モネ・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

朝ドラ【ちむどんどん】相関図とキャスト一覧|図解でわかる暢子を囲む人々!相手役は誰?

 

2022年春スタートの朝ドラ【ちむどんどん】主要キャストをプロフィール一覧と相関図でわかりやすくご紹介しています。

【ちむどんどん】 キャスト一覧相関図

もくじ【表示】で一覧検索へ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【ちむどんどん】キャスト一覧・相関図|暢子を囲む人たち

相関図|暢子の家族・比嘉家

【ちむどんどん】キャスト一覧相関図 暢子の家族 比嘉家

◆『比嘉家』のプロフィールへ▶

スポンサーリンク

【ちむどんどん】キャスト一覧|役柄とプロフィール

暢子の家族・比嘉家

ちむどんどん キャスト 暢子役・黒島結菜

ヒロイン
比嘉 暢子・役

黒島結菜

【役柄】
比嘉暢子(ひが のぶこ)は、比嘉家の次女。

沖縄本島の北部・やんばる地方のひなびた村の農家に生まれ育ちました。

4人兄妹の3番目で、兄、姉、妹がいます。

暢子は幼い頃からのんきでマイペースですが、潔く真っ直ぐで喜怒哀楽のはっきりした性格です。

運動が大の得意で、食べること、美味しいものに目がありません。

そんな暢子は、小学生の時に父・賢三(大森南朋)を亡くしました。

女手一つで働く母・優子(仲間由紀恵)を支えるために、一家の『料理担当』になります。

一度だけ口にした西洋料理の魅力にとりつかれた暢子は、やがて料理人を目指して東京へと旅立っていきます。

黒島結菜とは?

黒島結菜(くろしまゆいな)さんは、1997年(平成9年)3月15日生まれで、2022年に25歳になります。

 

沖縄県糸満市出身で、所属事務所は『ソニー・ミュージックアーティスツ』(二階堂ふみさんらが所属)です。

 

朝ドラ3作目でヒロインに抜擢された黒島さんは、今や実力派若手女優の一人として注目を浴びる存在。

 

黒島さんの主演ドラマ『アシガール』や、重要な役を演じた大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』では、元気いっぱいの活発な少女を演じました。

 

また、阿部寛さんとのW主演ドラマ『一番電車が走った』や、大河ドラマ『花燃ゆ』ではシリアスな演技を見せています。

 

また。映画『カツベン!』での好演により、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、その実力は折り紙付きです。

 

そんな黒島さんが目標としている女優は、満島ひかりさんや井上真央さんだそうです。

★出演経歴

NHK朝ドラは『マッサン』 (2014年下期)中村秀子役、『スカーレット』(2020年)松永三津役、『ちむどんどん』(2022年上期)ヒロイン・比嘉暢子役で3作目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『花燃ゆ』(2015年)高杉雅役、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)村田富江役で出演。

 

最近のNHKドラマは、『ハルカの光』(2021年)主演・幸本ハルカ役、『流れ星』(2021年)夢野マリー役で出演。

 

最近のドラマは、『行列の女神〜らーめん才遊記〜』(2020年・テレビ東京)汐見ゆとり役、『世にも奇妙な君物語・シェアハウさない』(2021年・WOWOW)主演・田上浩子役で出演。

 

最近の映画は、『カツベン!』(2019年)ヒロイン・栗原梅子役、『明け方の若者たち』(2022年公開予定)ヒロイン・彼女役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ


ちむどんどん キャスト 母 優子役 仲間由紀恵

比嘉 優子・役
仲間 由紀恵

【役柄】
比嘉優子(ひが ゆうこ)は、ヒロイン・暢子(黒島結菜)の母。

優しくて強い、まさに沖縄の母です。

大らかで明るく、困った人を見ると放ってはおけない性格。

定食屋の娘として育った優子は、料理が得意です。

夫・賢三(大森南朋)とともにサトウキビ農家として働きながら4人の子どもを育てています。

仲間由紀恵とは?

仲間由紀恵(なかま ゆきえ)さんは、1979年(昭和54年)10月30日生まれで、2022年に43歳になります。

 

沖縄県浦添市出身で、所属事務所は『プロダクション尾木』(三田佳子さんらが所属)です。

 

朝ドラは3作目の出演となる仲間さんは、大河ドラマ『功名が辻』では主人公の妻を演じ、紅白の司会も4回経験するなど、NHKと縁の深い女優さんといえます。

 

そんな仲間さんの代表作には、『ごくせん』『トリック』などがあります。

 

また、映画『大奥』や『私は貝になりたい』では、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するなど、日本を代表する実力派女優の一人です。

 

プライベートでは、俳優の田中哲司さんと、2014年にご結婚されました。

 

2018年には双子の息子さんを出産したそうで、リアルでも子育てママとして奮闘中です。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『天うらら』(1998上期)浅井由香役、『花子とアン』(2014年上期)葉山蓮子役、『ちむどんどん』(2022年上期)比嘉優子役で3作目の出演です。

