▼サイトマップ はこちら ▼

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレプラス画像であらすじや感想をお届け!

朝ドラ ブギウギ ネタバレプラスあらすじ

2023年10月2日(月)放送スタート『ブギウギ』の最終回は2024年3月29日(金)です。

ヒロインは趣里(しゅり)さん。

連続テレビ小説109作目『ブギウギ』は、戦後から高度成長期を明るく照らしたスター歌手の物語です。

 

【24週】までの週間ネタバレはコチラから▶

【直近】のあらすじネタバレはコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブギウギ第22週ネタバレあらすじ「あ〜しんど♪」

◆102話・2月26日(月)
大野の過去を知るスズ子
◆103話・2月27日(火)
タナケンと羽鳥がピンチ
◆104話・2月28日(水)
亡くなったトミに誓う!
◆105話・2月29日(木)
新マネージャーのタケシ
◆106話・3月1日(金)
タケシに伝えたいスズ子

ブギウギ第23週ネタバレあらすじ「マミーのマミーや」

第23週の週間ネタバレあらすじはコチラ

◆107話・3月4日(月)
アメリカ興行が舞い込む

◆108話・3月5日(火)
◆109話・3月6日(水)
◆110話・3月7日(木)
◆111話・3月8日(金)

ブギウギ週間ネタバレ24週まで公開中!

NHK朝ドラ【ブギウギ】最終回までの週間ネタバレあらすじ概要をお伝えしています。

第01週|10/02-10/06 第02週|10/09-10/13
第03週|10/16-10/20 第04週|10/23-10/27
第05週|10/30-11/03 第06週|11/06-11/10 
第07週|11/13-11/17 第08週|11/20-11/24 
第09週|11/27-12/01 第10週|12/04-12/08
第11週|12/11-12/15 第12週|12/18-12/22
第13週|12/25-12/29 第14週|01/04-01/05
第15週|01/08-01/12 第16週|01/15-01/19
第17週|01/22-01/26 第18週|01/29-02/02
第19週|02/05-02/09 第20週|02/13-02/16
第21週|02/19-02/23 第22週|02/26-03/01
第23週|03/04-03/08 第24週|03/11-03/15
「週間あらすじ」ではネタバレあらすじ概要をお届け中!

「各話あらすじネタバレ」では、詳細ネタバレ予告や感想まとめをお届けです!

スポンサーリンク

各話あらすじネタバレはコチラ!

朝ドラ【ブギウギ】のネタバレをお届けします。

放送後はフルバージョンを追記をしますので、見逃し時にもご活用ください。

ブギウギ第1週ネタバレあらすじ「ワテ、歌うで!

*第1週・週間あらすじと感想はコチラ

◆1話・10月2日(月)
義理を返すのが人情や!
◆2話・10月3日(火)
親友の恋を応援する鈴子
◆3話・10月4日(水)
卒業後の進路を考える!
◆4話・10月5日(木)
歌うことが好きと気づく
◆5話・10月6日(金)
鈴子が目指すのはUSK

ブギウギ第2週ネタバレあらすじ「笑う門には福来る」

*第2週・週間あらすじと感想はコチラ

◆6話・10月9日(月)
夢への一歩を踏み出す!
◆7話・10月10日(火)
憧れの礼子と過ごす時間
◆8話・10月11日(水)
互いを意識する新人3人
◆9話・10月12日(木)
苦しむ鈴子に六郎が言う
◆10話・10月13日(金)
鈴子の芸名は福来スズ子

ブギウギ第3週ネタバレあらすじ「桃色争議や!」

*第3週・週間あらすじと感想はコチラ

◆11話・10月16日(月)
くすぶるスズ子が焦る!
◆12話・10月17日(火)
劇団崩壊の危機で奔走!
◆13話・10月18日(水)
ヤケになるスズ子が熱唱
◆14話・10月19日(木)
会社と対決する桃色争議
◆15話・10月20日(金)
ストライキを決行する!

