【ちむどんどん】ネタバレあらすじ予告一覧 〉〉

ちむどんどんネタバレ12話(3週・火曜)|暢子に突き付けられた現実とは?

朝ドラ「ちむどんどん12話」
ネタバレ予告あらすじと感想
2022年4月26日(火)放送日
ちむどんどん第3週テーマ「悩めるサーターアンダギー」

ちむどんどんネタバレ12話(4週・火曜)今日の放送を最終回まで配信中!

スポンサーリンク

*ちむどんどん4週12話。今日の放送のネタバレあらすじ感想です。

 

比嘉家にて・・・

暢子の就職話が暗礁に乗った原因は、長男・賢秀が起こしたケンカでした。

なんと賢秀が殴った相手は、暢子が就職予定の『眞境名商事』の社長の息子だったのです。

暢子が学校を休んで相手先に謝罪に向かう一方で、賢秀は自分に非はないと他人事です。

そんな賢秀に呆れた長女・良子が、今後どうやって暮らしていくのかと強く迫りました。

すると賢秀は、「これからバーンと一山当てて、ガッポリ稼いでみんなを楽にさせてやるから!」と得意気になるのでした。

 

眞境名商事にて・・・

「この度は本当にすみませんでした!」

暢子は、就職先の社長と専務に頭を下げました。

幸いにも社長は「うちもバカ息子だから」と気にしていない様子です。

しかし専務は、張本人の賢秀が来ないことを咎め、正式に謝罪に来るようにと念を押すのでした。

 

謝罪後・・・

暢子は社長と専務に仕事について質問を始めました。

「出張もあると聞いたんですけど・・・那覇とか東京に行くこともあるんですかね?」

暢子は目を輝かせ、体力には自信があるのでどこへ行けと言われても大丈夫だとアピールします。

しかし専務は冷笑します。

「君の仕事は事務所の雑用とお茶くみ。担当は給湯室!」

そう告げた専務は、不満だとしても、代わりはいくらでもいると圧を掛けるのでした。

勝手に妄想を膨らませていた暢子は、現実を知って愕然とするのでした。

 

山原高校にて・・・

放課後にこっそり忍び込んだ音楽室で、ピアノに触れていた末娘・歌子。

そこにやって来た同級生・中村英子が、歌子に音楽が好きかと聞き、楽器ができるのかとたずねます。

人見知りの歌子はコクリとうなずき、小さな声で「三線」と答えました。

歌子の声を初めて聞いた英子は「よかった。ちゃんとしゃべれるさぁ」と微笑むのでした。

そんなところに突然、音楽教師の下地が現れ、「音楽は魂の叫び!」と歌子に迫ります。

驚いた歌子は逃げるように出て行くのでした。

 

山原小中学校の庭にて・・・

学校を出る良子に、花束をもった青年が近づいてきました。

「君へのラブを表す情熱の色。人生で大切なものはラブとピース!」

青年の名は喜納金吾(きなきんご)で、村の『製糖工場』の御曹司で、良子に何度もアプローチをしています。

良子は付き合う気はないとにらみつけますが、金吾は「きついところがたまらんねえ」と惚れ直す始末なのでした。

 

ハンバーガーショップにて・・・

良子は、大学時代の勉強会『明るい沖縄の未来を考える会』の仲間と会うために、名護にオープンしたばかりの『サンセットバーガー』に足を運びました。

良子以外のメンバーは、4年生大学に通っていた石川博夫、東江里美、上原政次です。

良子と博夫は教育に関する話をしながらも、お互いを意識していました。

一方、博夫と同じ学校に赴任する里美は「運命の糸かもね」と口にしたり、無邪気な言動で良子を傷つけるのでした。

 

夜の共同売店にて・・・

『眞境名商事』での顛末を、幼なじみの早苗に話した暢子。

早苗は「現実は厳しいんだね」と同情しますが、条件のよい就職口をやんばるで探すのは難しいと、これまた現実的なことを言うのでした。

「うちの青春、もう終わってしまうのかね。第2章が始まると思ってちむどんどんしてたのに・・・」

意気消沈する暢子は大きなため息をつくのでした・・・

つづく

 

◆ぐっと男前になったとトーフ店・智役の前田さんに早くも注目殺到!

◆改めて比嘉家と沖縄の人たちの相関関係を一覧しておく▶

 

以上、ちむどんどん今日の放送3週12話のネタバレあらすじでした!

 

スポンサーリンク

ちむどんどんネタバレ12話(4週・火曜)今日の感想を最終回まで配信中!

マウンティングガール現れる!


ちむどんどん4週12話の感想をお届けします♪

『明るい沖縄の未来を考える会』の人間模様が複雑です~!

 

良子ネーネーと生真面目な博夫くんは両想いということがヒシヒシと伝わってきましたね。

そんな2人にぐいぐい割って入る里美ちゃん。

ネーネーの家庭環境を知った上で嫌味を言っているのか、単に無邪気な天然ちゃんなのか気になります。

とはいえ、2人の格差は明らか辛いです~。

 

そんな里美役を演じるのは、朝ドラ2作目となる沖縄出身の松田るかさんです!

2019年下期放送の朝ドラ『スカーレット』では、ヒロインの息子・武志の恋人の真奈を好演しました。

今作でも物語のキーマンの一人となりそうですね!

スカーレット出演時の松田るかさん

 

ネーネーと生真面目な博夫くん、マウンティングガール・里美ちゃんの三角関係に注目です~♪

あなたにおススメの情報はコチラ!

◆ぐっと男前になったとトーフ店・智役の前田さんに早くも注目殺到!

◆改めて比嘉家と沖縄の人たちの相関関係を一覧しておく▶

◀11話 | 13話▶

 

以上、ちむどんどん4週12話の感想でした!

スポンサーリンク

ちむどんどんのネタバレ予告3週12話のポイントを配信中!

ニー二―頼むよ~!

相変わらず賢秀ニー二ーの頭は子供のままのようです。

いまだに頭に巻き続けている、あの怪しいベルトのせいでしょうか?

それでも、母・優子さんはニーニーをやさしく見守り、さらに困惑しながらもつい手を貸してしまいます。

 

でも、そんな優子さんの思いが『ダメな子ほどかわいい母性愛』では済まされない事態を招くことに発展してしまいます。

賢秀ニーニーの空回りは、ハリケーンのように周囲を巻き込んで大きく吹き荒れるようです。

今日の「いざこざ」なんて、ほんの序章に過ぎない?って感じとのことですよ。

 

さて、暢子ちゃんもいよいよ高校卒業と共に就職です。

 

東京でおいしいもの食べまくる~って張り切っていましたが、地元の会社に就職するみたいですね。

でも、そこにニーニーのハリケーンが!

明日以降もニーニーの嵐は勢力拡大のようです~((+_+))

 

あなたにおススメの情報はコチラ!

◆ぐっと男前になったとトーフ店・智役の前田さんに早くも注目殺到!

◆改めて比嘉家と沖縄の人たちの相関関係を一覧しておく▶

◀11話 | 13話▶

週間ネタバレはコチラ▶