 

NHK大河ドラマは、『葵徳川三代』(2000年)お楽役、『武蔵 MUSASHI』(2003年)八重役・琴役(2役)、『功名が辻』(2006年)主演・山内千代(見性院)役で出演。

 

最近のドラマは、『相棒シリーズ』(テレビ朝日) 社美彌子役、『ハラスメントゲーム秋津VSカトクの女』(2020年・テレビ東京)鮫島冴子役、『10の秘密』(2020年・関西テレビ)仙台由貴子役、『24 JAPAN』(2020年・テレビ朝日)朝倉麗役、『女王の法医学〜屍活師〜』(2021年・テレビ東京)主演・桐山ユキ役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ


ちむどんどん キャスト 父・賢三 大森南朋

比嘉 賢三・役
役者名

【役柄】
比嘉賢三(ひが けんぞう)は、ヒロイン・暢子(黒島結菜)の父。

性格は穏やかで、唄三線(うたさんしん)をこよなく愛しています。

生まれ故郷の村で、妻・優子(仲間由紀恵)とサトウキビ農家を営む賢三ですが、若い頃は大工や飲食業など様々な仕事に就いていました。

そのため、今も農閑期には家族を支えるために、出稼ぎに出掛けることもあります。

なお、賢三も料理も得意で、家族のために腕をふるっています。

大森南朋とは?

大森南朋(おおもり なお)さんは、1972年(昭和47年)2月19日生まれで、2022年に50歳になります。

 

東京都出身で、所属事務所は『アパッチ』(金子昇さんらが所属)です。

 

大森さんは主演、脇役問わず、さまざまな役どころで映画やドラマに出演するなど、日本のエンタメ界に欠かせない俳優の一人です。

 

代表作の一つとして、NHKドラマ『ハゲタカ』(2007年)主演・鷲津政彦役があります。

 

最近では、ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(2020年・TBS)でコミカルな役を演じ好評を博しました。

 

プライベートでは、2012年に女優・小野ゆり子さんと結婚し、2019年にはお子さんに恵まれています。

 

そんな大森さんのお父さんは、なんと俳優の麿赤兒(まろあかじ)さんです!

 

顔の印象はお父さんとは真逆の大森さんですが、役によっては凄みのある人物を演じることもあり、麿赤兒さんを彷彿とさせることもありますよね。

 

また、大森さんのお兄さんは、『まほろ駅前多田便利軒』などで知られる映画監督・大森立嗣(おおもり たつし)さんです。

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

NHK大河ドラマは、『龍馬伝』(2010年)武市半平太役で出演。

 

最近のドラマは、『私の家政夫ナギサさん』(2020年・TBS)鴫野ナギサ役で出演。

 

最近の映画は、『初恋』(2020年)刑事・大伴役、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(2021年)ぬらりひょん役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ


ちむどんどん キャスト 兄・賢秀 竜星涼

比嘉 賢秀・役
竜星 涼

【役柄】
比嘉賢秀(ひが けんしゅう)は、比嘉家の長男。

妹たちからは、「にーにー」と呼ばれています。

自由奔放で腕力だけは人一倍強い賢秀は、勉強は大の苦手で、素行も悪く、まさにトラブルメーカー。

一方で、心根は優しく、とても家族思いです。

賢秀は、常に「比嘉家の長男」を自負していて、家族のために様々なことにチャレンジするのですが・・・。

そんな賢秀は、子どもの頃に家で飼って以来、豚をこよなく愛する男になります。

竜星涼とは?

竜星涼(りゅうせい りょう)さんは、1993年(平成5年)3月24日生まれで、2022年に29歳になります。

 

東京都出身で、所属事務所は『研音』(竹野内豊さん、福士蒼汰さんらが所属)です。

 

2010年のデビュー以来、途切れることなく話題のドラマに出演中の竜星さん。

 

バラエティ番組に出るたびに、気さくな人柄でファンを増やし、また「透明感が半端ない」「顔面が美しい」と話題になることもしばしばです。

 

整った顔立ちから、10代の頃はアイドル俳優としての要素も強かった竜星さんですが、今や実力派俳優として認められています。

 

そんな竜星さんは、学生の頃はサッカーやバスケットボール、走り幅跳びなど、かなりのスポーツ少年だったようです。

 

運動神経の良さは、今後の俳優活動でも大いに生かされていきそうですね。

★出演経歴

NHK朝ドラは、『ひよっこ』(2017年上期)綿引正義役、『ちむどんどん』(2022年上期)比嘉賢秀役で2作目の出演です。

 

最近のNHKドラマは、『ライオンのおやつ』(2021年)田陽地役で出演。

 

最近のドラマは、『テセウスの船』(2020年・TBS)長谷川翼役、『35歳の少女』(2020年・日本テレビ)今村達也役、『レンアイ漫画家』(2021年・フジテレビ)早瀬剛役、『ドラマ・家、ついて行ってイイですか?』(2021年・テレビ東京)玉岡直人役で出演しています。

