役|21才歳下の妻・小梅さんや包丁沙汰事件の退団劇!?|まとめ

穂高重親役の小林薫ーまとめ

NHK朝ドラ『虎に翼』キャスト穂高重親教授を演じる小林薫さんについて役柄やプロフィールを紹介させていただきました。

小林薫さんは、多くの映画やドラマで活躍し、日本アカデミー賞での受賞歴もある実力派俳優です。

特に近年の『深夜食堂シリーズ』では新たな演技の境地を開拓し、60代を迎えてもなお進化し続けています。

年齢とともに俳優としても、人としてもますます深みを増す小林さんの演技は『虎に翼』に奥行を与えてくれています。

寅子を見守る『薫スマイル』に注目です~!