▼サイトマップ はこちら ▼

虎に翼14週67話7月2日(火)|星航一は食えない奴なのか?!戸惑いを隠せない寅子!

虎に翼ネタバレあらすじ感想67話

NHK朝ドラ「虎に翼・67話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2024年7月2日(火
)放送日
虎に翼14
週「女房百日、馬二十日?」

虎に翼14週67話7月2日(火)|航一に戸惑っている寅子

スポンサーリンク

*虎に翼14週67話【放送後】のネタバレあらすじ感想です。

最高裁長官室にて

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 寅子と星航一

星朋彦最高裁長官の著書『日常生活と民法』の改稿作業を休日返上で取り組む寅子。

この日は3回目の作業でしたが、これまで星長官は一度も姿を見せていません。

代わりに息子・航一が寅子と共に作業を進めます。

寅子は航一のことを穏やかな性格だと感じる一方で、何を考えているのか全く読めません。

そんな航一に戸惑いながらも、任された改稿作業を楽しもうとするのでした。

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 星航一

するとそこへ差し入れのクッキーを手に、星長官がやって来ました。

星長官は病気の妻のために弁護士に転職した過去や、再婚した後妻・百合(ゆり)、航一の子ども達のことなどを寅子に話すのでした。

そんな中、星長官は戦時中に妻を病気で亡くした航一の後妻を考えていると言います。

「佐田くんの知り合いで息子に合いそうなご婦人はいらっしゃらないかね?」

急な問いかけに寅子は困惑するのでした。

一方、航一は「間に受けないでください」と気まずそうに言うのでした。

その後

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 娘・優未

改稿作業は順調に進んでいきます。

寅子は仕事抜きで法律と向き合えることを幸せに感じるのでした。

一方、そんな寅子を娘・優未はうらめしそうに見つめています。

改稿作業が楽しくてたまらない寅子は優未の変化に全く気づかないのでした。

家庭裁判所家庭局にて

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 寅子

家事部と少年部の関係を良好なものにしようと昼食会を企画した寅子。

会場に向かうと、誰一人としていません。

そんな寅子の脳内に出て来た同僚の小橋が、「こんな企画をしたって無駄だ」と罵るのでした。

甘味処『竹もと』にて

星長官の書く序文が書き上がるのを待っている寅子と航一。

待つ間に原稿の最終確認を進めていた寅子は、表紙に自分の名前もあることに気づきました。

恐縮する寅子に、航一はお手伝いというレベルではなく、この本を書いた1人だと微笑みます。

感慨深げに自分の名前を見つめた寅子は、亡き夫・優三のことを思い出します。

「夫が言ってたんです。いつか法律の本を出すのが夢だって」

寅子は優三の代わりに夢を叶えられた気がして幸せな気持ちになるのでした。

するとそこへ星長官が序文の原稿を持ってやって来ました。

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 星朋彦

「出来立てほやほやの序文、聞いてくれるかい?」

星長官が読み上げる序文は、市井の人たちに法律に触れて欲しいという願いが込められた温かい文章だったのでした。

しばらくして

人知れず病と闘い続けていた星長官は、『日常生活と民法』が出版される前に天国へと旅立ちました。

虎に翼 14週67話ネタバレあらすじ 寅子が本を優三に供える

改稿作業に関われたことに誇らしく思う寅子は、優三の写真の前に本を供えたのでした。

つづく

スポンサーリンク

虎に翼14週67話7月2日(火)今日の感想!

