【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどんネタバレ10話(2週・金曜)|暢子と家族が最後に出した答えとは?

朝ドラ「ちむどんどん」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年4月22日(金)放送日
ちむどんどん第2週テーマ「別れの沖縄そば」

ちむどんどんネタバレ10話(2週・金曜)今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*ちむどんどん2週10話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

シークワーサーの木の下・・・

家族の幸せのために、東京の親戚のもとへ行くと決めた暢子。

暢子と東京へ帰る中学生・和彦は、寂しさと不安を抱える暢子を元気づけるのでした。

「俺が守ってやる!東京に来たら俺を頼りにしろ」

 

比嘉家にて・・・

暢子が出発する前日。

母・優子は暢子の『渡航証明書』をしみじみと見つめていました。

やがて夕食の時間です。

家族5人で囲む最後の夕食は暢子が作った『沖縄そば』で、亡き父・賢三ゆずりの味でした。

うつむいたまま箸が進まない兄・賢秀、姉・良子、末娘・歌子に、暢子は「うちの最後のそばだよ」だとうながすのでした。

そして暢子は優子の前に座ります。

「お母ちゃん、今日まで育ててくれてありがとう。いっぱいわがまま言ってごめんなさい」と感謝の思いを伝えました。

一方優子は、「ごめんなさいとありがとう」を言えることが、暢子の一番いいところだと涙をこらえます。

「これからもずっと暢子のことが大好きだからね。手紙書いてよ」と言った優子は「あとは・・・」と言いかけて言葉が止まってしまうのでした。

 

夕食後、暢子の願いで家族全員が月明かりの縁側に揃いました。

亡き父・賢三が作った三線を歌子が弾く中、別れを惜しむように家族で『椰子の実』を歌ったのでした。

 

賢三の墓の前にて・・・

母・優子は、亡き夫・賢三に暢子の無事を頼んでいました。

そして、毎年旧暦の3月に行う先祖供養の『シーミー(清明祭)』のことを思い出します。

それは、賢三が弾く三線に合わせて家族で楽しく踊った、かけがえのない思い出だったのでした。

 

旅立ちの時・・・

暢子は、調査を終えて東京へ戻る大学教授・青柳文彦と息子・和彦と一緒にバスを待っていました。

「お母ちゃん行ってきます。東京楽しみ!デージちむどんどんする!」

暢子は母と兄妹を心配させまいと精一杯の笑顔を浮かべるのでした。

やがてバスが到着しました。

「バイバイ、元気でね」

バスが動き出し、どんどんと家族が遠くになっていきます。

みるみると笑顔が消えていく暢子を励まそうと、和彦は「大丈夫、僕がついてる」と手を握るのでした。

一方、バス停から呆然と見つめていた優子と兄妹。

「やっぱりありえん!暢子!止まれ~!」

兄・賢秀が声を上げたと同時にバスを追い掛けると、良子と歌子も全力で駆け出したのでした。

 

やがて・・・

「止めてください!」

暢子が運転手に頼み、バスは急停車。

飛び出した暢子は、走ってきた兄妹に抱き着きました。

「誰にも東京には行かさん!」

「みんなでここで暮らしたい!」

「みんなで幸せになります!」

暢子に寄り添った賢秀、良子、歌子が、追いかけてきた母・優子と大叔父・賢吉に訴えます。

優子は暢子を抱きしめると自分が間違っていたと謝ります。

「今まで通り、ここでみんなで幸せになろうね」

子供たちを抱きしめた優子は、賢吉に頭を下げて理解を求めたのでした。

 

その後・・・

「いつか東京に来いよ。美味しいもの、世界中のうまいものを食べさせてやるからな!手紙書くからな!」

和彦は暢子に伝えると東京に帰って行きました。

暢子と兄妹は濃密な3か月を過ごした和彦を笑顔で見送ったのでした。

 

それから7年・・・

時は1971年(昭和46年)。

成長した暢子と兄妹たちの新しい物語が始まったのでした・・・

つづく

◆何があったの?暢子役・黒島結菜さんが大学を中退した理由とは?▶

◆賢秀役・竜星涼さんが心酔するのは70代のロックンローラー!▶

◆相関図や役柄をチェック【ちむどんどん】キャスト情報▶

 

以上、ちむどんどん今日の放送2週10話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

ちむどんどんのネタバレ予告2週10話のポイントを配信中!

幼少期から青年期へ!

いよいよ来週から黒島結菜さん、竜星涼さん、川口春奈さん、上白石萌歌さんの登場です!

 

子役時代の最終回に暢子ちゃんの東京行きの話が持ち上がりました。

そして、走り出すバスを追う3人の子供たちとそれを見守る優子さんの姿・・・

どう見ても暢子ちゃんの東京行きという感じですよね。

 

世界中の美味しいものを食べ尽くしたい暢子ちゃんですが、家族と離れることは求めていないはず。

ですが、やっぱり苦しい家計を考えて言い出したのかもしれません・・・。

 

でも、ナント3週以降では暢子の沖縄での高校生活が予告されています。

ということは、何らかの事情で暢子は沖縄を去ることなく済むのかもしれません。

それはどんな事情だったのか?興味津々です。

例えば、「パスポート持っていなかった~!」とか、そんな微笑ましい落ちだったらいいんですけどね。

 

そして、沖縄で3ケ月間過ごした和彦くんも東京へ帰る時を迎えました。

沖縄でのひと時は、和彦くんにとってかけがえのない経験となったことでしょうね。

やがて和彦くんは、大人になって再登場し暢子ちゃんに大きな影響を与えると発表されています。(演じるのは宮沢氷魚さん)

でもでも、和彦くんと比嘉兄妹の別れに胸がいっぱいになりそうです~♪

 

子供時代の最終回!

今後に向けての多くのフラグが立ちそうですね。注目の第10話です~♪

 

あなたにおススメの情報はコチラ!

◆何があったの?暢子役・黒島結菜さんが大学を中退した理由とは?▶

◆賢秀役・竜星涼さんが心酔するのは70代のロックンローラー!▶

◆相関図や役柄をチェック【ちむどんどん】キャスト情報▶

 

◀9話 | 11話▶

週間ネタバレはコチラ▶