おちょやん・ネタバレあらすじ一覧 〉〉

【おちょやん】ネタバレあらすじ4週|運命の相手・一平と再会!千代が拒絶したい男とは?

おちょやん ネタバレあらすじ 4週

おちょやん朝ドラネタバレあらすじ4
「どこにも行きとうない」

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ4予告|12月21日~12月25日

スポンサーリンク

週刊ネタバレ予告情報をお届けしています。【各話ネタバレ】もお楽しみください。

おちょやん・朝ドラネタバレあらすじ第4週の予告

【おちょやん】朝ドラネタバレ4週は、千代の人生に分岐点が訪れます。

芝居茶屋『岡安』にて・・・

お茶子として、充実する毎日を過ごす千代。

そんな、ある日の事です。

激しく戸をたたく音に、千代は大急ぎで戸を開けました。

しかし、そこに立っていた男を見て、千代の顔は青ざめ体は震えます

その男は、忘れたくても忘れられない、父・テルヲなのでした。

部屋にて・・・

父・テルヲと8年ぶりに再会した千代。

今まで千代に手紙の一つも寄こさなかったテルヲですが、親しげに話しかけ、父親風を吹かせています。

千代は、まま母・栗子の言いなりになって、女中奉公に追い出した父を見ていると、辛くて嫌な過去が蘇るのでした。

一方、テルヲは、ある企みがあって千代を訪ねてきていました。

それは、多額の借金の返済を千代で解決しようとしていたのです。

『岡安』を辞めさせて、条件の良い別の店に奉公に出すことで、金をつくろうと皮算用していたのでした。

「千代、また昔みたいに一緒に暮らそう」

優しく微笑むテルヲを見て、千代は怒りがこみあげてくるのでした。

一平との再会・・・

人気喜劇一座『天海天海一座(あまみてんかいいちざ)』が、道頓堀に戻ってきました。

一座の滞在先は『岡安』です。

千代は、成長した一平との再会を喜びました。

しかし一平は、子どもの頃と違って、芝居に対しての真剣さを失っていました。

芝居に身を入れず、芸者遊びを続けていたのです。

そんな一平のことを苦々しく思う千代は、苦言を呈します。

「はよ、天海天海の名を継がなあかんとちゃうの?」

千代は心配しますが、一平はお茶を濁すのでした・・・

千代の決断・・・

父・テルヲの借金の取立屋が、千代のもとへ再三訪れるようになっていました。

『岡安』にも迷惑がかかっています。

このままでは、一生食い物にされると危惧した千代は、『岡安』を辞めて、道頓堀から出ていくことを決めたのでした・・・

◆千代と深く関わる?『喜劇界の人たち』はコチラ!▶

 

スポンサーリンク

『おちょやん』朝ドラネタバレあらすじ4予告・まとめ

一平と千代の関係は?!

一平くんとの再会、父親の登場など、千代ちゃんの人生の分岐点になりそうな第4週です。

お茶子で芝居オタという、充実した日々を送る千代ちゃんは幸せそうですよね。

しかし、あのダメ親父のテルヲさんが、再び千代ちゃんの人生を翻弄するとは・・・。

も~、テルヲを許さない~!!

千代のモデル・浪花千栄子さんの自伝によれば、音信不通だった浪花さんのお父さんも度々現れては、お金を無心したのだそうです。

浪花さんの場合、奉公先の仕出し弁当屋の主人も、父親のような守銭奴で、浪花さんを無給でこき使い続けたのだとか。

浪花さんの父親と主人は口論になり、最後は主人が根負けして8年分の退職金として15円を払ったそうです。

ちなみに、15円は今の価値でおよそ5万円。8年も無休で無給だったのに・・・。

しかも、お金はお父さんのものになるとは絶句です・・・。

『岡安』のような、厳しさの中にも愛情があるような職場ではなかったと知ると、浪花さんの波乱万丈ぶりが余計に身につまされます。

とにもかくにも、人生の分岐点を迎える千代ちゃんの決断に注目です~♪

◆【おちょやん】のキャスト一覧相関図はコチラ▶

◆一平のモデル・2代目渋谷天外の破天荒人生とは?▶

◀3週5週▶

各話ネタバレはこちら