放送後の感想とポイントをお届けです。

虎に翼14週67話 今日の感想解説1

今日のポイントは
星になった最高裁長官です。

穏やかな物腰が印象的な最高裁長官・星さんが亡くなってしまいました。

虎に翼14週67話 今日の感想解説18笑顔の下で重い病気を抱えていた星長官。

改稿作業に姿を見せられなかったり、改稿にお手伝いが必要になったりしたことの伏線が回収された形です。

航一さんはもちろんですが、寅子ちゃんに白羽の矢を立てた桂場さん・久藤さんは事情を知っていた可能性もありますね。

表情からは気持ちが伝わりにくい航一さんですが、父の法律家として最後の仕事をなんとか生きているうちに間に合わせたいと言う想いで改稿作業に取り組んでいたのだろうと想像しています。

虎に翼14週67話 今日の感想解説12また今回は、星長官のシーンの中でも序文を読み上げた姿に感動した朝ドラファンが続出したようです。

「星長官の序文の朗読に朝から涙。竹もとにいた皆も聞き入ってたね」

今日はトータルで星長官回だったんじゃないか

「星長官のスピーチに感動したら、すぐ退場なんて!寂しすぎるよ〜」

などなど、星長官の素晴らしさがぎゅっと詰まった回になり、多くの人が物語からの退場を惜しんでいました。

虎に翼14週67話 今日の感想解説13星長官に注目が集まる中、息子・航一さんを演じる岡田将生(おかだまさき)さんの繊細な演技も見逃せませんでした!

初登場の時は、明らかに寅子ちゃんを有名人やイロモノ法律家のようなに思っている「なるほど」の表情だった岡田さん。

しかし3回目の作業中や最後の竹もとでの原稿チェック中の「なるほど」には、明らかに寅子ちゃんへの興味や信頼・尊敬が込められ、気持ちに変化が起きているように感じられました。

虎に翼14週67話 今日の感想解説125ある意味、2人を出会わせることになった星長官。

死期が近づいて、息子の後妻探しも終活のうちだったとしたら相当な人物ですね。

それにイケメン・航一さんがたった2話の登場で終わりになるなんて、朝ドラファン的にはありえません!

今後、星長官が天国から見守る中で、寅子ちゃん&航一さんがどう発展していくのかにも注目です〜♪

◀66話 | 68話▶

スポンサーリンク

虎に翼14週67話7月2日(火)予告・感想まとめ!

放送前のネタバレ・予告ポイントです。

虎に翼14週67話 今日の感想解説1

2人きりの作業で探る人物像

寅子ちゃんが航一さんの人となりを探ります〜♪

虎に翼14週67話 今日の感想解説11星航一さんは、寅子ちゃんの2度目の結婚相手になる可能性が非常に高い人物です!

寅子ちゃんのモデル・三淵嘉子さんは1956年(昭和31年)に当時の初代最高裁長官・三淵忠彦さんの息子で裁判官・乾太郎さんと再婚しています。

史実と重ね合わせると、2人の再婚ルートがほぼはっきりと見えてきますね!

虎に翼14週67話 今日の感想解説12ただ第67話の時点では、寅子ちゃんが航一さんに惹かれているシーンは出てこなさそうです。

むしろ、穏やかなのに心の奥底では何を考えているか分からない『食えない人』という印象の方が強いのかもしれません。

ほぼ初めて、2人きりで長時間一緒に作業するシーンになるはずなので、どんな雰囲気の中でセリフが交わされるのかが見どころポイントになりそうです!

虎に翼14週67話 今日の感想解説13ただ寅子ちゃんは娘・優未ちゃんと共に、ずっと優三さんの写真に毎朝挨拶して出勤していますよね。

今でも優三さんへの想いを大切にしていると、朝ドラファン的には感じています。

それを乗り越えて再婚に至るとすれば、優三さんとの結婚がビジネス婚だったように合理的な理由で再婚を決める可能性も!

どっぷり恋愛に発展して結婚に至るのか、それとも寅子ちゃんらしさ全開で論理的に結婚に至るのか、今後の展開も楽しみです。

しかし何はともあれ、出会いを経てその人となりを知ってからの話ですよね!

2人の『心の距離』が近づいていくプロセスを楽しむために、関係値ゼロ地点である第67話をしっかりチェックです〜♪

 

以上、虎に翼14週67話のネタバレあらすじ予告でした。

◀66話 | 68話▶

ネタバレ一覧はコチラ▶