ブギウギ第4週ネタバレあらすじ「ワテ、香川に行くで」

*第4週・週間あらすじと感想はコチラ

◆16話・10月23日(月)
山寺に立て籠もるスズ子
◆17話・10月24日(火)
梅丸が全ての要求をのむ
◆18話・10月25日(水)
交換条件は退団すること
◆19話・10月26日(木)
スズ子と六郎が香川へ!
◆20話・10月27日(金)
スズ子の実の父親が判明

ブギウギ第5週ネタバレあらすじ「ほんまの家族や」

*第5週・週間あらすじと感想はコチラ

◆21話・10月30日(月)
本当の母親と対面する!
◆22話・10月31日(火)
六郎と秘密の約束をする
◆23話・11月1日(水)
別れのブルースに出会う
◆24話・11月2日(木)
東京からスカウトされる
◆25話・11月3日(金)
大和礼子の死に向き合う

ブギウギ第6週ネタバレあらすじ「バドジズってなんや?」

*第6週・週間あらすじと感想はコチラ

◆26話・11月6日(月)
東京編がスタートする!
◆27話・11月7日(火)
羽鳥と対面し感激する!
◆28話・11月8日(水)
壁に当たるスズ子と秋山
◆29話・11月9日(木)
羽鳥家で開眼したスズ子
◆30話・11月10日(金)
UGDの旗揚げ公演初日

ブギウギ第7週ネタバレあらすじ「義理と恋とワテ」

*第7週・週間あらすじと感想はコチラ

◆31話・11月13日(月)
ブルースの女王と初対面
◆32話・11月14日(火)
ライバル会社への移籍話
◆33話・11月15日(水)
松永に愛の告白をする!
◆34話・11月16日(木)
答えを出すスズ子と秋山
◆35話・11月17日(金)
羽鳥の思いを知るスズ子

ブギウギ第8週ネタバレあらすじ「ワテのお母ちゃん」

*第8週・週間あらすじと感想はコチラ

◆36話・11月20日(月)
時局に合わせた演出方針
◆37話・11月21日(火)
坊主頭の六郎が出征する
◆38話・11月22日(水)
六郎が姉に本音を漏らす
◆39話・11月23日(木)
スズ子が歌いツヤが逝く
◆40話・11月24日(金)
ゴンベエの正体が判明!

ブギウギ第9週ネタバレあらすじ「カカシみたいなワテ」

*第9週・週間あらすじと感想はコチラ

◆41話・11月27日(月)
警察に連行されたスズ子
◆42話・11月28日(火)
イライラが止まらない!
◆43話・11月29日(水)
弟子志望の小夜が現れる
◆44話・11月30日(木)
歌う場所を失ったスズ子
◆45話・12月1日(金)
亡き母を語り合う父と娘

ブギウギ第10週ネタバレあらすじ「大空の弟」

*第10週・週間あらすじと感想はコチラ

◆46話・12月4日(月)
福来スズ子とその楽団!
◆47話・12月5日(火)
六郎の戦死で塞ぎ込む!
◆48話・12月6日(水)
羽鳥が贈る『大空の弟』
◆49話・12月7日(木)
合同コンサートで熱唱!
◆50話・12月8日(金)
父と娘が別々の道に進む

ブギウギ第11週ネタバレあらすじ「ワテよりも十も下や」

*第11週・週間あらすじと感想はコチラ

◆51話・12月11日(月)
十歳下の愛助との出会い
◆52話・12月12日(火)
愛助の正体を知って驚愕
◆53話・12月13日(水)
愛助から届く大量の手紙
◆54話・12月14日(木)
愛助の部屋に行くスズ子
◆55話・12月15日(金)
愛助への気持ちに気付く

ブギウギ第12週ネタバレあらすじ「あなたのスズ子」

*第12週・週間あらすじと感想はコチラ

◆56話・12月18日(月)
愛助の苦しい心情を知る
◆57話・12月19日(火)
母トミに背中を押される
◆58話・12月20日(水)
五木が金を持って消える
◆59話・12月21日(木)
母・トミが別れを迫る!
◆60話・12月22日(金)
ささやかな幸せの日々!

