「エール」ネタバレあらすじ感想一覧 〉〉

【エール】キャスト歌の先生・古川雄大|ミュージックティーチャー御手洗の役どころは?


【エール】キャストとして、ミュージカル界で活躍する古川雄大(ふるかわゆうた)さんが出演します。

ヒロイン音の歌の先生(ミュージックティーチャー)・御手洗清太郎(みたらいきよたろう)の役どころと、古川雄大さんの魅力についてご紹介します。

【エール】キャスト歌の先生|ミュージックティーチャー御手洗とは!?

音の歌の先生・御手洗

御手洗清太郎の役どころ
御手洗清太郎(みたらいきよたろう)は、ヒロイン音の歌の先生。

ドイツに音楽留学した経験があり、歌手を目指す音に歌のレッスンをします。

自らを「ミュージックティーチャー」と、呼ばせます。

裕一と音を応援する人物で、音だけでなく、裕一にも音楽的な影響を与えます。

歌手になる夢を諦めきれず挑んだ『コロンブスレコード新人歌手オーディション』では、ライバルだったプリンス佐藤久志と友情を深めました。

スポンサーリンク

【エール】キャスト歌の先生・古川雄大|プロフィール

古川雄大(ふるかわゆうた)さんは長野県出身で、1987年(昭和62年)7月9日 生まれ。2020年に 33歳になります。

所属事務所は『研音』、レコード会社は『SHINKO MUSIC RECORDS』。

ミュージカル界を中心に活躍する俳優で、歌手としても活躍中です。

所属先の『研音』には、反町隆史さんや沢村一樹さん、天海祐希さんなど、今を代表する役者さんが名を連ねています。

さらに、朝ドラを彩る魅力的な俳優さんも多数所属しています。

エール】では、三郎役・唐沢寿明さんと、佐藤久志役・山崎育三郎さんも所属。

また、朝ドラ次作【おちょやん】のヒロイン・杉咲花(すぎさきはな)さん、【スカーレット】の陽子役・財前直見さん、【なつぞら】の亜矢美役・山口智子さんも在籍中です。

古川さんは182㎝の長身と長い手足、端正な顔立ちを活かして舞台を演じ、アニメや漫画のキャラまでもリアルに再現します。

その演技力は高く評価されていて、2018年には第9回岩谷時子賞で『奨励賞』、2019年の第44回菊田一夫演劇賞では『演劇賞』を受賞しています。


古川雄大はヒップホップ志望だったのに・・・

中学時代のこと、古川さんはダンスを習うために、自分で電話帳からダンス教室を探します。

本人は「ヒップホップを習いたかった」ようですが、見学に行ったら「ジャズダンス」や「クラシックバレエ」の教室ばかりだったそうです。

でも、古川さんは諦めるのではなく、そのまま受講したといいます。

ヒップホップからミュージカルへ

「それでいいの?」と突っ込みたくなりますよね。

でもこの選択のおかげで、ミュージカル界の貴公子と呼ばれるまでになりました。

元ディズニーのキャスト!?