 

最近の映画は、『ぐらんぶる』(2020年)主演・北原伊織役、『リスタートはただいまのあとで』(2020年)主演・熊井大和役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ


ちむどんどん キャスト 長女 姉 川口春奈

比嘉 良子・役
川口 春奈

【役柄】
比嘉良子(ひが りょうこ)は、比嘉家の4兄妹の長女。

妹たちから、「ねーねー」と呼ばれています。

ネーネーは努力家の優等生の良子は、抜群に勉強ができて、性格も良く非の打ちどころがありません。

人一倍の努力の末、子どもの頃からの夢だった小学校の教員になり、母校で教壇に立ちます。

そんな良子ですが、料理だけは苦手。

なお、正反対の性格の兄・賢秀(竜星涼)とは、たびたび喧嘩になってしまいます。

川口春奈とは?

川口春奈(かわぐち はるな)さんは、1995年(平成7年)2月10日生まれで、2022年に27歳になります。

 

長崎県出身で、所属事務所は『研音』(山口智子さん、菅野美穂さんらが所属)です。

 

中学3年生でデビューして以来、その愛らしいルックスが評価され、ずっと人気女優として第一線を走り続けている川口さん。

 

2020年には大河ドラマ『麒麟がくる』で、沢尻エリカさんの代役で、ヒロイン・帰蝶(濃姫)役を務め、さらに評価が高めました。

 

その後『極主夫道』や『着飾る恋には理由があって』と、立て続けにヒロインを演じ、いずれも話題になっています。

 

また、川口さんと言えば、2020年から始めたYou Tubeチャンネル『はーちゃんねる』も人気です。

 

登録者数は、なんと140万人を超えており、いまやトップユーチューバーの一人です♪

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

NHK大河ドラマは、『麒麟がくる』(2020年)帰蝶(濃姫)役で出演。

 

最近のドラマは、『教場』(2020年、2021年・フジテレビ)菱沼羽津希役、『極主夫道』(2020年・日本テレビ)黒田美久役、『着飾る恋には理由があって』(2021年・TBS)主演・真柴くるみ役で出演しています。

 

最近の映画は、『九月の恋と出会うまで』(2019年)主演・北村志織役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ


ちむどんどん キャスト 妹 三女 歌子 上白石萌歌

比嘉 歌子・役
上白石 萌歌

【役柄】
比嘉歌子(ひが うたこ)は、比嘉家の末娘です。

幼いころから病気がちな歌子は、強烈にシャイな性格です。

そんな歌子は、歌をこよなく愛していて、父・賢三(大森南朋)から唄三線の手ほどきを受けるます。

しかし、恥ずかしがり屋の歌子は、家族以外の前ではなかなか歌えません。

兄妹でいちばん謙虚な性格の歌子は、家族みんなの癒し的な存在です。

上白石萌歌とは?

上白石萌歌(かみしらいし もか)さんは、2000年(平成12年)2月28日生まれで、2022年に22歳になります。

 

鹿児島出身で、所属事務所は『東宝芸能』(長澤まさみさんらが所属)です。

 

小学5年生のときに、姉である女優・上白石萌音(もね)さんと一緒に、第7回『東宝シンデレラオーディション』を受けます。

 

なんと史上最年少でグランプリ受賞しました(※姉の萌音さんは、審査員特別賞を受賞)

 

デビュー当初は、ファッションモデルとして芸能活動をしていた萌歌さん。

 

女優デビューをきっかけに名前が知られるようになり、徐々に頭角を現していきます。

 

姉・萌音さんと初共演となった2018年公開の映画『羊と鋼の森』では、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

 

また、アーティスト・adieu(アデュー)として歌手活動も行っていて、その澄んだ美しい歌声はとても高く評価されています。

 

【ちむどんどん】でも、いかんなく歌の才能も発揮してくれることでしょうね。

★出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

 

NHK大河ドラマは、『大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)前畑秀子役で出演。

 

最近のNHKドラマは、『ファーストラヴ』(2020年)聖山環菜役、『天使にリクエストを〜人生最後の願い〜』(2020年)ヒロイン・小嶋亜花里役で出演。

 

最近のドラマは、『教場』(2020年、2021年・フジテレビ)石上史穂役、『僕はどこから』(2020年・テレビ東京)ヒロイン・藤原千佳役、『世にも奇妙な物語・デジャヴ』(2021年・フジテレビ)主演・南野ひかり役、『バンクオーバー!〜史上最弱の強盗〜』(2021年・日本テレビ)ヒロイン・大木さくら役、『ソロモンの偽証』(2021年・WOWOW)主演・藤野涼子役で出演しています。

 

最近の映画は、『子供はわかってあげない』(2021年)主演・朔田美波役等で出演しています。

◆もくじへ ◆比嘉家プロフへ

 


 

朝ドラ【ちむどんどん】のキャストは、随時追記していきます。

◆【ちむどんどん】のネタバレあらすじはコチラ▶

 

出典:NHKPR)