ブギウギ第13週ネタバレあらすじ「今がいっちゃん幸せや」

*第13週・週間あらすじと感想はコチラ

◆61話・12月25日(月)
結核の愛助に寄り添う!
◆62話・12月26日(火)
もう一度歌ってほしい!
◆63話・12月27日(水)
公演と看病を続ける日々
◆64話・12月28日(木)
愛助と再会したスズ子!

ブギウギ第14週ネタバレあらすじ「戦争とうた」

*第14週・週間あらすじと感想はコチラ

◆65話・1月4日(木)
3人それぞれの戦い方!
◆66話・1月5日(金)
真心こめて歌う大空の弟

ブギウギ第15週ネタバレあらすじ「ワテらはもう自由や」

*第15週・週間あらすじと感想はコチラ

◆67話・1月8日(月)
混乱の中で東京を目指す
◆68話・1月9日(火)
闇市で運試しするスズ子
◆69話・1月10日(水)
不安を抱えての復帰公演
◆70話・1月11日(木)
鬱憤を吐き出すスズ子!
◆71話・1月12日(金)
楽団に不協和音鳴り響く

ブギウギ第16週ネタバレあらすじ「ワテはワテだす」

*第16週・週間あらすじと感想はコチラ

◆72話・1月15日(月)
喜劇王・タナケンの誘い
◆73話・1月16日(火)
大阪時代の仲間が来る!
◆74話・1月17日(水)
涙で失恋を明かす小夜!
◆75話・1月18日(木)
芝居に悩むスズ子の決意
◆76話・1月19日(金)
スズ子が大阪弁で舞台へ

ブギウギ第17週ネタバレあらすじ「ほんまに離れとうない

*第17週・週間あらすじと感想はコチラ

◆77話・1月22日(月)
結婚条件に動揺が走る!
◆78話・1月23日(火)
結婚のために辞める決意
◆79話・1月24日(水)
上京したトミが強権発動
◆80話・1月25日(木)
スズ子の妊娠が発覚する
◆81話・1月26日(金)
愛助がスズ子に伝言する

ブギウギ第18週ネタバレあらすじ「あんたと一緒に生きるで

*第18週・週間あらすじと感想はコチラ

◆82話・1月29日(月)
離れ離れのスズ子と愛助
◆83話・1月30日(火)
嘘の手紙がスズ子に届く
◆84話・1月31日(水)
違和感を覚えるスズ子!
◆85話・2月1日(木)
死を悟る愛助にトミが喝
◆86話・2月2日(金)
愛助の死と愛子の誕生!

ブギウギ第19週ネタバレあらすじ「東京ブギウギ」

*第19週・週間あらすじと感想はコチラ

◆87話・2月5日(月)
トミがスズ子に申し出る
◆88話・2月6日(火)
羽鳥夫妻に支えられる!
◆89話・2月7日(水)
愛子に大はしゃぎの梅吉
◆90話・2月8日(木)
米兵も喜ぶ東京ブギウギ
◆91話・2月9日(金)
りつ子に救われるスズ子

ブギウギ第20週ネタバレあらすじ「ワテかて必死や」

*第20週・週間あらすじと感想はコチラ

◆92話・2月12日(月)
雑誌の取材で騒動が勃発
◆93話・2月13日(火)
誤解を解きたいスズ子!
◆94話・2月14日(水)
冷たい態度をとるタイ子
◆95話・2月15日(木)
タイ子の力になりたい!
◆96話・2月16日(金)
大切な友達に聴かせたい

ブギウギ第21週ネタバレあらすじ「あなたが笑えば、私も笑う」

*第21週・週間あらすじと感想はコチラ

◆97話・2月19日(月)
愛子のケガで焦るスズ子
◆98話・2月20日(火)
スズ子を批判する記事!
◆99話・2月21日(水)
スズ子とりつ子の対談!
◆100話・2月22日(木)
りつ子が策略に気づいた
◆101話・2月23日(金)
家政婦の大野晶子が来た