古川さんは、芸能活動に入る前に、『東京ディズニーシー』のダンサーとして働いていました。

大きな体と甘いマスクを活かして、訪れる人々に魔法をかけてくれていたことでしょうね。

古川雄大はテニスの王子様でブレイク

20歳だった2007年に舞台デビューを飾りました。

若手イケメン俳優の登竜門であるミュージカル『テニスの王子様』です。

舞台『テニスの王子様』で脚光

重要キャラクターの青学4代目・不二周助(ふじしゅうすけ)役を2013年まで務めました。

ここからミュージカル界の新星として、一気に輝きを増していきました。

古川雄大・ミュージカル『エリザベート』

古川さんは、20代半ばの2012年に、大劇場のグランドミュージカル『エリザベート』に初出演を果たしました。

ルドルフ役をキャスティングされた古川さんは、ストイックに自分を追い込んで、苦労のあまり毎日涙していたそうです。

その後、2019年には念願が叶って、物語りの最重要キャラクターのトート役に抜擢されます。


トートは死を擬人化した役であり、演者によって全く異なる味が出せるという事で、寝食を忘れるほど没頭したそうです。

2020年も東京・帝国劇場をはじめ全国4か所での公演が決まっています。

さらに、トート(黄泉の帝王)役には、古川さんと、山崎育三郎さんと人気ミュージカル俳優の井上芳雄さんが配役されています。

山崎さんと古川さんは、お二人とも【エール】に出演しながらの『エリザベート』に出演されるとのことです

これは見逃せませんね。注目ですよ~♪

ミュージカルへの熱い思い

古川さんは、ステップアップできた時が一番の喜びだと語っています。

ライバルひしめく業界で生き残るために、がむしゃらに自分を追い込んで立ち向かっています。

ミュージカル界の貴公子・古川雄大さん

苦境にはあまり強くないと話していますが、あえてやるしかない環境を作り自分を追い込む姿は感動ものです。

ご本人も、自分にはこれしかないと言えるのが『ミュージカル』なんだとか。とてもストイックな方のようで、ますます魅力的です~♪

古川雄大は「悩殺王子!」?

2020年公開の連ドラ『トップナイフ』(日テレ系)では、今までの印象とは全く逆の姿を見せてくれています。

主人公たちのお堅い脳外科医から、素顔を引き出すバーのオーナー役です。

チャラ男役で魅力度もアップ!

小麦色に肌を焼き、アロハシャツのサーファースタイルで『脳殺王子』を演じています。

古川さんのような方なら、誰もがつい本音を話してしまいそうですね。

スポンサーリンク

シンガー古川雄大

歌手としても活躍中の古川さん。

2009年4月1日リリースのシングル『SUNDAY』を皮切りに、今までにシングル4枚、フルアルバム2枚、ミニアルバム5枚、ベストアルバム2枚を発表しています。

うっとりするような美声に、メロメロです~♪


古川雄大の結婚は?彼女は?

ミュージカル界の貴公子と呼ばれる古川さんですが、現在未婚で、結婚歴もありません。

過去には、タレントの岡田れえなさんと熱愛報道がありました。

噂の真相は不明のお相手・岡田れえなさん

しかし、岡田さんは2014年に急性心不全でお亡くなりになったため、真相は不明です。

また、元女優の斉藤麻衣(さいとうまい)さんと噂が流れたことも。

完全ガサネタのお相手・斉藤麻衣さん

しかし、斎藤さんはホリプロ所属の俳優・古川雄輝さんと交際していました。

つまり、『古川』違いで間違われたようですね。

古川雄大さんに、現在交際相手がいるのかは不明です。今は、お仕事に集中しているのかもしれませんね。

お姉さんも美形!?

噂によると、とても美人なお姉さんがいるとのことですよ。

一般人なので詳細は公開されていませんが、古川さんご本人のインタビューなどで、キレイなお姉さんの存在をお話しています。

超美形で神々しく輝く古川さんを見れば、お姉さんも美形であることは納得ですよね♪

古川雄大さんの最近の出演経歴

NHK朝ドラは、初出演です!

最近の出演作は、ドラマ『下町ロケット ヤタガラス編』(2018年・TBS)吉井浩役、ドラマ『トップナイフ』(2020年・日本テレビ)来島達也役。

『下町ロケット』で知名度アップ

映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』(2020年)クリストファー・フウ役にも出演しています。

スポンサーリンク

【エール】キャスト歌の先生・古川雄大|ミュージックティーチャー御手洗とは?まとめ

【エール】ミュージックティーチャー・御手洗清太郎役の古川雄大さんは、まさにミュージカル界の貴公子でした!

輝く容姿だけではなく、演技やダンス、歌唱力にも定評があります。

今後の飛躍がますます期待される、注目の役者さんですね。

そんな古川さんは、ファンからは『ゆん様』と呼ばれているんですよ~。

【エール】への出演によって、『ゆん様フィーバー』が巻き起こるかもしれませんね♪