ブギウギ第22週ネタバレあらすじ「あ〜しんど♪」

*第22週・週間あらすじと感想はコチラ

◆102話・2月26日(月)
大野の過去を知るスズ子
◆103話・2月27日(火)
タナケンと羽鳥がピンチ
◆104話・2月28日(水)
亡くなったトミに誓う!
◆105話・2月29日(木)
新マネージャーのタケシ
◆106話・3月1日(金)
タケシに伝えたいスズ子

ブギウギ第23週ネタバレあらすじ「マミーのマミーや」

*第23週・週間あらすじと感想はコチラ

◆107話・3月4日(月)
アメリカ興行が舞い込む

◆108話・3月5日(火)
◆109話・3月6日(水)
◆110話・3月7日(木)
◆111話・3月8日(金)

ブギウギ第24週ネタバレあらすじ「愛する愛子」

*第24週・週間あらすじと感想はコチラ

◆112話・3月11日(月)
◆113話・3月12日(火)
◆114話・3月13日(水)
◆115話・3月14日(木)
◆116話・3月15日(金)

ブギウギ第25週ネタバレあらすじ「ヘイ・ヘイ・ブギ」

◆117話・3月18日(月)
◆118話・3月19日(火)
◆119話・3月20日(水)
◆120話・3月21日(木)
◆121話・3月22日(金)

ブギウギ【最終回】第26週ネタバレあらすじ「新たな旅立ち」

◆122話・3月25日(月)
◆123話・3月26日(火)
◆124話・3月27日(水)
◆125話・3月28日(木)
◆126話・3月29日(金)最終回

 

スポンサーリンク

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ|あらすじ概要

ブギウギ・ヒロイン趣里

NHK朝ドラ『ブギウギ』は、日本の戦後から高度成長期を波乱万丈の人生とともに駆け抜けたスター歌手、笠置シヅ子(かさぎ しづこ)さんをモデルとした物語です。

ヒロインを演じる趣里さんは、歌手を目指し夢に挑戦する花田鈴子(はなだ すずこ)役を演じます。

鈴子(モデル・笠置シズ子)は、戦中・戦後の混乱を乗り越え、歌と踊りで人々を勇気づけるスター歌手です。

このドラマは、一人の女性の生命感あふれる物語と共に、昭和の激動の時代感や戦後日本のあふれるエネルギーが描かれて行きます。

音楽とともに日本中を明るく照らした彼女の物語に、きっと多くの感動が待っていることでしょう。

ブギウギ・はな湯の家族

花田鈴子(趣里)は、大正時代の終わり頃、大阪の小さな銭湯の娘として育ちます。

鈴子は歌う事が大好きで、町内でも人気者です。

小学校を卒業した後は、大阪・道頓堀にできた歌劇団に入団します。

その劇団で彼女は才能を発揮し、抜群の歌唱力で評価を得て行きます。

 

やがて昭和13年、鈴子は上京します。

そこで人気作曲家の羽鳥善一(モデル・服部良一)と出会い、鈴子の人生が大きく動き出します。

鈴子は鳥羽(草彅剛)の教えを受けながら「スウィングの女王」と絶賛され人気歌手になっていきます。

羽鳥善一役・草彅剛

ところが、戦争が始まると、鈴子へのまなざしが激変します。

鈴子の曲は『敵性音楽』と非難され、ステージでの歌や踊りが厳しい検閲の対象になってしまいます。

さらに、鈴子の弟も戦地へ駆り出され、母も病気で亡くなってしまいます。

 

そんな不運が重なる鈴子の前に、ある青年・村山愛助(あいすけ)が現れます。

二人は魅かれあい、やがて結婚を約束するまでにいたります。

しかし、愛助の母親は激しく反対し、結婚はなかなか実現しませんでした。

やがて終戦を迎えますが、その時、鈴子は愛助の子を妊娠していました。

村山愛助役・水上恒司

ところが、その直後から愛助と会えない日々が続き、鈴子は苦悩します。

やがて臨月を迎えた鈴子に届いた知らせは、なんと愛助の死亡通知でした。

数日後、鈴子はたった一人で娘を出産するのでした。

 

その後、鈴子は歌手の引退も考えますが、娘を育てながら舞台で歌う事を選択します。

そんな中、生まれたのが「東京ブギウギ」という歌でした。

戦後の暗い日本に鈴子の歌声が響くと、その歌に合わせて笑顔で歌い踊る人々が日本中に溢れて行きました。

鈴子は『ブギの女王』と言われ、スター歌手へと再び開花して行くのでした。

【作】 足立紳(あだち しん) 櫻井剛(さくらい つよし)

【音楽】 服部隆之(はっとり たかゆき)

【主題歌】「ハッピー☆ブギ」中納良恵 さかいゆう 趣里

【語り】高瀬耕造(NHKアナウンサー)

スポンサーリンク

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ|あらすじ考察

朝ドラ『ブギウギ』は、史実をもとに作られたオリジナルドラマです。

ここで、史実をどの程度採用するかということになりますが、笠置シヅ子さんの人生は、まさに物語を超えた驚きの出来事の連続でした。

そして、その出来事はどれも見逃したくないほどの事件やゴシップの連続でもあります。

「歌劇団」「スイングの女王」「敵性音楽」「未婚の母」「ブギの女王」「歌う喜劇役者」「美空ひばり事件」「三人娘時代」「歌手廃業」「女優へ」・・・と、気になるキーワードが並びます。

そのどれをとっても、一つのドラマができてしまうほどの興味深い内容です。

そして、当時の興行界・芸能界黎明期の中で、良き人・良き縁を引き寄せたまさに奇跡の人でもあります。

この史実を、いかに朝ドラ風に仕立ててくれるのか、制作陣の奮闘に期待です~♬

大きな流れとしては、

大阪編(大正~昭和初期)】鈴子(福来スズ子)17歳ころまで。

東京編1(昭和初期~戦前・戦中)】スズ子人気の光と影。

東京編2(戦後・高度成長期)】ブギの女王から女優へ。

という構成になるのではと考察します。

このスタート時の【大阪編】を和ませてくれるのが『はな湯』とその常連客のカラミですね。

中でも花田家は、絵に描いたような大阪・下町気質の見本のような家族。

道楽者の夫とそれを笑い飛ばして家業を守る妻。

そんな中で我がヒロイン・鈴子はのびのびと育ちます。

さらに、弟・六郎が可愛いボケで私たちを楽しませてくれることでしょう。

そして、『梅丸少女歌劇団(USK)』と、そのメンバーが【大阪編】の核になると共に、【東京編】への重要な橋渡しとなります。

『ブギウギ』は昭和初期、戦前戦後、高度成長期と朝ドラでも最も多く描かれたテーマの一つです。

その中でこの家族がどう生きてゆくのか、朝にはきびしいテーマも描かれることでしょう。

さて、まずはお約束通り第1週目はヒロインの幼少期からのスタートです。

鈴子役の澤井梨丘さん、六郎役の股野暁仁くんに注目ですね。

 

スポンサーリンク

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ|モデルと時代背景

笠置シヅ子とブギウギ

NHK朝ドラ『ブギウギ』のモデル・笠置シヅ子さんは昭和20年代30年代と、まさしく『戦後の大スター』

彼女のヒット曲「東京ブギウギ」や「買物ブギー」は、多くの人々に愛され、敗戦後の日本に明るさと希望をもたらしました。

当時日本は暗く厳しい時代でしたが、とりわけ音楽は人々の心を癒し、勇気を与えてくれる存在でした。

このドラマは、シヅ子さんの人生をモデルに、ヒロイン・鈴子の物語を通して、日本の復興期から高度経済成長期までを色鮮やかに映し出して行きます。

 

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ|キャストと役柄

ブギウギ・柳葉敏郎・澤井梨丘・趣里

父・柳葉敏郎/鈴子少女期・澤井梨丘/鈴子・趣里

NHK朝ドラ『ブギウギ』には、ヒロイン・趣里さん(花田鈴子役)をはじめ豪華なキャストが出演。

草彅剛さん、蒼井優さん、菊地凛子さん、水川あさみさん、柳葉敏郎さん、水上恒司さんなど、個性豊かな俳優陣が物語を彩ります。

ヒロイン役の趣里さんは、水谷豊さんと伊藤蘭さん(元キャンディーズ)を両親に持つ話題の女優さんですが、今回は2,471人のオーディションを経て選出されました。

その決定要因の一つが『歌唱力と踊り』でした。

伝説のスター・笠置シヅ子さんの役は、舞台でも映画・ドラマでも幾度となく登場してきました。

・研ナオコさん(1985)・順みつきさん(1987)・室井滋さん(1987)・清水ミチコさん(1989)・真琴つばささん(2006)・中納良恵さん(2016)・ももさん(2017)と、近年まで多くの方々が演じています。

今回の『ブギウギ』での趣里さんの鈴子役も、笠置シヅ子さんの演者として歴史に残ること間違いなしですね。

*ブギウギ・キャスト相関図とプロフィールはコチラから▶

 

朝ドラ『ブギウギ』ネタバレ|脚本家

脚本は、足立紳(あだち しん)さん、 櫻井剛(さくらい つよし)さんのお二人です。

足立紳さんは、1972年6月10日生まれ51歳。出身は鳥取県倉吉市です。

足立 紳

足立 紳さん

足立さんは「映画の仕事がしたい」と映画学校で学んだ後、『セーラー服と機関銃』(1981年)の監督・相米慎二(そうまい しんじ)氏に師事します。

しかし、なかなか思うような仕事のチャンスに恵まれませんでした。

定職もなく、アルバイトをしながらひたすら脚本を書く中、37歳の時、妻子のためにと『100円ショップ』で働きます。

ところが、そこでヒントを得た『百円の恋』という脚本が2012年に受賞を果たします。

以後、ドラマ・映画の脚本で次々と受賞することになります。

2016年からは、映画の監督、さらに小説家としても活躍する今注目の脚本家の一人です。

櫻井 剛

櫻井 剛さん

櫻井 剛さんは、1977年生まれ46歳。出身は茨城県日立市です。

脚本家、映画監督として高岡事務所に所属。

同事務所には、俳優・国広富之さん、徳井優さん、清水美沙さん(移籍)などが所属しています。

桜井さんは、専門学校『東京ビジュアルアーツ・映画演出専攻』を卒業。

2001年、24歳の時『青と白で水色』で日本テレビシナリオ登竜門大賞を受賞します。

以後、脚本家として活躍し続け『ONE PIECE』のテレビアニメの脚本を2007年から2009年まで担当し、また、映画の監督もするマルチな才能の方です。

このお二人のコンビが、どんな面白いお話に仕立ててくれるのか、楽しみですね~♪

『ブギウギ』ネタバレプラス画像であらすじや感想をお届け!|まとめ

朝ドラ『ブギウギ』(2023年後期・109作目)放送前時点での予告・ネタバレ情報をお届けしました。

このドラマは、実在した歌手で『ブギの女王』と称された笠置シヅ子さんをモデルにしたオリジナルストーリーです。

主人公の花田鈴子(役:趣里さん)が大阪育ちの女性として、大正から昭和の時代にかけて歌と踊りに熱く向き合いながら人生を歩んでいく様子が描かれます。

朝ドラ『ブギウギ』は、戦後の社会や音楽界の変遷、女性の自立など、当時の時代背景や社会問題にも触れながら、主人公の成長や恋愛、夢へのチャレンジを描いています。

また、笠置シヅ子さんの歌声や楽曲も劇中で活かされる予定です。

是非とも注目して、その魅力を堪能してください。

TOPページへ▶